ディーラーの良い営業マンを探す方法:サムネイル

アナタが探している車の良し悪しの90%以上は営業マンとディーラーで決まってしまうのをご存知ですか?

 

車の良し悪しとは値引やアフターサービス含め全ての意味においてです!

 

私は10人以上の新車&中古車営業マンから15台の車を買いましたが、本当の意味で親身になってくれたのはたった1人だけでした。

 

アナタもそんな営業マンと出会えたなら、車の趣向性や値引幅など関係ないと思えるほどのウレシサを感じられるでしょう、私の様に。

 

読み時間3分です。

ネットでも良い営業マンを探せます!

最近はネットで買い物するということは当たり前になりましたが、一昔前は「ちゃんと商品が届くの?」なんてことがありましたよね。

実は車についてもネットで探すということが当たり前になりつつあります。ネットから欲しい車情報を入力すると、担当者が車情報を探してきて提案してくれるようになったのです!

しかもネットだから店舗費用など別途かからないからなのか、最長10年保証を付けられるために、実店舗で探すよりも条件が良いということで時代の変化を感じますよね。

もし、あなたが良い車選びをしたいと考えているならば、ネットでの車探しを試してみてはいかがでしょうか。

⇒最長10年保証!ネットでの車探しの詳細を見る【利用無料】

ディーラーの良い営業マンを探すことが車購入を成功させる秘訣

アナタが良い営業マンと出会えれば最新クルーザーに乗ったようなものです。

 

逆に悪い営業マンなら廃棄寸前の手漕ぎボートかもしれません、、沈みます。

 

営業マンには2通りしかありません。

 

  1. アナタの車購入で契約書にハンコを押すまで一生懸命な営業マン
  2. アナタが車購入した後も電話、メールなどで細かいフォローをしてくれる営業マン

 

車購入後、どれだけ安心して快適に乗り続けられるかどうかはアナタのストレスない精神状態に起因します。

 

そんな2通りの営業マンで10%しか存在しないのが2番です。

 

車購入後もコンタクトしてくれる、フォローしてくれる営業マンです。

良い営業マンならこんなに楽になる

ストレスない精神状態での運転には営業マンのアドバイスやサポートが必要です、こんな風に。

 

  • 車操作方法など分からないことの全てを親切に教えてくれる
  • 万が一の故障や事故には万全の態勢で対応してくれる

 

車初心者の精神状態をクリアにストレスなく保つためには様々な操作方法アドバイス、万が一のトラブル対応、定期&不定期なアドバイスをプロにしてもらえることです。

 

車初心者はモチロンそうですが、車経験が豊富になっても、そして高齢になればなるほど適切なアドバイスとケアが必要になってきます。

 

でも&しかし、多くの営業マンは上記1に属しているらしく、車購入後は2度と連絡がない、そんな人達ばかりでした。

良い営業マンは売るばかりではない

定期点検ふくめアフターの連絡はディーラーから来ても、全て専任部署の人からだけでした。

 

こんな時代だから労働時間短縮、残業を減らす等を会社が指導している、だからそうできない営業マンもいるのでしょうか?

 

私の車をケアしてくれた30歳後半の彼は、車購入から7年以上経過しても変わらずにサポートしてくれていました。

 

そんなディーラーや営業マンにどうすれば出会えるんでしょうか?

 

まずはお店の見分け方からお伝えします。

良いお店の見分け方

お店の規模と良し悪しは関係ありません。

 

これらが良いお店に共通しているポイントです;

 

  • 明るいエネルギーに溢れている感じを受ける
  • 全社員が明るくアイサツをしてくれる
  • 店内の全てが整理整頓されている
  • おトイレが完璧に清掃されている

 

今でも覚えている某ディーラー店内は薄汚れ、営業マンはくたびれていて、値引、値引しか伝えてこない、車の良し悪しは二の次や三の次でした。

 

疲れて気力もないのか視線もほとんど合いません、姿勢が悪かったのも覚えています。

 

まぁあ良い車を安く買えて良かったのですが、3年後の下取り価格は約1/3、そんなことから同メーカー店舗には二度と行きたくありませんでした。

 

現在そのメーカーも頑張って素晴らしい車を開発し続けていますが、やはり昔のイメージが真っ黒に焼き付いているので足が向きません。

 

でもCX-8は気になるなぁあ、あっ言ってしまいました・・・。

 

次はメインの良い営業マンの見分け方をお伝えします。

良い営業マンの見分け方その1

まず営業マンの目を見ます。

 

営業マンなのに視線が合わない、真っ直ぐ見てこない人には疑問を持ってしまいます。

 

どんな業種であっても、相手の目の動きを中心に人の気持ちを察しようとするのが有能営業マンであり、そんな人が優秀だった、そこから学びました。

 

良い営業マンの共通ポイントです!

 

  • 背筋が伸びて明るい態度
  • 絶えず視線を合わせて気持ちを読み取ろうとする
  • 服装ふくめ全体がキチンとした身だしなみ
  • 客の意図を絶えず理解しようとし、適切であろう質問と返答をしてくれる
  • 車用途でも多方向からアドバイスをくれる、お節介にならない程度に
  • どんな質問もはぐらかさずに答えてくれる
    ※即答出来ない質問には後日に答えをくれる
  • 簡単な口約束でも約束したことは必ず履行する
  • 購入後のアフターサービスや万が一の対応ふくめ時間をかけて説明してくれる
  • 万が一の故障や事故対応の素早さと的確さ
    ※購入後のことに関して
  • 購入後で何年経過しても不定期に「お車の調子はどうですか」の連絡をくれる

 

何か多く書いてしまいましたが、こんな人が良い営業マンです、キッパリ。

 

良い営業マンは当然ながら販売台数も多い様です。

良い営業マンの見分け方その2

冒頭に営業マンのタイプ①と②を書かせて頂きましたが内容は覚えていますか?

 

①その場限りの売り切りゴメンナサイタイプであり、1人のお客様に使う時間が少ない、結果として顧客関係が構築できません!

 

②長期間に渡り1人の顧客をフォローするので、いつか同じ顧客から再度の車購入の可能性が高まります。

 

特に②の営業マンは顧客の趣味や車趣向を熟知しているので、そんな車の発売前には必ず「〇〇さん好みのこんな車が発売予定です」、そんな情報をくれます。

 

更に、新車研修でテストコースを走った感想まで細かく聞かせてくれるので、最高です、車好きには!

 

まだ車雑誌にもネットにも存在しない情報がリアルに聞けるのはたまりません。

 

アナタの好みを熟知した車のプロが側にいればウレシイと思いませんか?

 

そんなウレシイ情報を長年もらい続けたとしても、買えるかどうかは別問題かもしれませんが・・・。

 

それでも良い営業マンは最善の努力で顧客サービスに務める、何年、10年、もっとです。

 

感謝します!

良い営業マンの見分け方その3

今回は新車ディーラー営業マンをお伝えしていますが、中古車販売店でも良い営業マンはこうです。

 

試乗を3回、4回と続け何時間も対応してくれるのが良い営業マンです

 

偏見はありませんが、個人店より大手中古車販売店の方が対応の良い営業マンが多かったと記憶しています。

 

そんな中古車店の良い営業マンは、在庫車を洗車する際には外装と内装を確認しながら行っています。

 

もちろん店舗敷地内への車搬入や移動でもハンドルを握るので、サイドブレーキ具合やエンジン音、そしてハンドル操作の良し悪しも意識的に感じる様にしている、そう中古車店で聞きました。

 

それらを積極的に行っているのが中古車店での良い営業マンなんです。

 

そんな営業マンが良いと定義する理由です。

 

  • 車を知らなければ売れない、お客様の要望に応えられない
  • 車の良し悪し含めお客様に伝えられれば信用される&売れる

 

アナタの中古車選びでは、どんなお店、どんなサービス、そしてどんなレベルの営業マンなのか要チェックです。

 

さらに中古車店自体の規模も絶対に必要です。

規模が大きい販売店が良い理由

資本力がある大手中車販売店なら、こんなメリットがあります。

 

  • 大量在庫から好みで選べる、
  • 毎週のように車仕入れをしているので長期在庫車がない、
  • 2週間以上の在庫車はスグにオークションに出品される(いつも新鮮!?)
  • 長めの保証期間と広め保証範囲なので安心要素が多い、

 

資本力があればこうなります。

 

大量に車を仕入れられる、

販売の営業マンは客が望むであろう車を大量在庫から勧められる

仕入れた車でも約2週間単位で入れ替えが行われる(いつも新鮮)

 

⇒大手中古車販売店の非公開車と保証内容を確認してみる【利用無料】

 

※非公開車とは仕入れて7~10日以内のフレッシュな車。

 

次は、こんなディーラーと営業マンはダメ、そんなお話です。

お付き合いしてダメなディーラーと営業マン

このダメダメ内容が頭に浮かぶだけで気分が良くありません。

 

それくらい悪い印象が残り、頭に黒く焼き付いてしまいました。

 

  • お店が汚れている&店内が明るくない
  • 特におトイレは最低
  • 葉遣いがあまり丁寧でない&言葉にエネルギーが感じられない
  • 服装が乱れている
  • 全社員に忙しさと疲れがにじみ出ている
  • 営業マンがソワソワしている&視線があまり合わない
  • 何をするにも大変そうにしている

 

上記のようなディーラーもたまにありました。

 

私はこんなディーラーからついつい新車を購入してしまったんですが、営業マンと2度と会うことはありませんでした。

 

定期点検の連絡も来ない、2年半後の売却では新車価格の約1/3にしかならず、ザンザンでした。※300万円が約100万円でした。

営業マンがダメと感じたら違うところで探すことをおすすめ

もう1度お伝えします。

 

アナタの近場で良い店がなかったとしても、上記の様なお店と営業マンは絶対にダメです。

 

従って20キロ離れていても別の店にトライしましょう。

 

車購入する側とすれば、もし何かトラブルあっても近い店なら安心&便利、そう誰も考えるのは普通です。

 

でも&しかしトラブルに必要なアフターサービスも同様にダメな可能性があります。

 

私を良くケアしてくれた営業マンの店には、「全国車整備士技術大会〇位」など賞状(トロフィー)があったのでメンテでも120%安心でした。

 

その辺もチェックしてみてください。

その気にさせる営業マンとは?

買ってやりたいは少し横柄な言葉ですが、そんな気持ちにさせてくれる、ウレシイ気持ちにさせてくれる営業マンのお店なら、車もアフターも全部信用してしまいます。

 

営業マンが良くても車が嫌いなら別ですが、そこそこ気持ちよく買えて安心して乗れることは車を選ぶ基準であり、人間らしい考え方です。※個人の意見

 

ある営業マンなどは、「〇〇さんと同じロードバイクを趣味にしました」そう連絡をくれました。

 

ディーラーをふらっと訪れると整備工場内に置いてある同僚営業マン達のロードバイクまで見せてくれ、サイクリング話に花が咲きました、とても嬉しかったです!

 

車は好きでも、車+気持よいサービスにお金を使う、そう考えればより大きな満足を覚えるのは人間だからなのでしょうか?

 

こんな私と同じように感じる人達も多いと考えます。

 

だからそんな営業マンは優秀なセールスマンであり続ける訳です。

 

日用品を買うだけなら販売員やモノにも固執しないでしょう。

 

しかしアフターサービスが伴う高額商品の車であれば、形のない付加価値というサービスを求めるのは人間に共通の意識であると考えます。

営業マンから7年間もの心遣いとは

どんなビジネスであっても、まず相手を思い遣る、それが基本なのではないでしょうか?

 

私はそう考えています。

 

私の営業マンは7年間ずうっとこうでした。

 

だからこんな営業マンから「車を買いたい」「あなたから車を買いたい」、そうなります。

 

  • 購入した車に問題があろうとなかろうと連絡をくれる営業マン
  • 雨に日には駐車場までカサを差し出して気遣ってくれる営業マン
  • 車の修理では自宅まで送り届けてくれる、代車を手配してくれる営業マン

 

その7年間ケアしてくれた営業マンは、成田空港へ向かう途中に不具合になった車にこんな対応をしてくれました。

 

  • 「お車を預ける駐車場名と電話番号を教えてください」
  • 「駐車場の係員に弊社名と私の名前をお伝えください」
  • 「私が車を取りに伺い、検査&修理完了した後に駐車場へお戻しします」

 

スゴイことです、あり得ません、でもそうしてもらえました、感謝&感激!

ファンになれる営業マンが最高

もう一生アナタからしか車は買いません! そうなった経験談です。

 

多くの気遣いをしてくれる営業マンのいるディーラーに出会えれば、とても幸せだと思いませんか?

 

絶対に幸せな&ウレシイ気持ちになります、断言!

 

それ以外でも値引やアフターなど全ての相談に乗ってくれるので、車に対する不安の全てがなくなってしまいます。

 

だから、日々、何も心配しないで、ただただ運転を楽しめる自分があるんです。

 

そんな素晴らしい営業マンと出会えたおかげで、少なくとも車関係では7年間なにも悩まずハッピーな自分となりました。

 

⇒良い営業マンと整備士のいるお店か確認してみる【利用無料】

ディーラーの良い営業マンを探す方法:まとめ

絶対に良い営業マンを見つけてください。

 

そうすれば車は二の次になるかもしれません。

 

良い営業マンを見つけるには、多くの店を訪れてトライ&エラーを繰り返すことも必要です。

 

そんなトライ&エラーでは、アナタがこうすれば成功確率がアップします。
※経験済

 

  • ディーラーへ出向く前に予約の電話をする
  • 〇月〇日の〇時からこの車を見せてほしいと伝える
  • 「よろしくお願いします」、そう言って電話を切る

 

これだけすれば、ディーラー側は「買う気がある客だ」「良い営業マンを手配する」、そうなります。

 

この方法で何店舗か確認するだけでOKです。

 

アドバイスとしては希望車種を調べて購入予定価格、用途などを即答できるようにしておいてください。

 

それらを即答できれば営業マンはアナタを見込み客として評価してくれます、良い車をススメてくれます、営業マンの良し悪しが分かります。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー