昔からの業界言葉で、「査定ゼロ円であっても価格はある」を知っていますか?

 

まだ走れて車検があって価値ゼロ円はありません!

 

そんな査定ゼロ円の車にはアナタの知らない価値がある、そのお話をします。

査定ゼロの中古車でも価値はある

ディーラーで下取り査定ゼロであっても、買取専門店なら自動車税還付とリサイクル料金を戻してくれる場合があります。

 

ただし、買取専門店へ売却する場合には2つのケースがあります。

 

  • 自動車税還付とリサイクル料金部分が査定額に含まれる、
  • 別途で支払われる、

 

したがって買取業者がアナタへどうお金を払うのか、その事前確認が必要です。

 

査定ゼロ円ではない、買取額がある場合には下記に注意をしてください。

 

ディーラー下取りより買取店の方が高い査定額でも、書類にある自動車税とリサイクル料金を差し引くと、実は買取店の方が全然下だった、、、。※この逆パターンもあります。

 

「買取店の査定明細はシッカリ確認する必要がある」、それを次でお伝えします。

査定ゼロ円の見積にはワナがある

査定ゼロの車はありません、そうお伝えしました。

 

そんな査定ゼロの見積もり書に、とんでもない手数料を取るディーラーや買取店があるのを知ってください。

 

アナタがディーラーで査定ゼロと判定された見積もり書を見ると、こんな手数料が書かれていました。

 

  • 下取り車手続き代行費用  8,650円
  • 査定費用           9,800円

 

お分かりと思いますが、査定ゼロ円なのにこんな費用が車見積もりに平気で書かれている現実、こんなワナにはまってはいけません、絶対に。

 

人生の中で、大金を払って何かを買う機会はそんなに多くないので、こんな誤魔化しがあるのかもしれません。

 

知識がない人をダマして金にする、そんな人達のワナにハマっては絶対にダメです!

 

アナタは見積もり書、注文書(契約書)の隅々まで時間をかけて確認する必要があります。

 

そして不明と感じる部分の全てを質問することが大切です。

どんな車も10万円下取りキャンペーン

そんな車下取りや売却で価値を低く見積もられたり、不当な手数料を請求されることは車業界ではよくあります。

 

そんな中、ディーラーならこんなキャンペーンが年に数回あるので見逃してはなりません。

 

  • どんな下取り車でも10万円で引き取ります!

 

アナタは下取り査定ゼロ円とされた車があり、新車へ乗り換えをするなら大チャンスです!

 

少なくとも、ディーラーや買取専門店とシビアな価格交渉をしないで済む、査定ゼロ円を心配しなくて済む、それだけでも楽になると思いませんか?

 

しかし10万円の下取りだけで喜んでいられません。

 

その金額が15万円、20万円、25万円にもなる楽な交渉術をお伝えします。

下取り車は新車を買う証拠になる

下取り車があって新しい車を探しているアナタは、「買う気があるお客様」、そうディーラーに認識されます。

 

一律10万円の下取り車でも、他の買取業者と交渉すれば、さらなる高額査定もあるでしょう。

 

でも&しかし交渉することだけに大きな時間とコストをかけたくありません。

 

その場合は買取専門業者に見積もりしてもらいます。

 

買取業者の金額をディーラー下取一律10万円と比較し高い方に売る、それだけです。

 

そうすればアナタは新車値引交渉だけに注力できる、そうお考えください。

 

しかし、愛車をさらに高い15万円、20万円で売る方法があります。

車を高く売る交渉が不要になる訳その1

アナタが嫌いかもしれない一括査定業者3人か4人を同時もしくは同じ日に呼んで査定をしてもらう方法があります。

 

どうして交渉なしで高く売れるかは簡単な話です。

 

査定する人とアナタの1対1では直接交渉になるので、高値売却には車知識&交渉技術が必要になります。

 

しかし査定士3人や4人対アナタ1人なら、3人や4人全員が車を買い取りたい、その為には可能な限り高い買取価格をアナタに提示するしかありません。

 

その査定額提示方法はとても簡単で、査定士の名刺裏に買取価格を書いてもらうだけです。

 

アナタは受取った名刺の中で、「一番高い査定額に人に連絡します」、そう伝えて解散。

 

もしアナタが話ベタなら、複数人数での同時査定が苦手ならこの方法もあります。

車を高く売る交渉が不要になる訳その2

査定士を別々の時間や日に呼んでください。

 

そうすれば1対1なので複数人によるプレッシャーはありません。

 

実はその方法であってもアナタが個別交渉することにはなりません。※世間話程度はあります

 

理由は査定士が来る度にアナタがこう伝えるからです。

 

  • 今日は(今週は)あと〇人の査定士がきます。
  • その〇人の中で一番高い査定額の人に売ります。

 

この場合に少しだけ査定士と話をすことになっても、1人1人と価格交渉する必要は全くありません、逆に交渉してはダメです。

 

査定士全員が疑心暗鬼となることで他の査定額が気になる、査定額で他に負けたくない、だから可能な限り高値査定を付けようとするのは間違いありません。

 

真面目にとても使える方法です。

 

⇒短時間で楽に高値売却可能な一括査定を確認する

車が高く売れる意外な理由

3人や4人の査定士を呼ぶと提案しましたが、一度に5人や6人呼んでも構いません。

 

理由は査定士には専門性ある人が多くいるからです。

 

まぁあ大型トラックや特殊車両買取の担当者もそうかもしれません。

 

さらに輸出用車両買取を専門にする人なら廃車予定の車、事故車、水没車などなんでも査定し値段を付けてくれます。

 

もしアナタが呼んだ査定士の中に専門性がある人が居れば、全く別の高額査定もある、そうお考えください。

 

査定に専門分野があると言うことは、「売り先が違う」、売り先が違えば買取価格も違う、その論理に間違いはありません。

 

そうでもなくても査定士それぞれのオートオークション価格予想、直接に車供給する顧客リストなどから少しバラケタ査定になります。

 

  • 1人は15万円
  • 2人目は11万円
  • 3人目は19万円
  • 4人目は25万円

 

査定士が多ければ多いほど高値買取の確率が上がる、それを覚えておいてください。

 

⇒高額査定の確率が高い一括査定がどうなのか確認する【利用無料】

車価値ゼロ円があり得ないまとめ

どんな古い車であっても、車検さえあれば必ず価値がある、そうお伝えしてきました。

 

それが廃車になる車であっても、重量税、そして車検残3カ月以上あれば任意保険も戻ります。

 

それよりも一括査定なら専門性の違う査定士による高額査定が可能になります。

 

廃車1万5千円が10倍やもっとになる、それは輸出用など査定士の専門性の違いからです。

 

この記事を参考に、アナタの愛車が5万円、10万円、20万円などもっと高い値段になるように願います。

 

最後まで、お読み頂き本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたいつかお会いしましょう!

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】