福祉車両を購入しても維持費は高いんだろうか? 

 

返済の必要がない助成金はあるのか?

 

そんな疑問にお答えします。

 

福祉車両購入では様々な助成金が支給されるのをご存知でしたか?

 

 

助成金はガソリン代、有料道路、駐車場、自動車関係税金等々の全てに適用されるので、福祉車両の購入前も後も何も心配することはありません。

 

読み時間は2分です。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

福祉車両を使いこなす知識

福祉車両には「介護型」「自操型」があるのはご存知ですか?

 

  • 介護型は「乗せてもらう車両」
  • 自操型は「障害者が自分で運転する車両」

 

どちらの型と運転であっても、福祉車両を購入&維持するにはとても便利な制度があるので心配無用です。

 

福祉車両をアナタご自身、ご家族のために購入しても、その維持管理に手間とお金がかかってしまっては本末転倒になってしまいます。

 

そんな福祉車両でお得になる制度をご紹介していきましょう。

 

⇒トヨタの福祉車両参考ページ

福祉車両と普通車はほとんど違わない

福祉車両には備え付け装備のスロープ、リフターがあるくらいでほとんど普通車です

 

  • スロープは車いすを車に運ぶアルミ製の坂
  • リフターは車いすを持ち上げて車に収納する電動装置

 

車に福祉と名前が付いても、一部の専用補助装置以外は普通車と何も変わりません。

 

装備にスライドアップシートや回転椅子が装着されていれば子供1人分ほど重くなりますが、燃費に影響をあたえる程ではありませんので、ご安心ください。

 

そんな福祉車両購入では新車と中古があります。

福祉車両は新車と中古のどちらが得なのか?

福祉車両購入では新車でも中古車でも国の助成金を受け取ることができます。

 

そして購入後も様々な助成金制度が適用されるので安心&安全だとお考えください。
※後半で詳しく助成金の説明をいたします。

 

それなら新車と中古のどちらがどう安く買えて便利に使えるのでしょうか?

新車のメリットとデメリット

  1. 新車はディーラー福祉車両取扱店を数軒だけ見れば比較検討が短時間にできる
  2. ディーラー専門スタッフと相談しながら細かく必要装備内容を相談できる
  3. 車を利用する人の意思を確認&反映させたベストな1台になる
  4. 最善の1台は高額になる
  5. 福祉車両を利用する人の体調変化で新しい車が必要になる可能性がある

中古車のメリットとデメリット

  1. 中古は利用者に合った装備内容の車を探す必要がある
  2. ネット検索し大手中古車販売店他で必要装備内容の車を見つける
  3. 利用者が実際に車を確認する
  4. 価格的に新車の2/3や1/2など安い中古価格で購入できる

 

新車であれば利用者にベストな1台を提供できてもコスト的には数百万円など高額になってしまいます。

 

中古なら利用者にベストな1台を探す手間と時間がかかる代わりに安く購入可能です。

 

しかし福祉車両購入では新車や中古車を選ぶのと同じくらい大切なポイントがあります。

福祉車両と利用者の体調変化を考える

福祉車両なら新車でも中古でもあまり大きな意味を持ちません。

 

理由はこうです。

 

福祉車両を利用している人の体調変化や加齢で、新たな車が必要になった&不要になった、それらが繰り返されている。

 

新車は半オーダーメイドでも、そんな新車が不要になりどんどん中古車市場に供給され続けています。

 

これから福祉車両を利用しようとする人の体調&現状をカバーしている中古福祉車両が市場に多く存在している、そうご理解ください。

 

現実として多くの福祉車両購入者は利用者の現在しか見ていません。

 

半年や1年や数年後の利用者を考えていません。

※失礼な言い方で申し訳ありません。

 

是非、アナタご自身や利用者の体調変化を考慮した福祉車両選びをお願いします。

 

次は福祉車両購入&維持での様々な助成金(助成制度)をお伝えします。

福祉車両の税金と助成金(助成制度)

福祉車両にはこんな多くの免税と減免、そして助成金があります。※助成金=返済不要

 

  1. 福祉車両購入(装備一切含む)の消費税が非課税になる
  2. 自動車取得税の減免
  3. 自動車税の減免
  4. 自動車購入資金の貸付&助成制度
  5. 自動車改造費の助成制度(マイカーを福祉車両に改造する)
  6. 自動車運転免許取得の貸付&助成制度
  7. 有料駐車料金の割引
  8. ガソリン(燃料)代金の助成制度
  9. カーフェリー料金などの割引
  10. 高速など有料道路の割引
  11. 駐車禁止規制適用除外(一般が止められないところに駐車できる)

 ※助成制度は返済不要を意味します。
※免税は一切の課税をしないこと
※減免は負担を減らすもしくは無くす

 

福祉車両に対する国の助成金(助成制度)がこんなに多くあるなら使うしかありません。

 

それら助成金(助成制度)の申請方法を次でお伝えします。

自動車税&軽自動車税+自動車取得税の減免

障害ある方が運転する福祉車両には自動車税、軽自動車税、自動車取得税が免税もしくは減免になる制度があります。※減免=税金の一部若しくは全額免除

 

減免率等はこれらです。

 

  1. アナタが 「障害者手帳交付あり」であれば全額減免
  2. アナタが 「身障者手帳交付なし」であれば各都道府県により減免率が違うので確認が必要です。

 

この免税、減免制度は新車、中古車に関係無く適用される制度です。

 

詳しくはお住いの市町村の福祉課までお問合せください

ガソリン助成金制度はとても役立つ!

障害者のガソリン助成金制度です。

 

助成金額はお住いの市町村で違いますが、例としてはこれらです。

 

  • 月額上限19,000円、
  • リッター50円補助、
  • 年間700リットル補助、

 

等々サポート内容は各自治体でマチマチです。

 

詳しくはお住いの市町村の福祉課までお問合せください。

 

さらに車タイプ別&燃費の良い車を見つけられれば助成金を有効に使えます。

 

⇒どんな中古福祉車両がいくら位なのか大まかに確認する【利用無料】

安くなる有料道路料金

少し条件はありますが、車種に関係無く有料道路が約半額になる制度です。

 

その条件です。

 

  • 傷害のあるご自身が運転される場合、
  • 重度障害者の血縁者に付き添っての運転、

 

それらに限定されます。

 

同料金割引に必要なのは、どちらかの手帳を提示するだけです。

 

  • 「身体障害者手帳」
  • 「療育手帳」

 

この制度の有効期間は2年なので、期限毎に更新することを忘れずに!

駐車禁止適用除外を使う

駐車禁止区域にでも駐車できる制度であり、車いす移動車、または障害のある方が使えます。

 

これは標章をフロントに提示すれば、駐車禁止区域でも駐車できるので安心&便利です。

 

標章(マーク)は、お近くの警察署でお問合せください。

福祉車両購入の貸付制度

ここでは福祉車両購入にとても役立つ「生活福祉資金の貸付制度」をお伝えします!

 

ここで1つだけ覚えておいて欲しいことがあります。

 

それは、今までお伝えした「助成金」と「貸付制度」は全く違うモノだからです。

 

「助成金」は税金から供出され返済義務はありません、アナタに供与されるモノです。

 

「貸付制度」は国に返済する義務があります。

 

返済義務がある貸付制度では、これらに注意してください。

 

  • 貸付金額、
  • 金利、
  • 返済期間(回数)、

 

無理のない範囲のお金を借りて、無理のない返済期間を選ぶようにお願いします。

 

では支援制度の内容です。

 

  1. 「障害のある方が通勤、通学などで購入する車の資金の一部を貸し出てくれるのが福祉資金
  2. 「雇用促進のため、障害者雇用する事業主に対するのが重度障害者通勤対策助成金

 

おわかりでしょうか? 

 

上記1は貸付であり、2は助成金です。

 

それぞれ社会福祉協議会、各都道府県の障害者雇用促進協会へお問い合わせください。

 

さらに、貸付を利用するなら金利比較がとても重要です。

 

国の貸付制度だからといっても必ず金利が低いとは限りません。

 

国と民間銀行を比較して安い方を使えれば、出費の削減にもつながります。

 

さらに不足部分があれば、保証人不要で一番の低金利、さらに担保不要の銀行ローンは使えます。

 

⇒中古福祉車両を低金利+担保不要で買いたい場合に確認する【利用無料】

貸付制度の注意点とは

国の貸付制度であってもメリットとデメリット(リスク)があることを知ってください。

 

  • 連帯保証人を立てれば無利子若しくはとても低利子になる
  • 連帯保証人なしであっても1.5%など低利子が可能
  • 貸付金額は数万円から数百万円
  • 借入に必要な期間は4週間~6週間と長い

 

国の貸付制度なので金利部分は全く問題ありません。

 

問題は無利子などで要求される連帯保証人です。

 

そんな連帯保証人は借主と同じ返済義務を負うので、万が一の支払不履行では否応なしに連帯保証人に支払請求が行われます。

 

単なる保証人と連帯保証人では天と地の差がある、できればなりたくない&使いたくないのが連帯保証人、それほどシビアな連帯保証人とご理解ください!

 

アナタの家族、親族に請求が及ぶのはリスクである、それは間違いありません。

 

従って例え有利子であろうと保証人なしの借入をお勧めします。

 

もし銀行マイカーローンで150万円を借入、金利3.0%ならこうなります。

 

借入金額 : 150万円

借入期間 : 4年間(48回払い)

4年間分の利子総額 93,648円

1か月分の利子負担 1,951円

 

毎月1,951円の利子負担なら連帯保証人なしでもやれると考えられませんか?

 

様々なご事情はあるかと考えますが、万が一に誰かが不幸になる連帯保証人は使わないでください。

 

次はとても大切な保証人の種類と役割をお伝えします。

 

本当に大切なお話ですので、貸付制度と重複します。

保証人と連帯保証人ではリスク負担が全く違う

国は福祉車両を必要とする人達の貸付にも保証人や連帯保証人を求めてくる!

 

少し腹立たしく思うのはアナタも私も同じです。

 

しかし国の貸付制度を利用するのであれば、それら保証人の種類とリスクを知ってから利用するしないを決める必要があります。

 

それをアナタがリスクを事前に知っていれば、保証人をお願いする人にも伝えらるでしょう。

 

そうすれば万が一の場合にも、家族、親族、友人たちとの人間関係を壊さない&保つ役目をはたしてくれる、そうお考えください。

保証人がはたす義務とは

少しムズカシイ言葉ですが、保証人には「抗弁権=こうべんけん」が与えられます。

 

抗弁権があれば、お金を貸した団体(業者)が保証人へ直接返済を求めてきても拒絶できます。

 

従ってお金を借りた本人だけに返済義務があると主張できる制度です。

 

しかしお金を借りた本人が行方不明や亡くなった場合は、保証人に返済義務が生じます。

連帯保証人がはたす義務とは

これが問題なのですが、連帯保証人には「抗弁権」がありません、一切与えられていません。

 

従って、お金を貸した団体(業者)が連帯保証人へいきなり返済を求めてくる場合もあります、それは法律で認められています。

 

もしお金を借りた本人が健在で財産があったとしても関係ありません。

 

つまりお金を借りた本人と連帯保証人は全く同じ義務とリスクを負っています。

 

お金を借りる側も保証人や連帯保証人を引き受ける側も、上記の説明を受けて十分に理解してから決めてください。

福祉車両の購入と売却で必要なこと

普通車購入では買う時の値引交渉、売ると時に高値売却交渉は一般的であり、誰でもしています。

 

では福祉車両はどうでしょうか?

 

福祉車両(新車&中古)売買では、それら交渉をしない人がほとんどである、そう某販売店勤務の営業マンから聞きました。

 

ナゼそうしないとか言えば、福祉車両は特殊な車、装備内容によって使える&使えない人が限定される、そう思い込んでいらっしゃるようです。

 

介護を必要とされる人&福車両を必要とされる人は大勢いらっしゃいます、どんどん増えています。

 

そんな大きな需要がある、市場があるからこそ販売店は安く中古車を仕入れて高く売ろうとします。

 

買取業者は少しでも安く買い取りたいと考えます。

 

従って、アナタが買う時にはシッカリとした値引交渉をする売る時は高値売却の努力をしてください。

 

そうすることで限られたお金を有効に使う、そのことにつながるからです。

 

まとめ前にもう2つお伝えしたいことがあります。

福祉車両あれば生活が楽になる

アナタやご家族に合った福祉車両に出会えれば生活が楽になります。

 

福祉車両を扱う新車ディーラーであれば福祉車両担当の営業マン達はボランティア?

 

そう思えるほど親切丁寧に相談に乗ってくれます。

 

でも&しかし、福祉車両を選ぶ、購入する場合には注意が必要です。

 

新車や中古車購入に限らず、これらは大切です、とても。

 

  • 福祉車両を利用する人の体調が進行中なのかどうか、
  • それとも体調は安定しているかどうかを判断する、
  • アナタやご家族に合った&使いやすい車を選ぶようにする、

 

今と今後の体調と進行状況を考えながら福祉車両を選べれば、車を何度も買い替えたりすることにはなりません、新車や中古でも高額車を購入することにはなりません。

 

結果として大切な時間とお金をセーブできることになります。

 

⇒保証期間が長い中古福祉車両の価格を確認してみる【利用無料】

福祉車両が高く売れれば楽になる

このサイトは中古福祉車両購入ノウハウを中心にお伝えしてきましたがもしもの売却知識もお伝えします。

 

  1. 福祉車両売却時には購入時の見積書を用意する
  2. 使用年数での年間値下がり率を考える
  3. 中古購入時100万円なら年間10~15%ずつ値下がると想定する(見本例)

 

どうして10~15%にしたかと言えば、新車購入では3年後ほぼ半額(50%)になる運命だからです。

 

つまり新車購入価格に対して毎年15~20%ほどが値下がり続けていることになります。

 

1年目 200万円 x 15% =30万円

2年目 200万円 x 15% =30万円

3年目 200万円 x 20% =40万円

 

新車3年後は半分の100万円に変身してしまうのが運命なんです。

 

でも&しかし、中古福祉車両には専用装備があります。

 

同装備の中古福祉車両を求める大勢の人達がいます。

 

そんな大勢の需要は普通車の比ではありません。

 

従って、安く売却する必要は一切ありません。

 

もっと簡単に言えば、高く売ってください。

 

少なくとも普通車の高い値下がり率15%は使わないでください。

 

どんなに値下がっても10%程度かもっと低いと考えます。

 

それだけ価値あるのが中古福祉車両だからです。

 

もし個別の売却交渉が面倒な場合は、複数業者を同時に呼べる一括査定が使えます。

 

⇒一括査定なら複数買取業者の価格を同時比較できる【利用無料】

 

中古福祉車両には普通車とは全く違う価値と需要があるんです。

 

安売りはできません。

福祉車両購入の維持費と助成金ノウハウまとめ

2019年は2018年よりもっと厳しい日本が想像できる、そんなニュースばかり報道され心配になるのはアナタだけではありません。

 

国が経済データを意図的に修正する?

 

景気が良いと国民に思わせる悪だくみ!?

 

もう誰も信用来ません、身内以外には・・・

 

そんな中、我々は自己防衛をするしか手立てがない、それもキツイ話ですが頑張りましょう。

 

そうであるからこそ、適正価格で買い物をする、そして適正価格+で売却する、そうなります。

 

アナタが良い車屋さんと出遭い、介護する&される人にやさしい車に出会えることを願います。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

⇒関連記事「障害者が福祉車両購入に使える非課税制度と助成金の条件」

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】