アナタにとって車がどんなに必要なのかは、このサイトを見て頂けたことで良く分かります。

 

お考えのカードローンを利用する前に、この記事を一読して頂けませんか?

 

きっと、お役に立つ内容です。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

カードローンが簡単にお金を貸す理由

カードローン各社はアナタを優良&有効な貸出先と考えているから融資をしているのではありません。

 

その事実をご存知でしたか?

 

カードローンには銀行系と消費者金融系があり、それら各社はこう考えています。

 

何としても貸出先を見つけたい、

貸出残高を増やしたい、

必要な信用調査もせずに融資実行をしている、

 

そう考え融資をしているのがカードローン各社なんです。

 

理由は長期化している経済不況で企業業績悪化、マイナス金利、貸出先減少となり、個人融資に力を入れるしかなかった、それが現実です。

 

もしアナタが銀行オートローン、ディーラーローン(信販クレジット)に通らず、仕方なくカードローンを選ぼうとしているのなら、それは考え直してください。

 

特にカードローンは金利が高いので「大損する」、だからです。

 

そんなカードローンの真実をお伝えします。

カードローン利用は借金ではなく月賦

クレジットカードとカードローンでの借入には3つの共通点があるのをご存知ですか?

 

1つは目はどちらのカードでも取得審査はあってないようなモノ&簡単に利用できる

 

2つは目はリボルビングやローン金利が15%前後ととても高い

 

3つ目はクレジットカードとカードローン借入は月賦と同じ意味

 

つまりクレジットカードもカードローンも正式な借金ではなく、買い物を後払いにする=月賦システム、そうご理解ください!

 

もっといえば、単に購入したモノを分割払で支払うことです。

 

だ・か・ら・簡単にモノが購入できても金利が15%など高く設定されている、損する支払方法となります。

 

ちなみにディーラーローンも正式にはクレジットなので簡単審査(数分)で借りられても高金利6%など普通です。

 

さらにローン完済するまでは、車検証名義(車所有者名)はローン会社(信販クレジット)なので売却はできません。

 

もし銀行マイカーローンなら正式なローン(融資)なので、金利は2%~3%と安いのと同時に車検証名義は初めからアナタです。

 

従って、ローン支払い期間中でも自由に車を売却できるとなります。

 

次はカードローンの高金利を知ってください。

カードローン金利はこんなに高い

アナタのカードローンに適用される金利は1桁台ではなく、2桁である事実を知ってください。

 

銀行の預金金利は0.1%以下、住宅ローン金利は1%台、銀行オートローンは2%~3%なのにカードローン金利15%なんてあり得ません。

 

銀行系、消費者金融系のカードローン金利の比較をしました。

 

銀行系カードローン金利

企業・商品名 金利%
三菱東京UFJ バンクイック 1.8〜14.6
三井住友 カードローン 4.0〜14.5
みずほ銀行 コンフォートプラン 2.0〜14.0
イオン銀行 BIG 3.8〜13.8
ソニー銀行のカードローン 2.5〜13.8
りそなプレミアムカードローン 3.5〜12.47

 

消費者金融カードローン

企業・商品名 金利%
プロミス 4.5〜17.8
アコム 4.7〜18.0
アイフル 4.5〜18.0
モビット 3.0〜18.0
レイク 4.5〜18.0

 

カードローンに1.8%や4.5%など1桁金利が一応明記していても、単に法的なものを考慮しているだけです。

 

実際は15%や18%など高金利が適用されています。

 

カードローン高金利リスクを理解すれば使えません、、使わない方がまだましです。

 

もしカードローンを使い、多くの支払いを定額支払にすれば一生かかっても借金が返せなくなります。

 

そう思いませんか?

 

カードローンを使うくらいなら、融資先探しに頑張っているネット地方銀行マイカーローン数行にトライする方が楽かもしれません。

 

全国に104行ある地方銀行はどこもつぶれそうであり、融資の審査基準を変えてでも個人ユーザーに使ってもらいたい、それが現実です。

 

⇒ネット地方銀行で借りられるか「簡単5秒診断」で確認してみる【検索無料】

 

そんな地方銀行でネット仮審査にさえ通れば、1年間もの利用猶予期間があるので直ぐに借りる必要がありません。

 

さらに利用猶予期間に良い車が見つからなければキャンセルもできるので安心です。

 

次はカードローン利用実態と遅延損害金利をお伝えします。

カードローン利用実態と遅延損害金利にオドロク

巨額なカードローン利用実態に驚いて下さい!

 

金融機関 貸し出し金額
銀行系カードローン 約5.5兆円
消費者金融系カードローン 約4.3兆円

 

これら10兆円近い巨額なお金は企業に融資されたものではなく、全てが個人向け融資なのには驚くしかありません。

 

カードローン利用者の多くは高金利の返済に困り、さらに支払が遅れたことによる返済遅延金利まで請求されている現状があります。

 

カードローン各社共通

返済遅延損害金利

20%(実質年利)

 

このようなカードローンでの返済困窮者や自己破産者を生み出す原因は、お金を貸し出す銀行や消費者金融にもある、そうNHKカードローン問題でも指摘をされていました。

 

カードローン各社の平均金利は約15%にもなります。

 

そんなカードローン金利には必ず2%~15%などと幅を持たせて書いてあっても、低金利がアナタに適用されることはありません。

 

まあ超お金持ち=信用があれば2%金利もあるでしょうが、そんな人はカードローンを使いません。

 

アナタはこんな高金利でも、カードローンを利用しますか?

 

年収の1/3融資ルールを無視して、貸し出しOKする銀行系カードローンを信じて良いのでしょうか?

 

そこからお金を借りることは、あまりにも高いリスクを取ることになりませんか、車のために?

総量規制は守られているのか?

収入の1/3以上は借入できない、それが総量規制の意味です。

 

総量規制は初め消費者金融系カードローンだけに適用されていましたが、2018年6月には銀行系カードローンにも適用開始されました。

 

そのため、総量規制を実施するところでの新規借り入れはムズカシクなりました。

 

消費者金融の「借り換えローン」など総量規制の例外=適用を受けない貸し付けも出ていますが、これらは絶対に使ってはダメなローンと認識して下さい。

 

じゃあ、カードローン車購入が大損なら、できないのなら車はどうやって買えば良いんでしょうか?

 

ローン以外で買う方法はあるのでしょうか?

 

昔の私が実践した方法です。

可能な限り安い車を買う方法

初めは生活を助けてくれる安い車を買ってください。

 

そうでなければ知り合いや家族から、不要になった車をもらっても良いと考えます。

 

昔の私は弟からタダでベージュ色セダンをもらいました。

 

そして直ぐに名義変更とディーラーで一番安い整備をしてもらってGOです。

 

そうでなければ下記方法があります。

 

廃車される車は解体工場などに引き取られますが、壊れている、走れないから工場に引き取られた訳ではありません。

 

  • 車検は残っていても査定ゼロになった車、
  • 車検切れになって、そのままにされた車、
  • 古い車を少し凹ませてしまい売却不可になったから、
  • 事故車になったので修理せずに放置された車、

 

解体工場では、それら車達の中で簡単補修&再車検で売れるモノを再流通させています、輸出業者にも売却しています。

 

再流通の先はカーオークションや中古車店、そして個人で車探しに来るアナタにです。

 

アナタは再流通車達がどこかの街道沿いの店に並ぶ前に、値段交渉しながら数万円、5万円、10万円で買うしかありません。

 

そうすれば移動手段としての車はゲット出来てしまうでしょう。

 

そんな車は嫌ですか?

 

どんな車でも普通に走ってもらえるだけで生活を助けてくれると思いませんか?

 

今はその選択でも、いつか楽しむための車をゲットする日を迎えられれば、それで良しではないのでしょうか?

 

もし少しでも見栄えが良くて保証付きの車が安心なら、大手中古車店で選ぶしかありません。

 

理由は販売する中古車全てに整備と保証をしているからです。

 

もちろん事故車など一切含まれていません。
※ガリバー整備士にインタビューした際に聞きました。

 

⇒最大手中古店で整備済&保証付き中古車を確認する【利用無料】

廃車センターや解体工場でには整備士同行

激安や無料の車探しには、お金を払ってでも整備士を同行してください。

 

整備士なら「車問題点や事故車かどうか」それら分かるからです。

 

どこで整備士を見つけるかですか?

 

近所の整備工場やオートショップでそれっぽい人に声を掛ければOK、直ぐに見つかります。

 

同行費用は個人で交渉してください。

 

もし同行費用を下げたいなら、これから入手する車整備も依頼すればOKと考えます。

 

整備士を頼む時の注意点があります。

 

「もし見つけた車に問題があっても整備士に責任は問えない」、それです。

 

販売店から購入してない車には保証を問える相手も法人もありません。

 

従って、入手した車の全責任はアナタに帰属する、そう理解してください。

 

もし保証付きの中古車を探すなら大手中古車販売店となります。

 

大資本と社会的信用もあるので長期保証を提供している、その論理です。

 

⇒大手中古車販売店で安心保証の車を確認する【利用無料】

 

次はアナタの興味半分でも銀行マイカーローンを最後にお伝えします。

銀行マイカーローン金利が一番安い理由

銀行マイカーローンなら金利2~3%とカードローン金利15%とは比べようもありません。

 

さらに低金利なので5年~7年ローンでも金利負担は大きくありません。

 

そんな銀行マイカーローン金利2~3%なのは普通です。

 

逆にディーラーローン(金利5~7%)や中古車ローン(金利10%)が高すぎるだけです。

 

マイカーローン審査に約7日間かかっても車所有権(車検証名義)もアナタ名なので、いつでも売却できる。

 

保証人も不要な銀行マイカーローンがあまり使われていないのは何故でしょうか?

 

審査が厳しいと思われているのでしょうか?

 

ちなみにこんな審査と手続きで借りられます。

 

  • ローン審査には約7日間必要
  • ネットだけで申し込み完了できる※必要書類はデータ送信他
  • アルバイトや派遣の非正規雇用で申し込める
  • 年収約200万円から申し込める
  • 保証人は基本不要
  • 借りられるか直ぐに分かる5秒診断がある

 

もし安い車の現金購入でなければトライしても損はありません。

 

⇒ 銀行マイカーローン:借りられるか5秒診断で確認する【利用無料】

カードローン車購入のまとめ

カードローンで良い車を買っても、高金利15%で5年や7年月賦では借りたお金の倍近く払うことにもなりかねません。

 

そんな高金利の月賦でも、車をプライベートや仕事に超有効利用できればペイできるかもしれません。

 

そうできなければ&その様な有効利用の予定がないのならオモイッキリ安い車を買ってください。

 

そうすれば数年後に銀行マイカーローン(金利2%)で新車購入しているアナタがあると考えます。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】