都心や繁華街に近づくほどに駐車場探しに苦労しませんか?

 

そんな時に便利なのが駅近くにある機械式の立体駐車場です。

 

駐車ゲート付近やトビラには高さ1550㎜とか全幅1800㎜のサイズ制限が書いてあっても使えません。

 

その理由は;

 

  • 愛車サイズが不明、
  • サイズ制限ギリギリ、
  • サイズ制限より少し大きい、

 

であり、悩んだことは何回もあるのではありませんか?

 

そんなサイズ制限に慎重になるのは正解です。

 

実は、立体駐車場のサイズ制限も重さ制限も規格がバラバラであり、それが事故につながるケースもあるからです。

 

まずはあなたが疑問のサイズからお伝えしていきましょう。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

車サイズと立体駐車場表記サイズの違い

立体駐車場に表記ある高さ&幅は1㎝も違わない正しい数字なんでしょうか?

 

実際は、立体駐車場に表記ある高さ&幅よりも余裕サイズに作られている、、そこがグレーゾーンとお考え下さい。

 

もしアナタの車サイズと立体駐車場の表記サイズが全く同じであっても、車は駐車できます。

 

ただし、ミラーやアンテナ部分は車サイズには含まれていません。

 

まずは、あなたの車サイズがどうなっているのかを知りましょう。

 

高さは地上から天井高なので車検証やカタログですぐに分かります。

 

それでも車高調整できる車なのを忘れてしまい、車高を高くしたままで駐車場天井にドカンは気をつけましょう

 

も1つは天井アンテナ忘れての、ドカンもあります。

 

次に車検証にある車幅とは「右ドアから左ドアまでの幅=タイヤの外側面から外側面」であり、ミラー幅は一切入っていません。

 

ただし、輸入車の中には車検証記載サイズと実際の車体サイズが違うものがあるのでカタログ数値も併せて参考にして下さい。

 

一番良いのは、輸入車ディーラーの営業マンに聞けば即答してくれます!

 

輸入車にはミラーがたためない車種があり、その場合の車検証記載サイズからでは分かりません、実測が必要です。

あいまいなサイズ表記を理解する

使う立体駐車場が駅前であれ自宅マンションであれ知って頂きたいのは、駐車場メーカー毎に表記された高さと幅に含まれない余裕サイズがあって、それがバラバラなことです。

 

例えば高さ1550㎜で幅1800㎜のサイズに駐車できても、足元のタイヤとパレットの幅が微妙に狭いのに気づくことがあります、ギリギリ状態を。

 

この問題が起きる理由は、立体駐車場に表記されている「車高・車幅・車長・車重」の中で「車幅」部分が実際のパレット幅と違うからです。

 

ではどうするか?

 

立体駐車場のパレットには片側で5㎝、両側では10㎝の余裕があるのが一般的です。

 

そこにタイヤとホイールがこすらないで入ればOKとしましょう、駐車可能です。

 

ただしパレット側面の高さもメーカーによる違いがあり、もしホイールが当たりそうなそうな場合は止めます。

 

パレット側面の高さは本当にマチマチで嫌になってしまいます。

 

同じ扁平率のタイヤ&ホイールであっても、駐車OKな高さのパレットとダメなのが多々あります。

 

タイヤ側面をこするのはまあイイとしても、ホイールだけは絶対に傷つけたくありません。

 

こすれてグレー色になったホイールを見ながら、少し泣きが入ったことを思いだしました・・・

 

個人の意見ですが、昔の立体駐車場パレット側面は高く、近年(10年近辺)は側面が低いと考えています。

 

つまり扁平率が低いタイヤ&ホイールは、あからさまに古い立体駐車場は使わない、そう決めてください!

立体駐車場にあるセンサーに注意

今は重量や高さセンサー、障害物検出センサーなどが設置されている駐車場が多くあります。

 

立体駐車場に限らず駐車場での事故件数は毎年増えてる現実は以外に知られていません。

 

そんな立体駐車場の事故では、車サイズや重さ制限を無視したものが中心である、そうお考え下さい。

 

そんな事故では、センサーのある駐車場ならこんなケースがありました。

 

  • あなたの車がセンサーを作動させてしまう
  • 安全装置作動
  • サービスマンが派遣され修理
  • 復旧に時間がかかり保証問題にもなる可能性

 

これでは便利に使おうとした駐車場なのに、時間も手間も余計にかかってしまいます。

 

やはり機械式の立体駐車場はコンパクトカーか中型サイズの車までが無理なく使えると考えるべきかもしれません。

立体駐車場の一番大きな危険とは

立体駐車場の車両制限サイズは「車がゆれる&動くことを計算に製造されている」この事実を覚えておいて下さい。

 

立体駐車場のサイズ制限には約5%から10%ほど余裕あるのが一般的(メーカーと製造年代による)であり、この5%〜10%が車サイズとパレットサイズ他の差となっています。

 

制限重量では記載の1.5倍近い車重にも耐えられる設計だとも言われています。

 

現実に、マンションのエレベーター駐車場に300Kg近くオーバーした車を長く駐車させていたのは私でした。

 

問題は車両制限サイズや重さを無視して入庫した車が地震や何かで落ちた、壊れた、「事故した場合」です。

 

自動車保険では「車両保管中の事故」で対応可能かもしれませんが、被害を受けた駐車場の保証は別で考える必要があるでしょう。

 

つまり、立体駐車場表記のサイズと重量を無視した駐車には大きなリスクがあります!

 

しかし、それにも増してショックなのは、愛車が壊れてしまうことではないのでしょうか?

文句が言えないホテルの立体駐車場

100%個人の経験からアドバイスさせてください。

 

ホテルの立体駐車場は個人で止めるタイプと係員がキーを預かって止めてくれるシステムがあります。

 

そこで問題になるのが係員が車の出し入れをしてくれる立体駐車場なんです。

 

ここで問題になるのが立体駐車場の古さと係員の技量!?

 

駐車数が多く平置きができない大型車は、サイズがギリギリなら立体にも無理くり入れます。

 

もし古い立体駐車場のパレット幅がギリギリ+パレット側面が高ければ、アーレーでホイールがこすれてしまうことがあります(ました)。

 

こちらは係員がプロだと勝手に思っていても、ギリギリサイズのパレット+その人の技量や忙しさ疲れで「高価な扁平タイヤ&ホイールがぁああ」になる可能性ありです。

 

もしアナタがそんなホテル駐車場を選ぶなら、係員へ一言だけ伝えてください!

 

「大切な車なので必ず平置き駐車にしてください!」、その一言を。

 

ホテルマンなら(ホテルにもよりますが)、客の要望は絶対なので何とかしてくれます。

 

係員が車の出し入れするホテル駐車場の場合は、家に戻ってからタイヤとホイールの異変に気付くパターンがほとんどです。

 

後から何をクレームしても立証がムズカシイとお考えください。

立体駐車場の一番安全な使用方法

車両制限サイズと重量を無視しても使える立体駐車場があったとしても、万が一のセンサー作動や揺れでの事故リスクを避けることを優先して下さい。

 

是非、あなたの車の「車幅・車高・車長・重さ」の範囲内で立体駐車場を使うことをオススメします。

 

立体駐車場の車幅制限は3パターン程度なのでカンタンに覚えられます。

 

  1. 全幅1700㎜以下  
  2. 全幅1800㎜以下
  3. 全幅1850㎜以下

 

まずは、あなたの車がどの幅なのかを知っていれば、あと必要なのは高さを思いだすだけです、、アンテナも含めて。

 

それが軽自動車なら車幅1480㎜以下なので何も覚える必要ありませんが、高さだけは記憶お願いします。※軽ではジムニー車高は2000㎜もあるのでご注意ください。

 

昔の軽自動車はチビ太でしたが、今はノッポなので立体駐車場で最も多い高さ制限1550㎜を超えているのは常識だからです。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】