車の廃車手続き全てを廃車業者に投げるのなら手数料2万円を取られる、それしかありません。

 

どうして廃車業者かと言えば、「廃車王」サイトが目についたから、簡単そうだった、だからではありませんか?

 

もし愛車が古く価値がないと自己判断による廃車でも、こんなにお金が戻ってくるんです。

 

 売却時  廃車時
 自動車税  査定額に上乗せで戻らない 普通車は月割で戻される

※軽は戻らない

 重量税  下取り額に含まれる  戻される場合いが多い
※店で例外あり
 自賠責保険  下取り額に含まれる  車検期間3カ月以上あれば戻る
 任意保険  買い替は新車に引き継がれる
売却は定額が戻される
 リサイク費用  査定額と別に戻される
※店で例外あり
 戻らない

 

それでも廃車を選びますか?

 

それとも数万円以上になる売却を選びますか?

 

読み時間1分です。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定

価値が無い車なんて1台もない

車が13年落ちでも、20万キロ走行でも、車検切れでも、バッテリ上がりでも、事故で壊れ動かなくても価値ゼロ円はありません。

 

従って、家にある車に価値が無い、だから廃車にする、それら発想は違うとお考え下さい。

 

どんな車であっても、必ず買取る業者がいる、必要とする人がいるのは間違いありません。

 

そうであれば、車価値を確実にチェックしてもらうことが優先順位の1番になります。

 

どんな優先順位があるのでしょうか?

車の価値を図る方法とは?

車価値を図る方法です。

 

車を中古車店で見てもらう、

ヤフーオークションに投げてみる、

友人や知人に車が欲しい人がいないか調べる、

家や駐車場まで見に来てくれる一括査定などを依頼する、

 

などなど車価値を図る方法はいくらでもあります。

 

最終兵器なら車輸出業者を探し、査定してもらうことです。

 

豪雨など自然災害の地域を車輸出業者が探索!?しているTV番組を見たことがありました。

 

車天井まで水に浸かり、砂や泥がハンドルの高さまで詰まっている車、そんな車を普通に買い取っていました。

 

そうなんです!

 

どんな車であっても売れます、引き受ける業者が存在するんです。

 

もし車が破損していても部品を取り出せば販売できる、さらに事故で大きくダメージしているのならスクラップとしての価値があります。

 

そんな価値ある車を手数料まで払って廃車にするのは意味がありません。

古い車の価値はいろいろ

新車には定価があっても、中古車には定価がありません。

 

中古車屋さんなど車買取業者には適正価格=定価がない、だから儲かる訳です。

 

そんな定価が存在しない中古車の中でも廃車にしようとする車なら、もっと価値が分からない、そうなるのは当然です。

 

従って中古車店、ヤフーオークション、知り合い、輸出業者、一括査定など、片っ端から査定をしてもらうことが大切になります。

 

それが面倒&手間がかかり過ぎる?

 

そう思ったアナタにお伝えします。

 

もし廃車手続きを自分でしようとすれば、もっと手間になる現実です。

個人で廃車にするなら大変すぎる

廃車手続きは内容により、こんなに多く分かれているんです。

 

従って廃車にするにも時間と手間がかかってしまうとお考えください。

 

  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録
  • 輸出抹消登録
  • 解体届け出

 

それら手続きは土日が必ず休みの運輸支局で行うモノも多く含まれるので面倒すぎです。

 

多くの書類を集めて、自分を時間を多く使う手続きを選びますか?

 

さらに冒頭にお伝えした、自動車税、重量税、自賠責保険など還付手続きもあります。

廃車にするかどうかは業者に任せる

アナタの使う時間を最小限にするためにも、余計な出費もしないためにも、業者に問い合わせしてください。

 

そうすれば廃車手続き等で数万円を取られるどころか、+5万円になるかもしれません。

 

その為には、いくつか違う業者で比較すれば安心です。

 

しかし業者=ビジネスなので、これら注意点があります。

 

定価が無い中古車をできる限り安く買い取ってやろう、

できればタダで手に入れたい、

もっとならお金をもらって引き受けたい、

 

それら注意点をヘッジするためにも、いくつかの業者に見せて一番高く査定したとこに売る、それが必要です。

 

もし車が動かなければ、車検切れならば、自宅に来れる業者だけ呼べばOKです。

 

そんな家まで来てくれる業者なら、近所の中古車店、そして一括査定などです。

 

⇒ まずは一括査定が来てくれるかを確認してみる【利用無料】

初めての廃車手続きまとめ

廃車手続きタイトルの記事なので手順と書類を明記するところなのでしょうが、廃車はモッタイなさすぎるので書きませんでした。

 

もう一度お伝えしますが、中古車には定価がありません。

 

さらに車がどんなに古くなろうとも、必ず価値を持っています、売れます。

 

そうであれば大切なお金が5万円でも10万円でも得られる方法、そして自分の大切な時間を最小限にする売却方法を取ってください。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】