定年とは人生をリセットする、再スタートする言葉、そう感じませんか?

 

行きつけのバーで出会う60歳代の皆さんには共通の言葉があります。

 

「定年日の翌日から新しい職場で働きます」

 

「定年後に少し休んでから働きます」

 

この記事は、どんな年齢になっても働き続ける、ガンバっているアナタに書かせて頂きます。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

定年後に乗る車のキーワード

アナタの車選びのキーワードです。

 

  • 使い勝手が良い(ワゴンなど荷物を積める)
  • 安全(安全装置)
  • 安い(中古車)
  • 税金含め維持管理費が最も安い車(軽自動車)、
  • 複数乗人乗車が可能、

 

アナタの生活環境と価値感が若い頃と大きく変わって来た、だからそれらキーワードとお考えください。

 

アナタが若いころはアメ車、スカイラインGT、NSX、ソアラ、マークII、セリカリフトバック、もっとあったかもしれませんが、これらが人気だったでしょう。

 

その後30代から40代ではクラウン、セドリック、マジェスタ、あとはレジェンドも人気がありました。

 

1970年代後半から右肩上がりの経済もあり、多くのドライバーが時代を背景にした車に乗っていた、乗れていた時代と想像します。

 

あれから40年? 時代は180°変わってしまいました。

 

2018年の現在では、右肩下がりっぱなし&給与も上がりません。

 

退職金や年金だって下がりっぱなし、再雇用なら給料1/2はみんなそうだそうです。

 

会社では早期退職を不定期に迫られる、そんなお話は会社や公務員の先輩方からも酒の席でありました。

 

定年後の社会保障が不安だともバーで聞かせて頂きました。

 

そんなキビシイ時代と人生に車どころではない、そんなお言葉もあるでしょう。

 

だからこそお金を使わない時代&社会保障が望めない時代に相応しい車があれば、少しは生きやすい環境になる、そうも考えらるのではありませんか?

 

そんな定年後の車選びのキーワードには複数乗車があります。

1人の車か2人以上の車かを考える

アナタが1人でも2人生活であっても複数乗車(4人かそれ以上)の車を選んで下さい、それも室内空間を有効に使えるワゴンやバンをです。

 

理由は多用途に使える、それしかありません。

 

セダンタイプなら室内は狭く湾曲しているので多用途には不向きです。

 

そんな中でも中古軽自動車ワゴンなら長四角の箱型(外も中も)ボディなので、小さくても大きな室内有効空間が使えます。

 

どんな使い方があるのかですか?

 

軽自動車ワゴンを保有するロードバイク仲間の先輩達(60歳~75歳)に聞きました。

1人での使い方

  • ロードバイク2台を積んで終日サイクリング
  • 家に居たくない時に1人で出かける
  • たまに連絡ある宅配のアルバイトに使う
  • 景色の良いとこに車を止めて独りコーヒーを楽しむ
  • 190㎝ほどある荷台で寝ている!?
  • 本を読んでいる
  • 1人カラオケしている
  • 長電話をしている

2人かそれ以上での使い方

  • 妻や友達と遠出する(含む旅行)
  • 妻と買い物
  • たまに来る子供達を駅まで迎えにいく
  • 2人+ロードバイク2台積んで泊まりがけサイクリング

以上。

 

これら車用途で一番多いのは1人で行動するパターンです。

 

従って最小&最低コストの車である軽自動車で十分に役に立つ、そう考えます。

 

それも中古なら新車の半分かそれ以下で購入可能です。

 

しかし中古で大丈夫なのでしょうか?

安全装置付き中古軽自動車を選ぶ理由

中古の軽自動車購入なら必ず自動ブレーキなど安全装置付きを選ぶ必要があります。

 

理由は、アナタも周りの誰も傷つかない、傷つけないからだとお考え下さい。

 

特に「前後誤発進抑制装置」があれば、人やお店に突っ込むブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故は起こしません。

 

若くてもブレーキとアクセルの踏み間違い(ギヤの入れ違い)はあっても、瞬時に気付くので事故に至ることは稀です。

 

それが高齢になればなるほど視野が狭くなったり、ある動作に対する反射時間が長くなる傾向があります。

 

従って自動ブレーキシステムに「前後誤発進抑制装置」は絶対です。

 

定年のリセットを期に、是非とも安全装置が付いた中古軽自動車を考えてください。

 

その価値をドイツでの事故データからお伝えします。

事故率を学べば車が選べる

事故内容とその比率を知れば、アナタに合った車を選べるのではありませんか?

 

軽自動車、普通車を選ぶ基準が変わるかもしれません。※日本では同じ資料がありませんでした。

 

「2006年ドイツ連邦調査局による交通事故統計・人身事故」より

事故内容 発生率%
交差点での事故 28.5%
前方車両との衝突(追突) 22.1%
車線逸脱 15.1%
歩行者事故 9.5%
対向車との衝突 8.2%
車線変更 4.4%
障害物との衝突 0.7%
その他 11.5%
合計 100%

 

交通事故は様々なケースに分類されるので、一言でどの車が事故に対して安全や危険は決められません。

 

それを「2006年ドイツ連邦調査局による交通事故統計・人身事故」から学べます。

 

万が一の事故では対人、歩行者に一番気を使わなければなりません。

 

そして軽自動車や普通車に乗るアナタ自身のダメージを考えれば、対向車との衝突、が重要なのですが、その事故率は8.2%とあります。

 

つまり、一言で交通事故といっても、事故全体での対向車衝突は8.2%しかありません。※ヨーロッパでは。

 

このデータ内容を日本で考えた場合、普通車と軽自動車の車性能や走行場所の違い(タイミング含む)もあり、軽自動車の事故率は低く変化します。

 

それを証明しているのが軽自動車が加入する自賠責保険と任意保険の安さです。※普通車比較にて

 

保険会社はとてもキビシイ査定をするので、過去に起きた膨大な交通事故データから軽自動車の事故率が低いと判定したので安い保険料になりました。

 

軽自動車の事故率が普通車より確実に低いとのデータは公開されていませんが、保険会社の自賠責保険も任意保険も軽自動車の保険料の方を安くしている、その事実が証明しています。

 

保険はとてもシビアなビジネスなので軽自動車の事故率が低いから安い保険料にしている、それは間違いありません。

 

ここまで軽自動車は思った以上に安全である、そうお伝えます。

 

次に安全装置はどうなんでしょうか?

中古軽自動車の安全装置

軽自動車の安全装置オプション装備は3,4年前から始まりましたが、標準化への道のりはまだまだ長そうです。

 

2017年に新型発売されたホンダN-BOXシリーズは安全装置標準です。※関連記事参照

 

現実として安全装置が搭載され始めた4年、5年落ち近辺の軽自動車値下がりが大きくなるのはこれからです。

 

理由は長引く(20年以上)不景気から、新車購入した軽自動車でも手放すユーザーが増えてきている、車を買う人より売る人が多くなりつつある、だからです。

 

従って安全装置比較&価格比較をしながら軽自動車を選ぶ方法を取って下さい。

 

まずはご自宅近くの中古車店、ネットなどでの価格比較をお勧めします。

 

⇒大手中古車販売店なら購入後の保証期間と内容が充実している

中古軽自動車の維持費とは

最後の関連記事「軽自動車が足として選ばれる理由を知って下さい!」に思い切り維持費詳細を書いてあります。

 

軽自動車ほど維持費が安い車はありません。

 

耐久性能も基本メンテナンスだけで10万キロ、22万キロもあります。

 

上記の走行距離はロードバイク仲間(先輩達の)の軽自動車走行距離です。

 

中古車は7万キロ超えると値段が付かないといわれても、それは意味のない表現&言葉です。

 

走り続けられる車なのに価値がないなんてあり得ません。

 

大昔は古い車なら交換部品が無くなったらおしまい、乗れないとも言われていました。

 

そんな話は車メーカーが新車を買ってもらいたい、買い換え頻度をアップしてもらいたいための単なる口上です。

 

現実として仲間が10年、13年落ちの軽自動車を軽いメンテナンスだけで乗り続けていることが証明です。

 

2018年も軽自動車は売れ続けます。

 

今は日本で乗られている2台に1台が軽といわれますが、もっと増えて軽が国民車になる日は近いと考えます。

定年後の中古軽自動車購入のまとめ

軽自動車は危険、乗ってはダメ、そんな言葉は大昔になってしまいました。

 

登録車全体の約半分が軽自動車であり、その理由は冒頭で書かせて頂いた、「価値観の変化」によるもの、それに関わる経済問題もあります。

 

そんな価値感の変化で選んでも、安全性も確保されつつある中古軽自動車であれば、走行性能、安全性能、そして便利に使える車の最右翼と考えてください。

 

中古軽自動車の維持費自体は自動車税含めても毎月3万円前後でしょうか。
※主要都市近辺なら駐車場含め維持費は毎月4万円ほどになるかもしれません。

 

市町村にもよりますが、軽自動車は車庫証明不要の地域も多くあり、それら地域にお住いであればもっと便利に使えるでしょう。

 

ポイントは「安全装置付きの車を選ぶ」、それしかありません。

 

そして可能であればターボ仕様を選ぶことで、山坂道や高速運転でも安心です。※私のN-WGNはターボ仕様です。

 

この記事が少しでもアナタの参考になれば幸いです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

 

⇒関連記事「軽自動車が足として選ばれる理由を知って下さい!」

⇒関連記事「新型N-BOXカスタム試乗でショックだったこととは」

 

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】