ヴェルファイアは海外でも大人気であり、現地ではとても入手困難な車なのをご存知でしたか?

 

そんな海外とは中国、ベトナムなどアジア、東南アジアの国々、そして中東諸国などです。

 

新車として輸出された日本車は、現地で高い輸入関税を課せられる為に、販売価格は日本円で1,000万円などは普通だとお考え下さい。

 

従って、人気の日本車で年式が浅く、コンディションの良い車は輸出用として高額査定をされる、そんな構図にあるんです。

 

しかし人気車なら全てが高額査定になるのでしょうか?

 

読み時間2分の中に、きっとお得な情報が含まれているのでお見逃しなく!

人気の日本車が中古車でなければならない理由

1年以上の中古車を輸出すれば、現地の輸入関税がとても低くなるからです。

 

もし新車の現地価格が1,000万円であっても、条件をクリアした中古車ならとても低い輸入関税となり、700万円、500万円で売れるので人気がある。

 

それが高額査定される理由なんです。

 

アナタが500万円で購入したヴェルファイアVL 3.5をシッカリ楽しんだ1年後に売却しても、500万円、それ以上の査定があるかもしれません。

 

そんな海外での日本製中古車のイメージはと言えば ;

 

  • 「高品質」
  • 「安価」
  • 「トラブルが少ない」
  • 「良く整備されていて価値がある」

 

などです。

海外で人気の中古車はどれ

海外で大人気車両は、ランクル、ハリアー、ヴェルファイア、エスティマなどミニバンやワンボックスが中心であり、それらに共通なのは最上級グレードであることです。

 

そんな人気中古車の装備では、誰がどこで使っても嬉しいオーディオ、ナビ、サンルーフは必需品であるとお考え下さい。

 

では、お待たせしてしまいましたが、直ぐにヴェルファイアに戻りましょう。

中古ヴェルファイアに求められる条件

高額査定のための必要条件をまとめました。

 

ヴェルファイア海外人気仕様

カラー パール
排気量 2.5ℓ ガソリン仕様
モデル Z-Gエディション
オプション Z-Gプレミアムサウンド・リヤエンターヴァージョン
Z-Gツインナビヴァージョン
サンルーフ
モデリスタのバンパー

※ガソリン仕様である理由は、世界中どこでも入手できる燃料だからです。

 

これで完璧です。

 

ヴェルファイアの海外新車販売価格は1,000万円越えなので、現地ディーラーであれ、中古車店であれ、一番の需要は中古車となります。

海外バイヤーが求めている日本製中古車とは

評判の高い日本車と言えども、どの車、モデル、カラー、オプションがどこで、いつ人気になるかの予想はできません。

 

従って、海外バイヤーがその需要をつかんだ後にしか、我々には分かりません。

 

しかし、現在人気のヴェルファイア需要が直ぐに降下する可能性はほとんどないのでご安心下さい。

 

理由は日本車のデザインと品質、中古車レベルの高さ、そして最大要因は現地での信じられない関税率と新車価格にあります。

 

海外での高い輸入関税と新車価格が続く限り、日本製中古車の需要は絶対になくなりません。

高額査定目的で車購入するのではないけれど

たまたま海外の諸事情によって高い需要の中古車がある、ただそれだけ、そう考えられませんか?

 

ここまで多くを説明させて頂いて、こんなしめくくりで申し訳ありません。

 

いくら高額査定の車と分かっていても、毎年、1年毎に新車を買い替えるのは現実的ではありません。

 

アナタが裕福で、毎年でも車を買い替えられるのであれば、趣味と実益のダブルチャンス、一挙両得!

 

しかし、そうでなければ、慎重に行動されることを希望します。

 

でも、ヴェルファイアは良いですね!

 

個人的にはVL 3.5L ガソリンの4WDは欲しい、そう書かせて頂きます。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】