福祉車両を新車で購入する時は大変だったのではありませんか?

 

そんな手間暇をかけた福祉車両なのに売る時には安くなってしまう、そう考えていませんか?

 

実はアナタご自身や近親者にあつらえた福祉車両と機能を必要としている方が大勢いらっしゃいます!

 

その現実を知れば福祉車両は高く売れる、高く買い取ってもらえる、そう考えるのに違いありません。

 

大切なお話をさせて頂きます。

普通車も福祉車両も大型トラックも売却方法は同じ

車と名の付くモノは全て、ユーザーから買取られた後に全国110以上あるオートオークション会場で競売にかけられ、全国の中古車販売店に買い取られる仕組みです。

 

全国オートオークションでは500万台近い車が年間を通して売買されるほど巨大です。

 

しかしオートオークションには有資格者しか参加できません。

 

有資格者の中には福祉車両買取専門の業者もあり、福祉車両の需要がどれほど高いかが分かります。

 

従って専門の買取業者を呼んで車査定してもらうだけで、福祉車両売却は簡単に済んでしまいます。※関連記事「車を高く売る」に詳細あり

 

しかし、中古福祉車両販売店の人を家に呼んでも高くは売れません、逆に安く買い叩かれてしまうでしょう。

 

そうなってしまう理由は買取プロと素人のアナタが1対1で価格交渉をするからです。

 

プロはあでもないこうでもない攻撃(口撃)でできる限り安く購入しようとするので敵いません。

 

ではどこにどう売却すれば高値で売れるのでしょうか?

どうして福祉車両が高値で売れるのか?

それは高齢者人口の急激な増加に伴い、介護を必要とする人口も同じに増えているからです。

 

それとは真逆に高齢者の年金収入はどんどん減り続けている、だから新車ではなく中古福祉車両の需要が高騰している、そうご理解ください。

 

アナタの売却しようとしている車種&装備の福祉車両を直ぐに使いたい、待っている大勢の人がいるからです。

 

福祉車両の役割が普通車よりはるかに大きいことはご存知の通り。

 

シッカリとした用途と目的を持って存在するのが福祉車両であり、その高い需要は一般車の比ではありません。

 

もし誰かが新車の福祉車両を購入しようとすれば、こんな手間暇がかかります。※お分かりと思います。

 

  • 利用する人の現状と体調変化を打合せして装備内容を決め発注する、
  • 長い納期が必要、
  • 追加装備だけで100万円以上も必要な場合がある、

 

などなど手間ひまとコストが掛かかってしまい精神的にも大変です。※国の助成金利用でも高額な福祉車両

 

さらに福祉車両を待っている本人は早く使いたい&周囲は早く使わせたい、それら多くが心労になるのもあるでしょう。

 

アナタやご家族もそうあったのではありませんか?

 

だから直ぐ便利に使える中古福祉車両の需要が高い、安い値段で売却する必要はありません。

 

⇒中古福祉車両の売却価格を確認する

福祉車両を必要とする人口推移を知る

福祉車両を必要とするであろう人口を簡単に把握するデータをご覧ください。

 

西暦年度 65歳以上人口 75歳以上人口
2012 3058万人 1511万人
2015 3395万人 1646万人
2025 3657万人 2179万人
2055 3626万人 2401万人

 

これほどの高齢者数なら福祉車両需要は増え続ける、それしかありません

 

福祉車両が必要な人の中には、新車は無理だから中古車を安く欲しい、そんな需要が大きくあります。

 

福祉車両に減免、免税、補助金などがあっても、車両本体が高ければ購入自体をあきらめざるを得ない人達は大勢いらっしゃます。

 

日本の人口減少と反対の高齢者増加があり、もっともっと中古福祉車両が必要になるのは間違いありません。

 

従ってこう考えてください。

 

  • 中古福祉車両は価値がある、
  • 需要が高止まり状態にある、
  • 安く売る必要はない、

 

それが中古福祉車両の現実とご理解下さい。

福祉車両を売ってはダメな業者とは

福祉車両販売店舗を併設する買取専門店で売れば損する可能性を考える。

 

福祉車両買取専門店は少なく、遠く離れた町から買取査定に来るので売っても売らなくても出張査定料が発生します。

 

出張査定無料が発生すれば、その分として買い取り価格が安くなります。

 

買い取り業者はボランティアでも善人でもありません。

 

利益の商売として査定に来るので「絶対に安く買い取ってやるぞ精神」で交渉がされます。

 

結果として買取査定業者に売ることになってしまう、それがアナタの希望額でなくてもです。

 

買い取った車はオートオークションに出品せずに、自社の店舗販売目的なので安い買取価格の可能性大、そうお考えください。

 

福祉車両店舗を併設する業者なら高い買取価格だろう、そうお考えになるかもしれませんね?

 

それは違います。

 

店舗に中古福祉車両を並べても売れるまでには時間と経費がかかります。

 

従ってそれら時間&経費を販売価格に乗せて売る必要がある、そうなります。

 

そんな時間と経費が掛かるのであれば高くは買い取れません。

 

しかし本当に誰が&どこが高く買い取ってくれるかは買取業者比較をしなければ分かりません。

 

ではどんな業者でどんな買い取り価格比較ができるのでしょうか?

競争意識で福祉車両を高く売る方法

アナタが買取プロと1対1で交渉しても高く売れません。

 

しかし1(アナタ)対3(違う買取業者)なら車を高く売れる確率はとてもアップするのは何故でしょうか?

 

違う買い取り会社同士の競争意識を使えば、交渉なしで車を高く売却することが可能になります。

 

それが一括査定の売却ならベストプライスが簡単に出てきます、交渉せずにです。

 

  1. 同時に3社ほど呼ぶ、
  2. 全員ヨーイドンで査定開始、
  3. 各社の見積もり額をアナタだけに見せてもらう
  4. 買取業者は他社に買い負けしたくない気持ち120%
  5. 買取業者間の競争意識も高まり良い査定金額が望める、
  6. 少なくとも一番高い査定額を提示した業者に売れる、

 

複数の一括査定業者同士では安く買いたたいてやろう精神は消え去り、他の買取業者より高い価格提示をしようとする競争意識が働きます。

 

買取り価格もありますが、目の前にいる他の業者に買い負けする訳にはいかないからです。

 

日々の営業成績を上げたい買取業者のこんなプロ意識が働きます。

 

  1. バイヤー全員が買取予定車両の全国オートオークション落札データを持っているので、データ最新価格での買い付けを考える
  2. 最新データで買取する以前に、同時一括査定で来ている競争相手に買い負けしたくない気持ちが優先する
  3. 買い取り業者間での価格探り合い競争が必ず起こる
  4. 価格探り合いでは必ずオートオークション落札データより高い価格での競争になる
  5. 一番高い査定額を提示しなければ競争に勝てない、買い取れない!

 

そんな中でも、アナタが売ろうとしているのは一般中古車ではありません。

 

一般中古車より需要が高い中古福祉車両なんです。

 

もし1人の査定士だけならオークション落札価格より必ず低い査定額を提示してくるでしょう。

 

しかし3人なら必ずオークション価格より上に提示しなければ買い取競争に負けてしまいます。

一括査定の売却方法

トップ関連記事「車を高く売る」に詳細ありますが、一括査定での売却方法をお伝えします。

 

一括査定を使った売却方法

 

  1. 一括査定サイトをクリック
  2. 必要事項を入力(3分以内)
  3. 直ぐにかかって来る電話に対応する(少し面倒でも)
  4. 数社を選び査定士(3人か4人)を同じ日時に呼ぶ手配をする
    ※絶対に複数同時査定の話をしてはダメです。
  5. 査定場所は自宅駐車場、近所のスーパー駐車場、公園の駐車所、どこでも構いません。
  6. 〇月〇日〇〇時に同時査定開始
  7. 約40分ほどで査定が終わるので、各自の名刺に査定額を記入してもらう
  8. 一番高い査定の人に連絡します、そう伝えて解散
  9. 価格に満足すれば連絡する
  10. 査定に不満足なら、別のメンバー(会社)で再査定をしてもらう
  11. 査定に満足なら、車引き渡し後の約1週間以内に入金される
  12. もしも査定に不満足なら車売却義務はない

 

上記の売却方法だけで、査定士達が高く購入せざるを得ない業者間駆け引きがそこに出現します。

 

同時一括査定では3人以上(数社)の業者を呼んで同時査定させることで、暗黙での買取競争意識&緊張感が完成します。

 

業者同士が言葉を交わすことはありません。

 

言葉を交わさない代わりに、アイツはどんな値段で買い取ろうとしているんだろう? それしか頭にありません。

 

「全国カーオークション最新データでは〇〇万円だが、あと15%高くすれば買い取れるだろうか、競争に勝てるだろうか」、等々。

 

もちろん最新オートオークション落札データより高く査定すれば買い取れるのは分かっていても、その上乗せ金額がどうなるか思案する&探り合う&想像する、それもアナタの目の前で!

 

以上が同時一括査定のノウハウです。

 

もし更なる高額売却を考えるのなら、中古福祉車両買取店と一般中古車店、そして最後に同時一括査定を比較することも可能です。

 

少し時間はかかっても、その方法が最善&最大効果を発揮するのは間違いありませんが、特定業者との1対1では不利な展開も予想されます。

 

そんな1対1でも安心な査定方法が1つあります。

一括査定業者を1人づつ呼ぶ方法

交渉相手が1人(1社)なら、泣き落とし作戦などでアナタが不利になるケースが考えられます。

 

1社だけの一括査定業者を呼んだだけでは買取の競争原理(心理)が働かない、そう伝えしました。

 

 

それでもこの方法なら使えます。

 

  1. 一括査定業者を3人から4人手配します。
  2. こんどは同時ではなく、査定業者同士が出会わないスケジュールでバラバラに呼びます。
  3. その中で一番高い査定業者に売ります。

 

各査定業者は必ずこうアナタにたずねるでしょう。

 

「他の査定業者も見に来るんですか?」

 

アナタはその質問にこう答えてください。

 

「あと3人の査定士さんが来ます」

「その中で一番高い査定の人に売却します」

 

この方法は1対3など複数相手が苦手な人におススメできます、半日の時間はかかっても。

 

1対1のやり取りであっても、後から来るであろう3人の査定士を意識しながら査定なので高額査定になります。

 

短時間で高額査定を希望するなら同時に複数業者、時間が半日ほどかかっても構わないなら1人づつの査定を使います。

 

⇒福祉車両を売る場合の査定はこちら【無料】

福祉車両売却に必要な知識と書類

福祉車両は専用装備が多いので、もし不具合あれば事前申告は必須です。

 

さらに車は動産であり、売却には車所有権を移転するので下記種類が必要です。

 

車売却に必要な書類 ※〇=必要 ×=不要

書類名 普通車 軽自動車
車検証
自賠責保険証
自動車税納税証明証
リサイクル券
印鑑証明証 ×
実印 ×
譲渡証明証 ×
委任状
認め印 ×
銀行口座(振込用)

※印鑑証明は発行日から3カ月以内のモノ有効

 

多くの書類があるように見えますが、基本書類は車のダッシュボードにあるモノばかりです。

 

印鑑証明、実印、通帳はご自身で用意しますが、その他書類は買取業者が持っているので問題ありません。

 

もし車一括査定のタイミングで売却するなら、上記書類をその場で渡す&書き込めば1日で完了します。

 

ここで記事を終えるつもりでしたが、目次を変えてでもお伝えしたいことがありました。

買取金額と振込金額の違いに注意する

一括査定業者が名刺裏に書き込んだ買取価格と振込価格に注意してください。

 

多くの一括査定業者は優良法人であっても、会社の経営方針により手数料名目を差し引いて振り込んでくる場合いがあります。

 

これら手数料です。

 

  • 車名義変更手数料&印紙代
  • 車運送料金(自宅から買い取り店まで)
  • 銀行振込手数料

 

金額的には2万円前後かもしれませんが、業者によっては上記を差し引いて振り込んで来る場合もある、そう知っておいてください。

 

アナタは名刺裏の買取金額100%が銀行口座に振り込まるか最終確認した後に、「御社に車売却します」、そう伝えましょう

 

同時に振り込まれる日も確認すれば、いつ振り込まれるんだろうなど心配しなくて済みます。

 

もちろん、ちゃんとした業者なら事前に教えてくれます。※実際は事務処理なので半日や1日の誤差があるかもしれません。

 

車は買う時も売る時も不当と考えられる請求をしてくる業者が必ずいます。

 

それも、いかにも有りそうな名目を付けた請求明細なので素人で見破るのは大変です。

 

この記事を読んで頂いたアナタは、もう大丈夫です。

福祉車両を高く売るまとめ

中古福祉車両はその需要から高く売れます。

 

もしアナタの知り合いの方で同装備車を必要としている方がいらっしゃれば、それが一番高く売る方法です。

 

その場合は、お近くの店で見積もってもらってから個人への価格を決めて下さい。

 

車一括査定業者ならば、数社を同日、同時間に呼び(業者には同時査定の話はしません)、名刺の裏に買取予定額を書いたメモを受取、一番に高額査定をした業者にダケ連絡する旨を伝えて、その場は即時解散。

 

最後にアドバイスをさせて頂くのであれば、車一括査定業者以外はあまり家には呼ばないことです。

 

福祉車両買取専門店など単独業者だとシツコイ、アナタが売る迄ああでもこうでも口撃(攻撃)の可能性もあると考えてください。

 

そんな一般査定を受けるならアナタの側から業者の店に出向き、こう伝えてください。

 

「まだ売れないんだけど、もし数か月後に売るとしたらいくらになる?」 

 

そうたずねましょう!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」で会いましょう!

 

⇒関連記事「車を高く売る」とは買いたたかれないことだった!

⇒関連記事「障害者が福祉車両購入に使える非課税制度と助成金の条件」

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】