軽自動車の寿命とそれに伴う走行距離もどんどん伸びていますが、それには車検とメンテナンスが重要なキーワードとなります。

 

もちろん、ここ数年間では衝突防止装置付きの軽自動車数がどんどん伸びていて、それが寿命に無関係であるとは言えません。

 

アナタが衝突防止装置の軽自動車であれば、車検以外のメンテナンスさえ欠かさなければ10年、20年、そして30万キロ以上の走行も可能となる、そんなお話をさせてください。

 

実際、ロードバイク仲間の軽自動車には31万キロがいます

 

読み時間は3分以内ですが、必要な項目なら30秒でOKです。

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

車寿命の決定権を持つのはアナタです

最近の車は壊れません、衝突防止装置で事故率も低下、そうであれば車は普通に壊れるまで乗りたいと思いませんか?

 

30万キロでも乗り続けられる車にしたい!

 

軽自動車の寿命はオイル交換、部品交換等のメンテナンスさえ欠かさなければいつまででも乗れます。

 

そんな車寿命を延ばしたい、アナタの車への気持ちはこうです。

 

  • もっと車に乗っていたい、ケアしてあげたい、
  • 乗りかえたいくない、、
  • 壊れて使えなくなるまで乗り続けたい、、、

 

そうであれば約束ごとを守りさえすれば、そうなります。

もっと軽自動車に乗っていたい

2年に1度の車検の隙間にあたる年に必要部分のメンテをしてください。

 

消耗品リストの交換時期は一般的であり、それら時期や走行距離より少しだけ早目の交換をすればもっと安心です。

 

実際に、ロードバイク仲間の軽自動車は27万キロ走行、31万キロもありますが、自分の感を頼りにオイル&部品交換し続けているそうです。

 

そんな感にたよる交換時期でも、いつも少しだけ早めの交換タイミングになっているそうです。

 

やはり、車への愛着があるから、そんな感が働くのでしょうか?

 

交換部品はこんなにあっても1年間なら数アイテム交換するだけであり、金額的にも普通車よりはるかに安い金額で済むので、まずはご安心下さい。

 

軽自動車の消耗品名と交換時期

エンジンオイル 普通車は1年、ターボは半年で交換
エンジンオイルフィルター 2回に1回交換
エアクリーナーエレメント 50,000キロごとに交換
バッテリー交換 セルモーターが廻りにくくなったら
冷却水交換 2年ごと
スパークプラグ 20,000キロごと
タイヤ交換 タイヤ溝が1.6㎜以下の時
オートマオイル 30,000キロごと
ブレーキフルード 2年毎
ブレーキパッド(前後) 40,000キロごと
ブレーキシュー 40,000キロごと
ワイパーブレード 1年に1回

 

メンテ価格は店やメーカー毎に大きく変わるので明記していません。

 

感覚的には年間で数万円以内で済むと考えられ、これが普通車との大きな維持費違いとなります。

乗りかえのベストタイミングは短い

3年か5年の車検前売却が一番高く売れるのは確かです。

 

理由は新車保証は通常3年間、延長保証加入車は5年間であり、その期間内は事故以外の修理&メンテナンス無料だからです。

 

従って、売却したいアナタは新車保証残存期間ある車なら高く売れ、買いたいアナタは残存の新車保証期間が残っていれば安心、そんな構図ですね。

 

売却価格としては新車時の55%から40%前後とお考えください。

登録5年以上から7年はどうか

この時期の売却価格は新車時の45%〜30%の間と考えられます。

 

まだまだ売却するメリットあります。

 

しかし、アナタがどんなメンテをした軽自動車だとしても、経過年数なりの価格にしかなりません。

 

それでも、アナタの生活環境に変化があり新たな車が必要なら、この時期が車売却のラストチャンスと判断し行動するしかありません。

 

もし7年であれば、3回目の車検前、車検残存期間が長い内に売却すれば少し加点となります。

登録7年以上経過している場合

走行距離がある7年落ちであれば、査定ゼロも考えられるでしょう。

 

そうであれば最後までケアして乗って上げて下さい。

 

新車購入なメンテ&ケアをし続けたからこそ、7年以上も乗り続けられています。

 

メンテ不足ならば、良いコンディションで走り回れる訳がありません。

 

これからもメンテさえ続けていれば10年、15年といつまでも相棒として働き続けてくれるでしょう

 

やはり車も人も同じかもしれません。

 

それはメンテ、ケアなしには動けません&走れません。

ベストな売却時期まとめ

軽自動車の売却に最適な時期は、新車登録3年、5年の車検前なのはご理解を頂けたと思います。

 

その後であっても、登録7年の車検前が売却のラストチャンスとなるでしょう。

 

そして、そんな売却に興味のないアナタは幸せです!

 

それは生活環境にも大きな変化が無く、大切にケアしている軽自動車にこれからも乗り続けられるからです。

 

多くの人達は生活環境変化に伴い、仕方なく車を売却せざるを得ない、買い替えなければなりません。

 

人間はモノの好き嫌いは直ぐに感じられますが、モノへ愛情表現ができるまでには長い時間がかかってしまいます、、だからこそ長年の愛車は貴重です、、とても。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しいのです。
そのため、車を高く売りたいなら下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もし高く売りたいなら、下取り以外の査定を受けて本当の車価値を確認してください!

下取り以外の査定申込み詳細

エイチーム車査定
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】