車を全額ローン購入するなら払わなくても良いお金まで払うことになります。

 

アナタが払う利息が金融機関を食べさせていることになっていますから、本当に頭に来ます。

 

そんなローンを使うのは仕方ありませんが、少しでも出費を減らしたいですよね?

 

頭金なし・全額ローンで少しでも損をしない方法をお伝えします。

買ってからも不安のない中古車選びのコツ
中古車購入でよくある失敗はつぎの3つです!
  • 買ってすぐ修理が必要になった
  • 修理に対する保証が不十分だった
  • 中古車屋の対応とても悪かった
こんなとき返品OKのサービスを使えば安心です。

返品OKの中古車探しの詳細を見る

なびくる+

頭金なしの全額ローンが得な訳

アナタに貯金があってもなくても、車の現金払いは勧めません。

 

理由はデフレ時代の今は金利が安く、しかも車ローン元金も小さい、そしてローン期間も数年と短いのでローン総額の中で金利はとても小さい部分でしかありません。

 

そうであれば、手元にお金を残しておけるなら絶対にいつかどこかで有効活用できるからです。

 

加えて、ローン金利は100%固定で決まり切ったものでなく、車ディーラーの経営会社によって差があります。

 

つまりローン金利にはディーラーや中古車店の取り分、利益が入っているので金利値引交渉もできるんです。

 

⇒関連記事「車ローンで得する借り入れ方法!金利値引交渉術」

車の諸費用もローンにできる

車本体価格+税金+手数料関係の諸費用全てがローン可能になります。

 

ただし、車には毎月、駐車場、ガソリン、その他維持費が必要となるので、その分はローンと別に用意しなくてはなりません。

 

もう1つは、ローンで支払えない任意の自動車保険にはどうしても加入して下さい。

 

車所有者に加入義務がある自賠責保険だけでは、万が一の補償には不十分すぎます。

 

シツコイ様ですが自賠責保険だけでは万が一の事故補償に不十分であり、弁護士費用だけで全て使い切ってしまうでしょう。

 

あなたが大きな事故の加害者になったのであれば億単位のお金が必要になるケースも考えられ、任意保険加入は120%必要、そうご理解下さい。

 

そんな中古車ローンには諸費用+数か月間の車維持費も含められます。

 

大手中古車販売店での購入なら、長期保証はもちろん、ローン相談に応じてもらえます。

車販売店がローン客を大歓迎する理由

ローンのお客がどうして大歓迎されるの? 

 

そう思ったアナタは、ここをお読みください。

 

新車ディーラーも中古車店でもカンタンにローンが組めるのには理由があると思いませんか?

 

ローンのお金は新車ディーラーや中古車店が出すのではありません。

 

信販会社が販売店側にアナタのローン代金を支払い、アナタは信販会社にローン返済するシステムです。

 

そしてローン完済されるまでは車検証の所有権名義はアナタではなく信販会社となります。

 

販売店は信販会社にアナタをローン顧客として紹介、その見返りに手数料が入る仕組み&ビジネス関係と考えて下さい。

 

従ってローンを利用するアナタは販売店と信販会社両方から感謝される図式になりませんか!?

 

だから、ディーラー、中古車店でローンがカンタンに組める、、それが理由なんです。

 

それに反して、銀行オートローンはアナタ個人の信用力に対してお金を貸すシステムなので大変なんです、借入承認されるまで4週間はかかるでしょう。

使ってはダメなローンの種類

絶対に使ってはダメなのは消費者金融や銀行カードローン、自社ローンそして「残価設定ローン」と必ず覚えておいて下さい。

 

消費者金融やカードローンなら金利18%もあるのでダメなのはお分かりでしょう。

 

そして残価設定ローンがダメな理由はこんな問題を抱えているからです。

 

  • 残価設定ローン金利は車の半分にではなく、初回支払から車全体100%に対する金利を払うシステム
  • 残価設定ローン1.8%でも、トータル支払では高い金利となる
  • 3年後に約束の金額で車を買い取ってもらえない問題が多発している
  • 残価設定ローン期間中は走行距離が決められている、傷つけられない、カンタンなパーツも取り付けられない、結果として車を楽しめない

 

残価設定ローンは車値引きほとんどゼロ、走行距離も決まっている、車にキズを付けれない、結果的にとても損なローンであるとお考え下さい。

 

残価設定ローンは新車ディーラーでも中古車店でも利用できますが、ローン期間中は安い支払いで返済が楽になるとのうたい文句とは大違いで支払リスクが高過ぎます。

 

そんな残価設定ローンの高金利、買い取り価格問題が原因の自己破産がアメリカでは社会問題化し、日本もそれが進行中とお考え下さい!

 

ちなみに、アメリカでは第二のサブプライムローンと呼ばれているのが残価設定ローンなんです。

 

最後に金利0%をエサにしている自社ローンは保証人を要求し、万が一には保証人に被害が及ぶので止めてください。

 

さらに自社ローンの車は意図的に高額な値札を付け、保証もほとんどありません。

使っても良いローンとは

銀行ローンやディーラー&中古車店で扱う信販系ローン(クレジット)なら安心して使えます。

 

  1. 新車ディーラーローンであれば金利3%、4%、5%、6%、7%
  2. 中古車店のローン金利9%、10%
  3. 銀行オートローン利用なら金利は安く2%、3%前後

 

金利が高い店では必ず金利値引をする、金利が低い店なら車両&オプション値引交渉を忘れずに!

 

新車ディーラーや中古車店でのローン(信販クレジット)の審査時間は5分から1時間以内であり、3月、9月、12月であれば金利数%値引するキャンペーンも行っています。

 

車所有権が初めからアナタ名義なので、ローン途中でも高値売却も可能となります。

 

ローンを組むなら銀行系が良いので、現在の金利を確認してください。

 

⇒銀行系カーローン:現在の金利を確認する

 

ローン頭金なしは当たり前

新車ディーラー、中古車店で扱う信販系ローンはたった数分の審査で利用できてしまうのをご存知でしたか?

 

そんな信販系ローンなら頭金ゼロ円でも利用できてしまいます。

 

理由は、ディーラーも中古車店も、アナタにどうしても車を買ってもらいたいから、そしてローンを受け持つ信販会社はアナタにどうしてもお金を借りてもらいたいから、、です。

 

カンタンに言えば、販売側はお客様がどうこうより、売上を上げたい、それしかありません。

 

アナタはそんな売りたい気持ち満々120%のお店&信販会社を利用してあげれば良いだけなんです。

 

若いアナタがローンを組むのは、マイホーム購入の大変さをイメージしてしまうかもしれませんね?

 

マイホームローンならば銀行のキビシイ審査が行われるのはもちろん、高額な頭金、毎月の返済、ボーナス返済に頭がパニックになるでしょう。

 

特にマイホームは借入金3,000万円、金利1.8%、ローン期間が35年と長いので、たった0.1%の金利差が、大きな返済額の差となってしまうので、みんな真剣なんです。

 

それが車のローンであれば借入期間は3年、5年と短期間なので、マイホームローンで頭を悩ます金利からの支払総額差ほとんど無い状態です。

 

さらに住宅ローンにあるような保証人は不要です。

 

新車ディーラー、中古車店のどちらであっても、3年や5年の短期車ローンならカンタンに借り入れ手続きが出来てしまうでしょう。

 

中古車専門店ならディーラーでは無理なクレジットカード一括払いもカンタンです。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

 

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが利用してよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】