ヴェゼルとC-HRのどちらが優秀なのかを判断してもらえる記事がやっと書ける日が来ました。

 

ライバル対決の両車なんですが、欧州でヴェゼルはフィットのプラットホームを使うBセグメント、一方のC-HRはプリウスベースのCセグメントと明確に分かれています。

 

格下のBは各上のCに勝てるのでしょうか?

 

しかし、ヴェゼルは小さいプラットホームをとても上手に使っている、そしてC-HRは大き目のプラットホームをコンパクトに使っているとも言えます。

 

その辺の秘密、メリットとデメリットも含めお読みください。

初めに結論ありき

ヴェゼルの方が良いと判断しました。

 

ヴェゼルのセグメントはC-HRより小さいにも関わらず、は前席&後席とも広く、ラゲッジルームは四角の箱形で非常に使いやすい。

 

ドライバビリティでも普段使いの乗り心地、そして高速道路の安定度も高いレベルにあります。

 

とどめは、ガソリンのベースモデルが192万円なので、コスト的にもヴェゼルとしました。

 

次はヴェゼルとC-HR比較で検証をしていきましょう。

デザインを考えたらどっち

C-HRのデザインは素晴らしい!

 

相当、デザインに投資したのではと思えるのは、いつまでたっても飽きないデザインだからです。

 

そして街中で見かけるC-HRにカッコイイ、そう感じる人は多いでしょう。

 

もう1つは、ボディーカラー8色はどれも良い発色をしていて、下塗り、重ね塗りなどコストをかけた塗装だと感じてしまいます。

 

ちなみに、人気カラーは ;

ホワイトパールクリスタルシャイン 25%
ブラックマイカ 23%
メタルストリームメタリック 21%
ブルーメタリック 15%

 

これら4色が独占カラーです。

居住性能比較ではどっち

ヴェゼルの方が座席&後席にゆとりがあり、積載能力も高い!

 

ホンダの軽やフィットと同様に、ヴェゼルも燃料タンクを前席下に配置してあるので、想像するより室内&荷室は広く、使いやすいと言えます。

 

身長175㎝の筆者が前席に座った状態でも、後席が足が組める広さです。

 

ただし、ヴェゼルもC-HRも少し似たデザインもあり、視認性は良くありません。

 

特に斜め後方とリヤウインドーは窓が小さく、バックするにはカメラが必需品だと直ぐに理解できました!

走行性能と乗り心地

引き分け!

 

ヴェゼルはドライバビリティでも普段使いの乗り心地、そして高速道路の直進安定度も高いレベルにあります。

 

しかし、一般道では排気量とモーターパワーの低さから、アクセル踏込み量と加速時のダウンシフト頻度、エンジン回転数上昇に現れてしまいます。

 

C-HRは排気量もモーターパワーも上なのですが、エンジン回転数が変わる頻度の多さ、変速する頻度と感覚に違和感ありました。

ヴェゼルのマイナーチェンジ

2月15日にヴェゼルのマイナーチェンジが決定しました。

 

毎朝、ホンダディーラー前を通っているので、発売と同時にカタログゲット&試乗もしてお伝えします。

 

もう少しお待ちください!

 

余談ですが、何故かC-HRよりヴェゼル好きの私としては、マイナーチェンジ車が待ち遠しい、そんな気持ちでいます。

勝者はヴェゼルのまとめ

ヴェゼルは性能、デザイン、価格を考えればこのクラスでは1番だと感じました、特にセグメントBとすれば特にです。

 

パワー不足は書かせて頂きましたが、不思議とエンジンが頑張ってくれている音、エンジンフィールは素晴らしく、C-HRの1.5倍は良く感じたこともお伝えします。

 

ダメなのは視認性の悪さくらいかもしれません、、これは両車伴にですが。

 

C-HRはデザイン(内外装)が素晴らしいのですが、セグメントが違うヴェゼル比較してもメリットをあまり感じられませんでした。

 

ただし、C-HR現在の人気、予約待ちを考えると、中古車になっても高値が付くのは想像に難くありません。

 

投資車かもですね!

 

もし注意点があるとすれば、これだけ人気のC-HRは3年後の初回車検で大量に売りが出ることで、中古車価格が下がる、それを覚悟する必要あるかもしれません。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】