車ローンのことで良く聞かれますのが、審査が通りやすくて金利が安いとこありませんか?

 

答えは ; 審査が通りやすくて安い金利はあり得ません!

 

銀行オートローンは審査が2週間から1カ月は必要であり、書類準備や契約に出向いて契約書に印鑑など手間が必要です。

 

そんな手間の代わりに金利が安い、車検証上の車名義はアナタの名前など、それなりのメリットはあります。

 

ディーラローンは30分か1時間の審査で借りられますが、その代わりに金利が少し高い、車検証名義はディーラー名か信販会社名となります。

 

では、今のアナタに一番合っている、便利でお得なローンはどれなのかを一緒に確認していきませんか?

 

あっ、その前にサラ金系やカードローンは金利がとても高いので使わないで下さい!

 

読み時間2分

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1

アナタにベストなローンを選ぶ

アナタに時間的な余裕があって、これら条件に当てはまれば、金利が安く、車所有権も初めらアナタになる銀行オートローンしかありません。

 

銀行オートローンの借入基準他 ;

  • 20歳以上
  • 正社員での勤務年数1年以上が継続中
  • 年収200万円以上
  • 信用情報に問題がない
  • 時間的な余裕がある(審査2週間から1カ月)
  • 借入金利は2.0%前後が一般的
  • 車検証名義(所有者)はアナタ名

 

上記に当てはまれば、2.0%前後の安い金利でオートローンが組めて車所有権は初めからアナタです。

 

そうでなければディーラーや中古車店で100%扱っている信販会社のローン、または車メーカー系のローンが利用できます。

 

ディーラー系ローン(信販会社)の借入基準とは;

 

  • 20歳以上である
  • 正社員、パート、アルバイトで勤務継続中
  • 年収は200万円以上
  • 信用情報問題は、程度によりOK
  • 借入金利は4%から7%前後が一般的
  • 車検証名義(所有者)はディーラーか信販会社名

 

銀行とディーラー系ローンでは、どちらを選べましたか?

 

もしかしたら、どちらも選べなかった!?

 

そうであればアナタに必ず役に立つお話をさせて下さい!

 

目からウロコ!? 聞いたことないかもしれません。

ローン審査基準はディーラーごとに違う

どんなメーカー、ディーラーでも売上が落ちている中、どうしても他社や競合店より1台でも多くの車を売りたい、それがローン審査基準の違いに出ているのをご存知でしたか?

 

そんな違いは誰にも言わない、言えない各メーカー、ディーラー毎のローン審査基準の違いを見て行きましょう。

 

車が売れなければ、なんとしても売上を立てなければならないのが会社です。

 

アナタがローン審査基準の緩和を利用するには比較しかありませんが、車購入の目的があれば進められるでしょう。

 

次は、メーカーやディーラー毎でバラバラなローン審査基準を利用する方法をお伝えします。

車購入者を増やすローン審査基準緩和

トヨタファイナンスの審査だけが他メーカーや信販会社と違う理由はどうしてでしょうか?

 

銀行、信販会社、クレジットカードでお金を貸す際には、信用情報機関3社から必ず我々の信用情報を得るシステムなっています。

 

しかし、トヨタファイナンスだけは、その中の1社としか信用情報契約をしていません。

 

理由は ;

 

  • 3社全てから個人情報を取れば、どこかで、何かでマイナス情報が出る可能性がある
  • 1社だけなら、マイナス情報が無いまたは少ない可能性がある
  • マイナス情報が少なければ融資できる、車を購入してもらえる

 

いかがですか? 

 

一度ローン審査に落ちたら3年間、5年間は借入できない、それを誰もが信じているようですが、それは違うとお考えください。

 

ここではトヨタファイナンスの説明でしたが、各ディーラーは地区、エリアごとで経営資本、親会社が違うために、各系列ディーラーごとで契約しているローン会社(信販会社)が違う、審査基準が微妙に違うとなります。

 

その違いが借りる側のメリットとなります。

 

中古車店のローン審査では、こんな現場レポートもあります。

中古車販売店のローン審査基準緩和

ディーラーも中古車店も信販会社ローンを使いますが、中古車店でもローン審査基準の変化を感じています。

 

その変化内容とは ;

 

  • A中古車店ではローン審査が通らなかったのに、B中古車店では通った
  • 小さい中古車店のローン審査は通らなかったが、大型中古車店では通った
  • 信用問題でローン審査が通らなかったのに、2年後には通った

 

これらから分かるのは、会社の経営方針や事業規模でローン審査内容も変わる、売らなければならないので審査基準を緩めるです。

 

銀行オートローンなら、ディーラーや中古車販売店のやり方は通りません。

 

銀行はその人個人へ融資する、その人の信用に対しての融資だから車検証名義がアナタとなる訳です。

 

しかし、ディーラーや中古車店の信販系ローンでは、車をローン担保にしているので車名義はアナタではありません。

 

もしローンが支払い可能になれば車返却、それでも支払残があれば追加徴収するシステムです。

 

ディーラーや中古車店でカンタンに早くローン審査が通る理由は、ここにあるんですね?

 

最短記事を意識しましたが、少し長くなってしまったので、まとめに行きます。

車ローンのまとめ

もしディーラーローン(信販系かメーカー系)であれば、年に数回ある3月や9月に実施される決算キャンペーン金利を使いましょう。

 

あとは新車発表時期、そして在庫車処分の特別仕様車にもキャンペーン金利があるので注意して見て下さい!

 

通常のローン金利より2%、3%は安くなっているので利用しない手はありません。

 

さらに、キャンペーン期間は金利だけではなく、ローン審査も通りやすい可能性もあります。

 

販売では売上アップは絶対命令、最優先順位事項です!

 

ディーラーでも中古車店でも、決算期の売上アップは絶対命令です。

 

もしローン審査判定に少し問題があっても、お店がベターな意見を言ってくれる可能性が高い、そうお考え下さい。

 

または少し頭金を増やすことで、ローン審査が通る場合もあります。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】