定年とは人生をリセットする、再スタートする言葉、そうお感じになりせんか?

 

60代前後から半ばが行きつけバーで出会う方々ですが、皆さんに共通の言葉があります。

 

「定年日の翌日から新しい職場で働きます」

 

「定年後に少し休んでから働きます」

 

この記事は、どんな年齢になっても働き続ける、ガンバっているアナタに書かせて頂きます。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

どんな年齢でも使いやすい車

今のアナタに必要な車は、使い勝手が良くて、安全、安い、がキーワードになると考えます。

 

その理由は、若い世代の、価値感自体が昔と大きく変わって来たからです。

 

アナタが若いころはアメ車、スカイラインGT、NSX、ソアラ、マークII、セリカリフトバック、もっとあったかもしれませんが、これらが人気だったでしょう。

 

その後、30代から40代ではクラウン、セドリック、マジェスタ、あとは、、レジェンドも人気がありました。

 

1970年代後半から右肩上がりの経済もあり、多くのドライバーが時代を背景にした車に乗っていた、乗れていた時代と想像します。

 

あれから40年? 時代は180°変わってしまいました。

 

2018年の現在では、右肩下がりっぱなし&給与も上がりません。

 

会社では早期退職を不定期に迫られ、、そんなお話は民間会社や公務員の先輩方からも酒の席でありました。

 

定年後の社会保障が不安だとも、バーで聞かせて頂きました。

 

そんなキビシイ時代と人生に車どころではない、そんなお言葉もあるでしょう。

 

だからこそお金を使わない時代&社会保障が望めない時代に相応しい車があれば、少しは生きやすい環境になる、そうも考えらるのではないでしょうか?

安全装置付き中古軽自動車を選ぶ理由

中古の軽自動車購入では必ず自動ブレーキなど安全装置付きを選ぶ必要があります。

 

理由は、アナタも周りの誰も傷つかない、傷つけないからだとお考え下さい。

 

日本は素晴らしい国、多くの面で世界より進んでいると聞かされてきましたが、現実は少し違います。

 

特に人権や人の命に関しては、欧米での意識と法律の方が日本のそれを上回っている、そう考えています。

 

しかし日本で強く意識され普及率高いのが自動ブレーキ含めた様々な安全装置です。

 

定年のリセットを期に、是非とも安全装置が付いた中古軽自動車を考えてください。

 

その価値をお伝えします。

 

ドイツでの車事故データがありました。

安全装置と事故率を学べば車が選べる

事故内容とその比率を知れば、アナタに合った車を選べるのではありませんか?

 

軽自動車、小型車を選ぶ基準も変わるかもしれません。

 

「2006年ドイツ連邦調査局による交通事故統計・人身事故」より

事故内容 発生率%
交差点での事故 28.5%
前方車両との衝突(追突) 22.1%
車線逸脱 15.1%
歩行者事故 9.5%
対向車との衝突 8.2%
車線変更 4.4%
障害物との衝突 0.7%
その他 11.5%
合計 100%

 

交通事故は様々なケースに分類されるので、一言でどの車が事故に対して安全、危険は決められません。

 

それを「2006年ドイツ連邦調査局による交通事故統計・人身事故」から学べます。

 

万が一の事故では対人、歩行者に一番気を使わなければなりません。

 

そして軽自動車や小型車に乗るアナタ自身のダメージを考えれば、対向車との衝突、が重要なのですが、その事故率は8.2%とあります。

 

つまり、一言で交通事故といっても、事故全体での対向車衝突は8.2%しかありません、、ドイツなどヨーロッパでは。

 

このデータ内容を日本で考えた場合、普通車と軽自動車の車性能や走行場所の違い(タイミング含む)もあり、軽自動車の事故率は低く変化します。

 

軽自動車の事故率が普通車より確実に低いとのデータは公開されていませんが、車保険会社の自賠責保険も任意保険も軽自動車の保険料が安くなっている事実は見逃せません。

 

保険はとてもシビアなビジネスなので軽自動車の事故率が低いから安い保険料にしている、それは正解です!

 

ここまでは軽自動車は思った以上に安全、そう定義させてもらいます。

 

次に安全装置はどうなんでしょうか?

中古軽自動車の安全装置

軽自動車の安全装置オプション装備は3,4年前から始まりましたが、標準化にまだまだ道のりが長そうです。

 

2017年に新型発売されたホンダN-BOXシリーズは安全装置標準です。※関連記事参照

 

中古軽自動車購入しても、安全装置付きはオプションだったモノが殆んどでしょう。

 

現実は、安全装置が搭載され始めた4年、5年落ち近辺での車探しになりまだまだ安売りはしていません。

 

それでも乗り出し金額は100万円を上限にする方が安全です。

 

理由は長引く(20年以上)不景気から、購入した軽自動車さえ手放すユーザーがとても増えてきたからです。

 

まずはご自宅近くの中古車店、ネットなど幅広くでの価格比較をお勧めします。

中古軽自動車の維持費とは

トップページ関連記事「軽自動車が足として選ばれる理由を知って下さい!」に思い切り維持費詳細を書いてあります。

 

軽自動車ほど維持費が安い車はありません。

 

耐久性能も基本メンテナンスだけで10万キロ、20万キロ、31万キロもあります。

 

上記の走行距離はロードバイク仲間(先輩達の)の軽自動車走行距離です。

 

中古車は7万キロ超えると値段が付かないといわれても、それは意味のない表現&言葉です。

 

走り続けられる車なのに価値がないなんてあり得ません。

 

大昔は古い車なら交換部品が無くなったらおしまい、乗れないとも言われていました。

 

そんな話は車メーカーが新車を買ってもらいたい、買い換え頻度をアップしてもらいたいための単なる口上です。

 

現実として仲間が10年、13年落ちの軽自動車を軽いメンテナンスだけで乗り続けていることが証明です。

 

2018年も軽自動車は売れ続けます。

 

今は日本で乗るれている2台に1台が軽といわれますが、もっと増えて軽が国民車になる日は近いと考えます。

定年後の中古軽自動車購入のまとめ

軽自動車は危険、乗ってはダメ、そんな言葉は大昔になってしまいました。

 

登録車全体の約半分が軽自動車であり、その理由は冒頭で書かせて頂いた、「価値観の変化」によるもの、それに関わる経済問題もあります。

 

そんな価値感の変化で選んでも、安全性も確保されつつある中古の軽自動車であれば、走行性能、安全性能、そして便利に使える車の最右翼と考えてください。

 

中古軽自動車の維持費自体は自動車税含めても毎月3万円前後でしょうか。
※主要都市近辺なら駐車場含め維持費は毎月4万円ほどになるかもしれません。

 

市町村にもよりますが、軽自動車は車庫証明不要の地域も多くあり、それら地域にお住いであればもっと便利に使えるでしょう。

 

ポイントは安全装置が付を選ぶ、それしかありません。

 

そして可能であればターボ仕様を選ぶことで、山坂道や高速運転でも安心です。※私のN-WGNはターボ仕様です。

 

この記事が少しでもアナタの参考になれば幸いです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

 

⇒関連記事「軽自動車が足として選ばれる理由を知って下さい!」

⇒関連記事「新型N-BOXカスタム試乗でショックだったこととは」

 

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】