銀行マイカーローンはなんと超低金利の2%~3%前後、

 

車所有権は初めからアナタ名義なのでローン途中でも車を売れる!

 

そんなスゴイ権利が付くローンなのにみんな借りようとしません!

 

銀行は法人の貸し出し先が見つからず、誰かにどこかにお金を借りてもらわないとつぶれてしまう、、、。

 

だから銀行マイカーローンは貸し出しルールをドンドン変更し、少しでも多くの人に借りてもらえる変身中。

 

都銀は相変わらずキビシイ貸出条件でも、地方銀行や信用金庫は預金量も少なく少しでも多くお金を借りてもらい回転させたい。

 

そんな貸先となる個人を探しています。

 

読み時間3分です。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

銀行マイカーローン借りれるか5秒で分かる

お金を借りるフリとは変な言い方でも、銀行マイカーローンまたはフリーローンサイトには必ずこうあります。

 

【ネット仮審査申込み】

【ネット仮申込み】

 

などアナタが本審査を受けられるかどうかのテストが簡単にできます。

 

仮審査でアナタの信用が低いとの判断でも、誰かを保証人に立てれば貸し出し可能なども併せて知らせてくれます。

 

数年前であれば銀行も少し余裕があったので、ネット審査も仮審査ありませんでした。

 

でも今は違います。

 

今初めに申込むのは金利が安い銀行マイカーローンの仮審査(簡単&直ぐ)です。

 

⇒銀行マイカーローンが組めるか5秒審査!

 

次はローンの秘テクニックを順序立てて説明します。

1番使える銀行マイカーローンの理由

1番お得なのは銀行マイカーローンです。

 

銀行マイカーローンは金利が2%~3%前後と安く得するは絶対であり、最初から車検証車の所有権をアナタ名義できるとこがポイント。

 

所有権がアナタ名義の意味は、ローン返済中であっても車売却が可能になることなんです!

 

さらに最近の銀行オートローンの便利なとこはネット審査ができることです!

 

買う車を決める前に、ネット仮審査を受けられるのでスマホからいつでも簡単にトライできます。

 

そんな仮審査なら軽い気持ちで何かの効果測定を受ける感覚で構いません。

 

銀行貸し出し条件緩和されてもディーラーローンより審査がキビシイのですが、まずは数分で入力できる仮審査でテストしてみましょう。

 

キビシイ銀行オートローンなら仮審査も通らないだろう? 

 

そう思うかもしれませんが、2,3銀行へトライして、もし1つでも仮審査がとればスゴイことです。

 

冒頭でお伝えしました様にディーラーローン金利の半分以下、または1/3の超低金利、そして車の所有権はアナタなんですよ!

 

トライしない手はありません。

 

まず購入予定の車を決めて、次に購入金額を何回でどうやって返済するかのシュミレーションも簡単にできます。

 

⇒返済シュミレーション

2番目に使って良い車ローンとは

2番目に使っても良いのは新車ディーラーや大手中古車店がススメてくる信販系クレジットでしょう(一般的にローンと呼ばれます)。

 

信販系クレジット(ローン)の審査は数分から30分程でカンタンですが、金利が少し高目です。

 

しかし、メーカー決算期の9月、3月に行われる金利キャンペーンを利用すれば4%前後とお得な金利が適用されるのでしょう。

 

信販系クレジット(ローン)では、車の所有権が販売店か信販会社のどちらになるので、ローン完済するまでは車を売ることはできません。

 

もし少し高い金利とローン途中の車売却に問題なければ使える信販クレジットです。

 

ここまで銀行マイカーローンが1番おススメ、2番目はディーラー&中古車店の信販クレジット(通称ローン)だとご説明しました。

 

次に使ってはダメなローンを2つお伝えします。

使えば損する2つのローン

ディーラーの「残価設定ローン」これは損の大本尊なので絶対に使ってはいけません。※アメリカでは車のサブプライムローンと言われています。

 

残価設定ローンの表面金利は1%や2%と安くても、こんなリスクがあります。

 

  • 車値引がない
  • 金利は残価50%にではなく、始めから車両価格100%に適用される
  • 月間走行距離の約束をさせられる
  • ボディにキズはもちろん、改造などは絶対にできない
  • 残価設定ローン完了後に大きな返済が待っている

 

こんな損する180%の残価設定ローンを使うのは変な人か、ダマされた人しかありません。

 

2つ目に使ってダメなのはサラ金=消費者金融、そして銀行系のアコムやプロミスの消費者ローンといわれるモノです。

 

金利10%、15%を数百万円ローンに使えば、金利支払いで首も顔も回らず!?ザンザンです。

 

金利が高いだけでなく取り立ても厳しいので、万が一の場合はあなたの名誉、信用まで無くしかねません。

誰も知らない銀行マイカーローンのメリット

銀行マイカーローンが組めれば一番大きなメリットは「安い金利」「車所有権」のお話はさせて頂きました。

 

銀行マイカーローンのメリットも含めてまとめました。

 

  • 車の所有権をあなたにできる
  • 新車&中古車の両方に使える
  • 車購入+免許取得、車検、修理の車関係費用の全てに使える
  • オートローンには簡単ネット仮審査がある

 

金利が安い、初めから車の所有権があなたに設定される、そんな大きなメリットあるマイカーローンはメディーラーローンと大きく違います。

 

多くの皆さんが一様に銀行マイカーローンは審査が通りにくいと考えているようですが、それが100%正しいとは言えない理由をお伝えします。

銀行ごとに違うマイカーローン審査方法

一口に銀行マイカーローンと言っても銀行ランク分けがされているのはご存知ですか?

 

銀行ランク分けがされている=審査方法が違う、そうなります。

 

銀行のトップには都銀といわれるメガバンクがあり、上から順に書いていきます。

 

  • 都市銀行(TVで宣伝しているとこです)
  • 地方銀行(県名や市名などを使う)
  • 信託銀行
  • 第二地方銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫

 

銀行の種類やレベルがあっても各銀行ではマイカーローン(オートローン)を取扱いしている点にご注目下さい。

 

銀行マイカーローンは各銀行で金利差があります、借りやすい借りにくいもあります。

 

同じ銀行マイカーローンであっても金利2.4%〜3.4%など金利差があるのはどうしてでしょうか?

 

金利差があるのはこれら理由からです。

 

  • 銀行の方針で金利の高い安いを決めている
  • 貸し出しリスクが高い人には高い方の金利を適用する
  • お金の仕入れコストの違うので、貸し出し金利もマチマチである

 

逆に都銀(メガバンク)では金利3.0%位しか明記されていません。

 

貸し出し金利に幅がない意味をどう思われますか?

 

この意味は ⇒ 都銀なのでリスクある人には貸しません、そう理解できます。

 

そうであれば都銀マイカーローン審査が厳しく無理であっても、これら銀行はどうでしょうか?

 

  1. 地方銀行
  2. 第二地方銀行
  3. 信用金庫
  4. 信用組合

 

1~4と銀行ランクが下がって行くほどに審査が甘くなるとも考えられませんか?

 

つまり、多くのユーザーが1つだけの銀行マイカーローン審査でギブアップしてしまった、だから借入できなかった、そうとも考えられます。

 

銀行審査では共通の個情報データベースを使用し、ローンを利用する人の借入、返済、延滞、債務整理、勤務記録等々で貸せる貸せないの判断をしています。

 

しかし、データベースだけで100%判断している訳ではありません。

 

  • 同じユーザーが都銀の審査に通らなかったのに地銀で通ることがある、
  • 地銀Aで審査に通ら無くても、地銀BとCでは問題なく通った等々

 

つまり、銀行が共有する個人情報用データベース以外の審査基準があるからそうなります。

銀行マイカーローンのメリットとデメリット

保証人を立てる必要がないことがマイカーローン最大メリットです。

 

個人で使うお金を借りるのに保証人をお願いするのは気が引けます。

 

万が一に保証人に迷惑をかけるのであれば、そこまでして車を購入する必要もない、そう思いませんか?

 

銀行マイカーローン審査は少し厳しいのですが、基本的に保証人不要は素晴らしいとお考えください。

 

大切なお金を有効に使うのであれば銀行マイカーローンに魅力があるのはお分かり頂けたのではないでしょうか?

 

それには手間と時間が必要ですが、銀行と言っても実は大したこはありません。 

 

次にその理由を説明させて下さい。

全額銀行マイカーローンまとめ

銀行はお金を貸してなんぼのビジネスであると昔から言われて来ました。

 

あとは「晴れに日にカサを差し出し、雨の日には取りあげる」、それも銀行ビジネスを現す言葉として有名です。

 

銀行は、アナタがどんな企業に勤務していても、景気の良い個人事業主であろうとも、融資の際にキビシイのはどこも似たり寄ったりです。

 

理由は銀行は金利が安い、担保を取らない&保証人を求めない(違うケースもあり)など大きなメリットがあるからです。

 

そんな銀行が貸し出し基準を大きく見直し、できるだけ多くの人達に使ってもらいたいのが銀行マイカーローンである、そうご理解下さい。

 

まずは、あなたがお付き合いのある身近な銀行へコンタクト、さらにネット銀行などトライできるところは数多くあります。

 

従ってまずは銀行マイカーローンにトライしてみましょう!

 

その次に、ディーラーや中古車店で扱う信販系クレジット(ローン)とお考えください!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

またいつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】