最近に見る「車購入クレジットカード記事」等々に違和感があるので書かせて頂きます。

 

全て実体験ふまえた内容です。

 

初めに結論です。

 

「クレジットカードは車購入に使える」

「新車購入なら数十万円程度の頭金に使える」

「新車ディーラーなら整備費用&アクセサリー購入に使える」

「中古車なら全額支払いにも使える」

 

それらを踏まえ、もっと便利に使えるクレジットカードをお伝えします。

 

さらに便利だけじゃない「注意点」も知って下さい。

 

きっとお役に立ちます。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

クレジットカード全て車購入に使えるのに

どのクレジットカード会社に電話しても「車購入にお使い頂けます」、そう返事がありました(2016年)。

 

2019年の現在も同様です。

 

カード会社はOKなのに、車販売会社によって使える&使えないがあるのはナゼでしょうか?

 

カード会社と車販売会社の立場の違いで、使える&使えないがあります。

カード会社の立場とは

カード会社はどんな買い物にも可能な限りカードを使って欲しい、それに間違いありまん。

 

理由は約5%のカード利用手数料が販売店側から支払われるからです。

 

従って、ユーザー問い合わせに対して、いつも必ず同じ返答となります。

 

「弊社カードはどのような買い物&お支払いにもお使い頂けます」

 

では新車販売店ならどうなんでしょうか?

新車販売店の立場とは

新車販売店では、過去に2回カード支払いをお願いしたことがありました。

 

その経験から学んだことは今でも忘れていません。

 

国産車ディーラーと外車ディーラーに分けてご説明します。

国産車ディーラーの対応

これら内容を2つの国産車ディーラーから言われました。

 

販売店側 「カードは新車ご購入にはお使い頂けません」

 

私の質問 「それならどうしてカード宣伝がカウンターにあるの?」

 

販売店側 「車検費用の一部やアクセサリー購入にカードはお使い頂けます」

 

上記の質問応答でよーーく分かることがあるんです。

 

それはこれらです。

 

  • 新車販売利益が少ないので、カード手数料5%を支払うと儲からない&アウト
  • 車検費用や修理そしてアクセサリー販売は利益多いのでカード手数料5%払っても儲かる

 

そんな中でも車頭金として数十万円ならカード支払い可能とも聞きましたが、その分として値引が渋くなる可能性もあるので注意が必要です。

 

次は得意な!?外車ディーラーの場合です。

外車ディーラーの対応

昔ならBMWがカード対応していた時代がありましたが、今はBMWに限らずベンツももやっていません。

 

もしかしたらランボやフェラーリならあるかもしれませんが、そちら方面は未経験なので分かりません。

 

この記事を書くためにロードバイク仲間の輸入車販売員に聞きました。

 

「基本的に新車購入でカードは使えません」

「車検なら法定費用以外はカード支払いできます」

「部品交換やアクセサリーパーツ購入ならカードが使えます」

 

途中結論です。

 

新車購入でカードは使えません。

 

理由は新車仕入れ価格が高いので、販売店側がカード利用手数料5%負担すれば儲からない、それです。

 

では中古車店ならカードは使えるのでしょうか?

クレジットカード使える中古車店のナゼ?

中古車利益は新車利益より大きい、カード手数料5%払っても儲かる、だからOK!

 

違う言い方をすれば、こうなります。

 

  • 新車に定価があっても、中古車に定価は存在しない
  • 中古車あるのは定価ではなく、適正であろう販売価格である
  • 中古車販売価格には新車販売より高い利益が含まれる

 

そうであれば中古車購入にクレジットカードを使うしかありません。

 

値引はもちろん、保証期間延長を無料で付けてもらうしかありません。

 

次はカード支払いのメリットです。

カード支払いのメリットを考える

カード支払ならポイントバックを中心に、これらメリットがあります。

 

  • カードを締日翌日に使えば、最大1カ月~2カ月の支払い猶予になる
  • 大量ポイントが得られる

 

上記メリットはカード支払いだからこそ可能になります。

 

ではデメリットはないかといえば、1つあります。

 

カード分割支払いをしてはダメなことです。

カード支払いのデメリットが怖い

カード支払いでしてはダメなのは分割払い&リボ払いです。

 

理由は、分割&リボ払いは15%など超高金利だからです。

 

リボ払いで車購入すれば、車値引き交渉も大量ポイントも全て帳消しどころか最終的にマイナスになるしかありません。

 

それらカード支払いリスクをお伝えした上で、メリットあるカード利用実技編をお伝えします。

カード利用限度額を変更できるか

車購入金額に満たないカード利用限度額なら、こんな方法があります。

 

  • カード利用限度額を一時的にアップする
  • 2枚のカード同時に使う

 

上記は実践済であり問題ありません。

カード利用限度額アップの方法

カード会社に直接に電話して、これらを伝えてください。

 

「〇月〇日頃に高額商品の買い物があります」

「利用限度額を一時的に〇〇万円アップしてください」

 

カード会社としては、多く買い物をしてくれれば助かる。

 

従って問題なく認められるリクエストとお考え下さい。

カードを2枚使う方法

カード利用限度額アップしない代わりに、2枚のカードで支払う方法です。

 

2枚のカード利用限度額で車購入可能なら、販売店側にその旨を伝えれば問題ありません。

 

そんなカード支払いだからこそ、忘れてダメなことがあります。

全額カード支払いでも値引交渉は必ず!

カード支払いなら大量ポイントゲット+利用金額引落1か月後でも値引交渉はお忘れなく!

 

車両値引、納車費用値引、そして中古車にこそ大切な「保証期間」は延長してもらいましょう。

 

もしそれらに応じてもらえなければ一言!

 

「クレジットカードじゃないと買えないので、今回は購入中止します」

 

販売員は高い確率で、こう対応してくれるでしょう。

 

「分かりました、お客様に限りお値引き条件をお受けします」

 

どうしてそう対応してくれるのでしょうか?

 

理由は簡単です。

 

カードには信用がある & 支払い能力がある

信用あるカードでの車購入なら本気だ

本気の車購入なら可能な限り譲歩する

 

クレジットカードっていろんな意味で使える、そうご理解ください。

 

そんなクレジットカード全てが使えるのは大手中古車販売店しかありません。

 

大資本の大手中古車販売店ならカード利用だけでなく、長い保証期間と広い保証範囲を売りにしています。

 

⇒大手中古車販売店の最新在庫と保証内容を確認してみる【無料】

 

ではまとめです。

車をクレジットカード購入するまとめ

マイホームの次に高額な車をクレジットカード購入するなら大量ポイントゲットになります。

 

しかし、カード引落日のショックは小さくありません。

 

従って利用日はカード締め日以降、そうすれば1~2か月後の引落なので少しは精神的な余裕になります。

 

その間ゲットした大量ポイントを楽しみに使えば、さらに余裕=得した気持ちになると考えます。

 

いつも最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】