車検切れ近くで新車購入、しかし納車が遅れてしまう・・・

 

そんなあせる経験はアナタだけではありません。

 

納車遅れが原因で代車が必要になっても、借りられる人とそうでない人がいるのをご存知ですか?

 

それは押しが強い弱いとは全く関係ありません。

 

ディーラーによって代車自体を持ってないとこもありますが、それでも借りる方法はあるんです。

 

アナタが万が一の納車遅れに直面しても、とても役立つお話をさせて頂きます。

 

読み時間は2分以内。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

納車遅れと代車はセットではない

多くのディーラーでは納車遅れによる代車サービスはなく、万が一の場合だけに限られます。

 

つまりアナタへの納車が遅れたとしても、100%代車を手配しくれるとは限らないということです。

 

もちろん納車遅れ以外で緊急性あるものなら、代車でも何でも出してくるのかもしれませんが、それはディーラー次第、交渉次第。

 

そんな何々次第の意味はこうです。

 

ディーラーとして営業コストを最小限に抑えたたい、

万が一の代車での事故をリスクを受けたくない、

 

その2つがある、だから交渉次第なんです。

 

次に、新車納期遅れで代車を借りられるであろう期間と、代車を絶対に借りる方法を順にお伝えします。

代車を借りられる期間とルールとは

代車の貸出期間に決まりはあるのでしょうか?

 

基本期間ありませんが、それが一カ月以上に及ぶことは絶対ありません。

 

ハッキリした理由は伝えてもらえませんでしたが、これらに違いナイ!です。

 

  • 長期間の貸し出しで車がダメージする可能性、
  • 万が一の代車事故を恐れている(保証問題)、

 

ディーラーはそれらリスクも考えながらの代車なのでしょう。

 

アナタが慣れていない車なので、代車期間が長ければ長いほどに事故確率が高まる可能性は想像にかたくありません。

 

事故の次にディーラーが嫌がるのは代車に関わる費用です。

 

代車をあまり供給したくない、代車を持たないディーラーでの借り方、交渉方法を次で伝えします。

下取り車をディーラー名義にして代車とする方法

納車待ちのアナタに下取り車があれば、この方法で代車をゲットできます。

 

アナタの下取り車を先に買い取ってもらい、買い取ったディーラー名義で車検を通す方法。

 

これでアナタは気兼ねなく?元愛車を代車として使えます!

 

慣れ親しんだ愛車を代車にするなら事故なんて確率論の計算ではありませんか?

 

慣れ親しんで元愛車を代車にする!

 

とても良い方法です。

 

インタビューした国産ディーラー数件で対応可能とありましたので、アナタがディーラーに申し込めば成功の確率はとても高い、そうなると考えます。

 

ただしディーラー名義に変更してあるのでアナタの任意保険は使えません。

 

次の方法は無料となりませんが、どうしても代車が必要な時には使えます。

ディーラーで格安車検をしてもらう方法

アナタが購入した車納期が予定以上に遅れている、そしてアナタの愛車はスグ車検切れになってしまう・・・。

 

それでもディーラーでの代車手配がムズカシイ、そうなら格安で車検を通してもらって下さい!

 

ディーラーは新車を契約&買ってもらった恩があるので格安車検の確率はとても高い、そうなります。

 

格安車検を通すことも国産ディーラーでたまにあることだと聞きました、使えます!

 

さらに任意保険が有効ならそのまま使えるので、万が一の事故でも安心になります。

 

そんな上記の「たまにあること」は少し意味深い言葉です。

 

つまりアナタの交渉次第ともなるからです。

 

アナタは下取り車を先に買い取ってもうら方法を選びますか?

 

格安で車検を通してもらう方を選びますか?

 

次は代車供給してもらえる「最強兵器」の登場です。

注文書に代車供与条件を明記する

全国ディーラーに代車サービスが普通にあるとしたら、人手とコスト、そして万が一の事故リスクまでも考えなくてはなりません。

 

それはディーラーに取って大変なリスクとなります。

 

従ってアナタの新車契約時に、「新車納期が〇月〇日以降になれば代車供与開始」、と初めに交渉できれば納車遅れもあまり気になりません。

 

一番良いのは注文書の備考欄に代車供与開始を明記してあれば完璧です。

 

アナタは営業マンに強く要求するのは苦手ですか?

 

もしアナタが優しい人でも営業マンに強く何かを要求して構いません。

 

それはディーラー営業マンの多くが、強く要求をしてくるお客にはサービス含めシッカリ対応するからです。

 

従ってオトナシイ何も要求しないお客であれば値引もしない、代車サービスも渋る&しない、そう確率大となる、そうお考えください。

 

そんな客ごとに対応を180°変えてくるのが営業なんです。

 

代車が必要になってから営業マンに頼むより、車注文(契約時)の備考欄に明記してもらうことを頼む方が10倍簡単&楽です。

 

間違いありません。

代車手配のテクニックまとめ

新車の納期遅れで、国産ディーラーから代車を簡単に借りる方法をお伝えしてきましたが、アナタの代車要求の強さでも借りる、借りられないがあります。

 

ディーラーごとで、代車の用意が有る無しマチマチであるお話はさせて頂きました。

 

しかし、ディーラーでは代車として登録されている車がある訳ではありません。

 

ディーラーとして代車サービスをするか、しないか、それだけです。

 

代車含め、アナタが少しでも良い条件で新車へ乗り換えができることを願います。

 

最後まで、お読み頂き本当にありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー