10万キロでも新車のようだと言われ、日本車が飛ぶように売れている国々があるのをご存知ですか?

 

中古車輸出先は100ヶ国以上もあるのには驚かされます。

 

それら発展途上国や車メーカーない国々で車は超高級品であり、日本の何倍もの価格で取引&販売されています。

 

その中でも日本車が1番信頼されているのには理由がありました。

 

読み時間2分です。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

日本車なら80万キロだって走れる理由

海外で中古日本車が人気ある理由です。

 

  • 「低価格=他国製品比較」 
  • 「故障が少ない」 
  • 「燃費が良い」 
  • 「年式&走行距離に対してメンテが良くされている」
  • 「50万キロや80万キロどころかもっと走る」
  • 「走るのための維持が簡単」

 

これらバランスが取れていて、購入後の出費がとても小さく済むから日本車は信頼をされています。

 

日本車人気の理由は、製品が優れているからだけなのでしょうか? 

 

実は少し違う理由があります。

 

我々が常識としている使用方法やメンテナンスを少し変えるだけで、あなたの中古車選びが変わります!

車寿命はメンテナンス次第でしかない

中古車でも定期的なメンテナンスさえすれば、10万キロ、19万キロ、31万キロでも平気で走り続けます。

 

上記はロードバイク趣味の軽自動車仲間が中古で乗り続けている車メーターなんですが・・・。

 

当たり前の話からのスタートは止めてくれ! 

 

そう聞こえるのを承知で説明させて下さい。

 

車性能が良くてもメンテナンス不足ではアウトになりかねません。

 

メンテナンスの基本となるのが車検制度です。 

 

それも常識だろうとお考えになりますか?

 

そんな車検制度自体がない国が多くあるんです。

 

車検がない、車検が自主申告制などの国々はドライバーが主に車メンテしています。

 

日本はそうではありません。

 

日本には世界で突出して優秀な車検制度があります、すこし高額ではありますが。

 

だから日本の中古車は世界中から高い需要があるとなります。

車検のある国と無い国のナゼ

アメリカ、カナダ、フランス、スイス、中国、南アフリカ、タイ、フィリピンに車検制度は存在しません。

 

そしてイタリアは新車登録から10年間は車検不要。

 

車検がある国としては日本、ドイツ、イギリス、オーストラリア、ベルギー、台湾等です。

 

1つ言えるは「車検制度は車の安全性維持&寿命に大きく役立っている」ことです。

 

そんな車検を受けている車なら、車検ある国なら、それだけで安心、そう思える国は日本しかありません。

 

日本の車検費用は海外比較で突出して高くても、細かな部分までチェックするシステムでありとても安心だからです。

 

従って定期メンテだけで何十万キロでも乗れます!

 

何十万キロも走った中古車購入なら、地方のワンオーナー所有(個人&法人問わず)でディーラー整備記録が残っている車なら買いです!

 

さらに大手中古車販売店なら事故車取扱は100%ありません。
都内ガリバーへのインタビューで確認しました

 

中古車店を回っての車探しは苦労しますが、大手ならネットでも店舗でも一週間以内に入れ替わる最新在庫を非公車開情報として提供してくれます。

 

車への必要条件を自由に変更しながら見れる車探しはユーザー最大のメリットです。

 

そんな車探しサービスが無料で使え、気になる非公開車両が見えるのは大手中古車サイトしかありません。

 

⇒非公開車両が見れる車探しサービス【利用無料】

※非公開車両とは仕入れて7~10日以内の新しい車を意味します。

走行距離1年1万キロの常識と非常識とは

日本は1年に1万キロが走行目安といわれてますが、その車の性能や状態を正確に現している訳ではありません。

 

日本の道はアジア、東南アジア、欧米と比較しても良く整備され素晴らしいの一言です。
※欧米生活経験およびアジア渡航歴より

 

従って高速や一般道を20万キロ、30万キロ走ろうと全然問題ありません。

 

ヨーロッパの道は比較的に整備されていても、アップダウン、石畳、凸凹も多く、それらに対応させるためヨーロッパ車サスペンションは日本車より強く素晴らしい、そう評価されています。

 

実際にレクサスよりベンツの足回りが良いとされるのは有名です。
※ベンツは細かな路面情報を伝えながらも衝撃を上手に吸収する

 

アメリカは高速道路や一般道とも硬く荒いコンクリートでおおわれていて、ダメージした路面の凸凹補修も長年されていません。
※予算不足により

 

アメリカではそんな路面状況が伝わり車内はいつもはゴォー、、そんな音ばかり響いています。

 

従って、路面変化を細かく感じられない大味なサスペンションとなる訳です。

 

日本車は海外での使われ方を研究し尽くしているので20万キロ、30万キロ走行でも何も問題ありません。

 

途中結論としまして、日本の道路環境と車検制度で使用されている日本車は、我々の常識よりはるかに長持ちで長距離を走れる、そうお考えください。

年式と走行距離の関係とは

日本の販売システムと常識にとらわれなければ20万キロ、30万キロでもシッカリ乗れる価値があると言えます。

 

それでも車売買では年式、走行距離での価値判断をしなければなりません。

 

そこでまず価値の目安となる走行距離をどう判断するのかを見て行きましょう。

標準走行距離と過走行距離を知る

 

  • 3年で3万キロ   ⇒   標準走行
  • 3年で4万キロ   ⇒   過走行
  • 5年で5万キロ   ⇒   標準走行
  • 5年で7万キロ   ⇒   過走行

 

ポイントは標準走行に比較し過走行とされる車の価格は必ず下がる

 

↓ つまり


過走行車の中にお得な買い物あり、そうお考え下さい。

 

もし年式基準で高い価格を押してくる中古車店があったなら、距離メーターにある過走行距離を引き合いに出せば値引交渉ができます。

走行距離3万キロ以内のメリット

3万キロは1年1万キロとすれば3歳であり、車コンディションはまだまだ新車に近いモノが期待できます

 

3年目なら初回車検前後であり、そこで手放すオーナーはあまり多くはありません。

 

従って販売可能台数も少なく新車価格の55%前後が普通でも、車種によっては50%もあるでしょう。

 

そんな3年、3万キロのメリットを確認しましょう!

 

  • オプションが満載されていれば最高に良い買い物
  • 新車の初期トラブルなどは数年以内に完全に出切っているので安心
  • 新車保証3年、延長された5年保証が付いた中古車にめぐり会う可能性あり

 

⇒関連記事「保証継承が必要な中古車は3年と5年落ち未満の訳」

 

そんな若い中古車を買って数年乗り、5年目または7年目の車検前に売れば、まだまだ売れます。

走行距離3万キロから5万キロ未満のメリット

3年から5年以内の中古車は少しキズや汚れがあるかもしれませんが、まだまだこれからです。

 

この走行距離と年式が中古車市場の中心であり最大ボリュームであるとお考え下さい。

 

価格的には新車価格の50%から40%が目安となるでしょう。

 

まだまだ乗れるコンディションなのは当然であり、7年目の車検前に再販できる可能性も十分にあります。

走行距離5万キロから7万キロ未満のメリット

年数的に5年から7年と考えられ、ここから少し不具合も想定しなければなりません。

 

車的には内外装から時間経過を感じてしまうかもしれませんが、日本車の品質と車検、メンテナンス、さらに中古車販売店のチェックもあるので不安に思う必要はありません。

 

ただし、需要の低さからくる低価格販売になるので、走行に問題が無くても大掛かりなメンテナンスはされていない車と考えるべきです。

 

それらを踏まえて新車価格の40%以下から30%が目安となるでしょう。

走行距離7万キロ以上のメリット

7万キロ以上は再販はできないと納得して、故障やメンテナンスも頭に浮かべながら購入する必要があります。

 

し・か・し・それが軽自動車の修理&メンテであれば年間で10万円を超えることはないでしょう。

 

理由はパーツ代金も工賃も普通車に比較し何割も安いことにあります。

 

車種やカテゴリーに関係なく10万キロ近い車であればこれらの部品交換が必要になります。

 

  • タイミングベルト(10万キロ目安での交換)
  • ブッシュ(緩衝材=ゴム製パーツで10万キロ目安で交換)
  • オイル(エンジンオイル他は定期的な交換が必須)

 

その他でもサスペンション、ドライブシャフト、エアコン、色々とありますが年齢なりと考えて価格との相談が必要になります。

 

余談ですが、北米の高速道路を走っていると、ある一定以上のスピードになるとフロント部分がドンドンと飛び跳ねる位に振動したのでガソリンスタンドで調べてもらいました。

 

重いボンネットをヨッコイショと開けて 「エンジンキャップ外したら煙モクモク」。

 

店員が一言 「エンジンオイル無しでよく無事に走ったな」 ・・・。

 

その時にオイルは血液、そう学んだ私でした。 

 

同時にタイヤは足です!

タクシーの走行距離に驚く

私はタクシーに乗ると直ぐに話しかけるタイプなので、運転手さんから教えてもらいました。

 

それは日本のタクシーとドイツのタクシー走行距離です。

 

  • 日本のタクシーが廃車になる走行距離は70万キロほど
  • ドイツのタクシーは走行距離50万キロでしたが、もっともっと走れるとか

 

インタビュー!?した場所は都内とドイツのニュールンベルグです。

 

そんな走行距離を聞いて思ったことがありました。

 

「日本もドイツもちゃんとした車検制度があるから長く乗り続けられるんだと」

 

しかし同じ車検制度でも大きな違いがありました。

 

  • 日本は検査項目も多く(高額もあり)安心できる
  • ドイツは日本より簡易な検査項目=必用な部分しか検査しない(ほぼ自己責任で行う)

 

日本の方が安心できる車検制度なのに、ある意味で個人任せのドイツが長い車寿命=走行距離50万キロどころではありません。

 

ドイツ人は日頃からまめにメンテしている、だから車検内容は必要最小限であっても「50万キロならまだまだ走れる」、それしかありません。

 

車はメンテ次第でいくらでも乗り続けらる、それが結論です。

 

ちなみに日本のタクシーが70万キロ廃車でも、輸出され新たに数十万キロやもっと走ることはあまり知られていません。

 

車はメンテ次第でいくらでも走れる、そうご理解ください。

 

そうなら日本で5万キロ、7万キロ走った車でも不安なく選べる&買えるとなります。

 

さらに5万キロや7万キロの車なら新車価格の1/3~1/5以下の価格が一般的です。

 

⇒5万キロや7万キロ越でも安心な中古車を確認する【利用無料】

 

そんな中古車はどこで買えば安心なのでしょうか?

中古車を選ぶ基準は保証しかない

大手中古車販売店なら事故車は絶対にありません。

 

そして保証期間も内容も長く&多項目が対象なので安心です。

 

それに比較し個人売買では一切の保証がありません、事故車であったのが購入後に判明しても返却もできません。

 

中古車ビジネスは古典的な手法で行われているのか昔からそのようになっています。

 

従って購入前にシッカリ確認する、もしくは厚い保証がある大手中古車販売店で購入するしかありません。

 

特に全国的に有名な大手中古車販売店の多くが上場会社もあり安心です。

 

⇒大手中古車販売店の多項目にわたる保証内容を確認する【利用無料】

古車は何万キロまでなら大丈夫まとめ

新車、未使用車、中古車の価値は使うアナタが決める、そうお考え下さい。

 

日本車の性能からくる信頼性と年式&走行距離の関係も説明させて頂きました。

 

車には40万キロ、50万キロでも走れる基本性能が備わっているので、単なる移動手段としてだけならどんな古い車を選んでも構いません。

 

現実には、あなたの趣味趣向や使用目的によっての車選びとなります。

 

そうであるならば、3年、5年、7年後のあなたの将来と環境変化を考えながら選べば、きっと素晴らしい車と出会えると思いませんか?

 

引越し、転職、恋愛、結婚、家族を持つ、そんなストリーに沿った車選びには車種もそうですが、「低価格」「故障が少ない」「燃費が良い」のキーワードは外せません。 

 

それらキーワードに合致するのはやはり日本車となります。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」で会いましょう!

⇒関連記事「中古車!試乗できる&できないの何故?」

⇒関連記事「中古車を走行距離で選ぶと大きな損をする!」

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】