車買うのとカーシェアなら、どちらが損しないのでしょうか?

 

便利なのでしょうか?

 

万が一の事故ではどちらが有利なんでしょうか?

 

そんなカーシェア料金です。※タイムズカー+料金参考

 

日本小型車は¥206 / 15分(1時間=¥824)

 

輸入小型車は¥412 / 15分(1時間=¥1,648)

 

たまにしか乗らないなら車なら、圧倒的にカーシェアが安い、それに間違いありません。

 

でも&しかし、事故リスクが高いのはカーシェアなのをご存知でしたか?

 

車所有15台+国内外レンタカー利用(含むカーシェア)100回以上(多分)の経験からお伝えします。

 

どうしてそんな経験があるのかですか?

 

車好き+国内外出張や現地長期滞在仕事が多かったからです。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

カーシェアは危険が危ない!?

車は長く乗り続けないと運転能力が向上しません。

 

いくら安全装置が付いているカーシェアの車でも、たまのカーシェアにはこれら危険が潜んでいます。

 

カーシェアでの危険とは
  • 初めて乗る車は車両感覚がつかみずらい
  • シート前後調整あっても上下調整ない車種あり
  • ハンドル調整のチルトとテレスコピック機能どちらかしかない車種あり
  • いくらミラー調整しても大きめな死角が残る車あり
  • アクセルとブレーキの効き具合=作動位置が車種毎でバラバラ
  • ハンドルの遊び(作動開始部分)が車種によって違う

※自分の体形に合わそうと調整しても出来ない車=危険運転につながる。

 

初めての車でも、いざという時の安全装置は稼働します。

 

でも&しかし、安全運転するには基本的な運転姿勢を取る調整が必要になります。

 

特に慣れない車でのバックには最大注意が必要です。

 

理由はレンタカーやカーシェア事故原因の第一位がバック駐車する時に起こっているからなんです。

 

そうであっても、カーシェア料金には無制限補償の保険も含まれるので、万が一でも安心なんです。

 

しかし海外レンタカーではアウトしかありません。

 

日本での少ない運転経験なら、海外レンタカーはお勧めしない理由です。

有限補償の海外レンタカー

日頃からレンタカー(含めカーシェア)経験しかなければ、欧米での運転は危険が危ないとなります。

 

欧米での運転リスクとは?
  • ハンドル位置が左側(欧米)
  • 走行車線が右側もある
  • 初めての外車ならベストな運転位置設定が大変
  • 一般道の交通ルールが違う(赤信号でも右折可能など)
  • 一般道での走行スピードがかなり速い(100キロなどもあり)
  • 高速道路やアウトバーンの走行スピードが違う
  • 海外は右左折以外は一切ウインカーもライトも使わない
  • パッシングやクラクションは危険以外は絶対使わない
  • ガソリンスタンド数が超少ない(万が一でのガス欠不安)

 

車経験が多い私でも、海外レンタカー利用時はこうしています。

 

必ず対人対物&車両損害&車両盗難の全てに加入する※それはルール

 

「フルカバー=全ての補償を付ける」「保険金額を可能な限りアップする」

 

理由は保険全てが「有限補償」、だからなんです。

 

万が一に人身事故でも起こせば、補償限限度ある有限補償(安い保険)ほど怖いモノはありません。

 

訴訟大国の欧米(特に北米)で人身事故でも起こそうものならモー大変どろかアウトです

 

欧米で補償制限がある理由は、超リッチなど特別階級の人達が多くいるからです。

 

日本で無制限補償とあっても、現実には弁護士や医者が事故相手なら例外になる、そう保険屋さんから聞いています。

 

従って海外で初めて乗る車、日本と全く違う交通事情&法規&運転マナー、それら全てはリスク要因とお考え下さい。

 

じゃあ日本で何をどうするかですね?

日本でのカーシェア利用方法

たまにしか乗らない車、デザインや走りに好みが無ければ同じ車種(カテゴリー)でカーシェアすれば安全運転に問題ありません。

 

もちろん、数台を乗り比べて、自分の体形にジャストフィットする車を見つける努力は必要です。

 

それがOKならこんな便利なカーシェアです。

 

カーシェア利用がお得な理由
  • 車所有に対して激安な車利用コストになる
  • 万が一の事故補償も保険でカバーする
  • 都市部であれば24時間いつでも利用できる

 

これなら車所有で毎月数万円やもっと多い維持費を払う必要はありません。

 

では車所有ならどんな必要コストがあるのでしょうか?

車所有の維持コストに唖然騒然

新車であろうが中古であろうが、大型であろうが軽自動車であろうが、これらが車維持コストです。

 

車維持コストが大変
  1. 自動車税(÷12ケ月)※毎年5月支払
  2. 重量税(÷24カ月)※車検時に支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※新車は÷36カ月
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※車検時に支払う
  5. 有料道路料金※毎月5千円など適正金額を想定する
  6. 任意保険(÷12カ月)※毎年の契約更新時に支払う
  7. 毎月の車ローン金額
  8. ガソリン代(毎月の平均)
  9. 駐車場(毎月分)
  10. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他消耗品&メンテ必要経費(÷12カ月)
    ※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。
  11. 洗車に熱心ならシャンプー&ワックスと労務費で月1回=1500円?

※維持コスト計算は毎月、年に数回、1年に1回、2年に1回などまちまちな支払回数と金額をカッコ内数字で割れば1カ月平均が判明します。

 

ちなみに私のホンダ軽N-WGNターボなら毎月の維持コスト約3万円でした。※ローン金額無しで

 

車所有とカーシェア比較すれば、コスト的に安いカーシェアしかありません。

 

では、こんな車有効利用方法を加味したらどうなるでしょうか?

車所有での有効利用方法とは

個人的な経験+ロードバイク仲間で話した有効活用です。

 

車有効活用方法がスゴイ
  • 愛車を自由に運転&走らせる喜び
  • 公共交通が動いてなくても24時間移動可能
  • どんな天候であってもA地点からB地点へ簡単に移動できる
  • 近しい人の病気やケガでも直ぐに搬送できる
  • 乗員4人や5人で会話しながら移動できる
  • 荷物が多く積める(特にバンやワゴンタイプ)
  • 軽ワゴンならロードバイク2台積めて便利
  • 移動式の書斎=オフィースになる※プライベートルーム
  • 独りの時間を自由に好きなだけ過ごせる
  • 1人や2人酒もできる(お酒が覚めたら運転OK)
  • プライべートな会話や電話するのに安全な場所
  • PC持ち込んで仕事ができる(予備電源必要)
  • 数日間程度なら泊まれる(ワゴンやバンなどフルフラットタイプ)
  • 通勤や通学など移動手段に使う
  • アルバイトや仕事に車を使う
  • お金が稼げる

 

そんな車有効活用どれも便利で使える、だから精神バランスが取れる、そうも感じています※個人の経験

 

精神バランス取れるはとは、愛車なのでストレスなく&気兼ねなく使える&ケアできる、それです。

 

上記の有効利用方法の多くはロードバイク仲間が所有する、軽ワゴンターボ若しくは小型車ワゴンからのモノです。

 

理由は便利で安くて狭い道も運転しやすい、それだけしかありません。

 

⇒そんな軽ワゴンや小型車が多くある大手中古車店を確認する【利用無料】

 

実はもう1つメリットがあるんです。

 

住まいでない場所(車)に「好きなだけ独り居れる」、その空間と時間は貴重であると考えています。

 

だからでしょうか?

 

住まいに入る前に駐車場にある車でリラックスするクセが付いてしまったようです。

車所有とカーシェアまとめ

個人的に国内外のレンタカー(含むカーシェア)は仕方なく使っています。

 

理由は、いつも違う車なら運転に気を使い過ぎる、少し疲れる、好きになれない、だからです。

 

車所有の理由は、これらです。

 

自分だけが使える車

車に対する愛着が湧いてくる

車に「今日もよろしく」とアイサツしてしまう仲の良さ!?

どんな天候でも24時間使える便利さ

いつでも何にでも使えるので車維持コストはペイできる

 

車に対する感情や便利さは愛車だから湧き上がっても、カーシェア(レンタカー)にはありません。

 

アナタはどう考えますか?

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー