どんな車を所有し続けるかで金運がアップ&ダウンするのをご存知ですか?

 

理由は新車であろうが中古車であろうが、購入費用の差額は3年経っても5年経っても変わらない、縮まらないからなんです、こんな風に!

 

  • 新車値下がり率は3年で50%以上などとても大きい
  • 3年以上の中古車値下がり率は年間15%ほど(日米共通)と小さい

 

従って新車を買ったらお金が貯まらなくても、中古車ならそこそこ貯まる、そうなるんです。

 

必要な車であっても、購入代金が高い車と安い車を比較すれば、値下がり率ふくめ大きな維持費の差となる、お金が貯まらないとなります。

 

初めに何が車維持費となるのかを知ってください。

 

その後に金運をお伝えします。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車購入で初めて知る年間維持費に驚く

購入するのが新車であろうと中古であろうと必ず必要になるのが維持費です。

 

車維持には毎月のローン、ガソリン、駐車場、年に一度の自動車税くらいしか頭になかったかもしれません。

 

現実を把握するために、これら出費で試算してください。

 

  1. 自動車税(÷12ケ月)※毎年5月支払
  2. 重量税(÷24カ月)※車検時に支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※新車は÷36カ月※下記車検費用参照
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※車検時に支払う
  5. 任意保険(÷12カ月)※毎年の契約更新時に支払う
  6. 毎月のローン金額(ボーナス併用は12カ月に割り振ってください)
  7. ガソリン代(毎月の平均)
  8. 駐車場(毎月分)
  9. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他メンテ必要経費(÷12カ月)
    ※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。
  10. 洗車に熱心ならシャンプー&ワックスと労務費で月1回=1500円?

 

上記1~10を12か月や24か月で割れば、各1カ月分の車維持費用合計が分かります。

 

それらを考えないで車購入すれば、毎月の生活がぁあ、そうなる場合もあるんです。

 

特に上記9メンテ費用にはこれらが含まれます。

こんなに多くあった有料メンテ個所

自動車の消耗品名と交換時期

エンジンオイル 普通車は1年、ターボは半年で交換
エンジンオイルフィルター オイル交換2回に1回交換
エアクリーナーエレメント 50,000キロごとに交換
バッテリー交換 セルモーターが廻りにくい時
冷却水交換 2年ごと
スパークプラグ 20,000キロごと
タイヤ交換 タイヤ溝が1.6㎜以下の時
オートマオイル 30,000キロごと
ブレーキフルード 2年毎
ブレーキパッド(前後) 40,000キロごと
ブレーキシュー 40,000キロごと
ワイパーブレード 1年に1回

※各費用はディーラー、中古車店、オートショップでマチマチなので明記していません。

 

どうですか?

 

車維持にはこんなに必要なんです。

 

もう1つ書いても良いですか?

車検費用と法定点検12カ月と24カ月は違う

車検は2年に1回と覚えていても、法定点検はあまり意識されていません。

 

義務である法定点検も12カ月ごとに受けなければなりません。

 

しかし、法定点検を受けなくも罰則がないのなら、24カ月に1回受けても良いとも考えられます。

 

まずは12カ月と24カ月、そして車検の点検項目数を知ってください!

 

点検月数 点検項目数
12カ月 26
車検 20
24カ月 56

 

車の点検数で車検が20項目と一番少ない理由は、車を安全に走らせる必要最低項目のみを検査しているからです。

 

そして12カ月点検で26項目検査し、24カ月点検で56項目検査することで安全走行に必要な多くをカバーしています。

 

さらに24カ月点検56項目の中には、12カ月点検内容の26項目も含まれています。

 

従って法定点検回数を少なくするのなら、24カ月点検だけを受ければOKとも言えます(お勧めはしません)。

 

新車なら12か月や24か月点検費用はかかりませんが、中古なら各点検で費用がかかることは覚えておいてください。

 

もちろん2年に一回(中古車)の車検費用7~10万円+修理部品代金となります。
車検費用は車種と検査依頼する場所でも大きく違ってきます

 

次から本題に入りますが、車って大飯食らいだったのがお分かり頂けたと思います。

 

まぁあ、その割には太りませんが!?

中古車で金運が上がる理由とは?

いつも自分のことばかり書いて申し訳ありませんが、今回も個人の経験からご説明します。

 

安い中古車、それも自動車税など税金+維持費(上記参照)が安ければお金が貯まります。

 

もちろん、車を有効に使いながらのお話です。

 

それは私個人も周りの人達もそうでしたので、使える方法であることは間違いありません。
※万人に有効ではありません。

 

こんな経験からの理由です。

中古車で金運が上がる理由

購入費用が安い

24時間移動できる

仕事でもアルバイトでも通勤による勤務地制限がなくなる

勤務地制限がなければ給料の良い会社で働ける

必要なら2つの仕事を掛け持ちできる

車を運転しながら音楽など聴いてリラックスできる

疲れて帰宅したくない時は車に泊まれて安上がり(夏冬は無理)

配送請負など車さえあれば個人で仕事ができる

車があれば駅から離れた安い家賃のところに引っ越せる

 

あとはアナタ1人で過ごせる時間が長くなる、それも理由かもしれません。

 

もし車を持たないで公共交通機関を使えば何がどう違うんでしょうか?

公共交通機関利用のメリットとデメリット

公共交通機関を使うなら、いつも周りは人ゴミでいっぱい、そして疲れ果ててしまうこともあるでしょう。

 

移動コストは安くても(車維持に比較し)、移動時間の長さと人ゴミのストレスでアウトになるかもしれません。

 

天気の悪い日に濡れた傘がいっぱいある電車やバスの車内は嫌なのは誰も同じです。

 

車移動なら全て1人の時間であり使えます、自由に。

 

音楽を聴けます、寝れます(運転中以外)、食事が取れます、全て1人だけで。

 

それだけでも疲れが少なくなる、そう言えませんか?

 

移動中のストレスフリー+給料が増える、それなら車を選びます。

 

ではどんな中古車を選ぶべきなのでしょうか?

車両価格も税金も安い中古軽を選ぶ

車種なら一番税金が安い軽自動車を選びます。

 

どんな車でも必ず払う税金さえ安ければ何とかなるんです。

 

そんな各種税金を順番にお伝えします。

 

まずは自動車税が安いと言われるコンパクトカー比較でも、軽自動車とは大差があるんです。

自動車税比較

車種 税金(円) 車種例
軽自動車 10,800  全ての軽自動車
1.0ℓ 車種 29,500 マーチ、ヴィッツ
1.5ℓ 車種 34,500 アクア、フィット
2.0ℓ 車種 39,500 プリウス、セレナ

 

普通車(コンパクトカー)で1番安い1.0ℓクラスのマーチやヴィッツでも、軽自動車の3倍の自動車税を毎年5月に支払います。

 

次は車検時に払う重量税です。

自動車重量税比較

重量税は車検時に支払うので、あまりコスト意識がありません。

 

その重量税を新車(3年)と中古車(2年)で確認してください。

 

自動車重量税

車種 新車3年(初回) 車検2年(二回目)
軽自動車 9,900円 6,600円
1.0トン以下 24,600円 16,400円
1.5トン以下 36,900円 24,600円

 

ここでも1.0トンのコンパクトカーの約1/3の重量税で済みます。

 

し・か・し、小型車のベース車種が1.0トンでも、グレードや装備により上の1.5トンの重量税になる車がほとんどかもしれません。

 

次は事故で気になる自賠責保険です。

自賠責保険比較

新自賠責保険料金 ※平成29年4月1日施行の最新データ

保険月数 軽自動車 普通車
12カ月 15,130円 15,520円
13カ月 15,960円 16,380円
24カ月 25,070円 25,830円
25カ月 25,880円 26,680円
36カ月 34,820円 35,950円
37カ月 35,610円 36,780円

 

自賠責も軽自動車が少額ではありますが安い、そうなります。

 

どうして軽自動車の自賠責保険が普通車より安いかご存知ですか?

 

これは任意保険も同じ理由なんですが、軽自動車の事故率が普通車より低い、その事実(過去データ)を基に国と保険会社が認めているのでそうなっています。

 

そう認められるのは軽自動車の使い方にもよるのでしょうが、普通車より軽の方が事故に合いにくい&安全とも言えるでしょう。

 

もし軽自動車の事故率が普通車と同じであれば、任意も自賠責も安い訳がありません、キッパリ!

 

軽自動車、それも中古なら全てが一番安いので使えます。

 

⇒全てが一番安く便利な中古軽自動車を確認する【利用無料】

 

それでも万が一の事故ではどうなんでしょうか?

軽自動車と普通車では走行パータンが違う

同じ車であっても軽自動車と普通車では走る速度や場所などの走行パターンが違います。

 

それを証明するのが上記の自賠責保険と任意保険の安さに現われています。

 

車が安いことが保険料の安さにつながっているではありません。

 

交通事故に遭う確率が小さい、普通車より軽自動車の方が低い事故率となっている、だから安い保険料そうお考え下さい。

 

そんな日本での軽自動車保有率(販売台数ではありません)は徐々に普通車保有率に近づいています。

 

つまり万が一の車同士事故であっても、軽対軽の比率が上がる、軽対普通車の比率が下がる、そうなります。

 

加えて軽自動車の自動ブレーキや前後誤発進抑制機能が標準装備されつつあるので、どんどん安全な車に進化中です。

中古軽自動車なら金運アップ

日本の人口減少と高齢化速度から、経済が回復する見込みは一切ありません。
※個人の意見です

 

どうしてそれが分かるかと言えば、友人に材派遣会社経営者や銀行マンがいるからです。

 

従って我々にできる対応策はこうなります。

 

支出を減らす、

労働条件の良い場所で働く、

人間の24時間をもっと有効に使う、

 

それしか金運アップする方法はありません。

 

控えめに言えば、生活を維持する方法はありません。

 

昔は多くの人達が求人サイトを見ながら良い仕事を見つけようしていましたが今は違います。

 

大都会で良い求人があっても地方では違います。

 

若い人達に仕事があっても、40歳前後では激減となっています。

 

さらに2019年からは外国人労働者がどんどん増え続けることで、日本人の平均賃金も下がり始める、それも確かです。

 

そうなら車免許と車所有をすることで、家から遠くてもより良い仕事を見つける!

 

そしてやがて自営業となる、それがベスト金運につなげる方法であるとお伝えします。

中古車購入なら金運が上がるまとめ

安い維持費で便利に使える&役立ってくれる車は最高です。

 

昔の私はお金がないのでベージュ色(艶消し!?)のセダンを弟からタダでもらいました。

 

整備もしましたが本当によく走ってくれたのを今でも覚えています。

 

その車があったからこそ、少しずつでも人生を進めてこれました。

 

本当に助かりました。

 

アナタもそんな金運を運んでくる車を探して下さい、出会ってください!

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

買う前にローン審査ができることを知っていますか?

低金利ローンは審査時間が長いこともあって、急に用意することが難しい場合がありますよね。

 

そのため、すぐに借り入れが出来る融資となればディーラーローンや残クレになりますが、これらは金利や総支払い金額が高くなることから、できれば避けたい借入先です。

 

ただ、これはもう昔の話で今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、何ヶ月も長い期間、審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

もしあなたが今後車を買う予定がある場合には、事前に仮審査を通しておくことで、いざというときに高い金利のローンで損をすることを防げるでしょう。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

「審査に時間を取られたくない方」や「高い金利を払いたくない方」は、いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】