スピード違反による加点、それによる罰金、免許停止、そして免許取消になったらどうしますか?

 

過去1年になんらかの違反があった上でのスピード違反なら、免許取り消しにもなる可能性があります。

 

30Kmオーバなら加点6で免許停止、

50kmオーバーなら加点12となり、

過去1年間に加点3の違反があれば合計15となり免許取り消し、

 

こうなってしまいます。

 

罰金は仕方ないとしても、免許停止と免許取消はなんとかしなくてはなりません。

 

もしスピード違反による加点と罰金を初めから知っていたら、違反の抑止効果にもつながる可能性があります。

 

ここからの読み時間2分にまとめました!

一般道と高速道路の加点と罰金はこれだ

一般道のスピード違反の加点と罰金※減点ではなく加点式です

一般道の超過スピード 加点数 罰金
15キロ未満 1点 9,000円
15キロ以上、20キロ未満 1点 12,000円
20キロ以上、25キロ未満 2点 15,000円
25キロ以上、30キロ未満 3点 18,000円
35キロ以上、50キロ未満 6点 10万円以下の罰金
50キロ以上 12点 10万円以下の罰金

 

一般道であっても罰金がキツイですね?

 

これが、高速道ならどんなことになってしまうのでしょうか。

 

高速道路のスピード違反と加点と罰金

 高速道路の超過スピード  加点  罰金
 15キロ未満  1点  9,000円
 15キロ以上、20キロ未満  1点  12,000円
 20キロ以上、25キロ未満  2点  15,000円
 25キロ以上、30キロ未満  3点  18,000円
 30キロ以上、35キロ未満  3点  25,000円
 35キロ以上、40キロ未満  3点  35,000円
40キロ以上、50キロ未満 6点 10万円以下の罰金
 50キロ以上  12点 10万円以下の 罰金

 

一般道、高速道路でも裁判での罰金が気になってしょうがありませんが、もし罰金を払わなければ6カ月以下の懲役になります。

 

でも不思議に思いませんか?

 

たまたまアクセル踏んだ時に限って、本当に急いでいた時に限って取り締、オービスに絡んでしまうなんて。

 

そして点数や罰金だけでは済まない累積点数6の免許停止や15点以上の免許取消の対応を考えていきましょう。

 

⇒最新の中古車選びは、非公開情報車のチェックしかない!【利用無料】

スピード違反取り締まりオービスは機能しているのか

スピード違反の取り締まりはネズミ捕り、高速機動隊の追尾、そしてオービス撮影などあります。

 

その中でも有人ではないオービス撮影では出頭要請を無視するドライバーが多いと聞きますが、もし出頭命令を無視し続け悪質だと判断されれば、逮捕状を持った警察が自宅に来ることもあるのでご注意い下さいね。

 

しかし、こんな例も知り合いから聞きました。

 

「地元以外でスピード違反を犯し、オービスの目が赤く光り撮影されたそうですが、郵送の出頭命令を何回も無視し続けた結果、連絡が来なくなった」、、です。

 

その連絡が来なくなった原因を知り合いに聞いたところ ;

 

  • 「遠い他県でのスピード違反」
  • 「スピード違反件数の多さに警察も対応し切れていないのではないか」

 

そんなコメントがありましたが、、真相は分かりません。

万が一の免許停止と免許取消の対応策とは

免許停止期間を短縮できる講習を受ければ早く運転できるようになる。

 

しかし、それら講習で短縮される日数は「受講時の態度」「筆記試験の成績」により判断、決定されるので、特に筆記試験では高い点数を取ることが免停期間短縮につながる、そうお考え下さい。

 

そんな講習区分がこちらです。

 

免許停止処分日数による講習区分と受講費用

 免許停止日数 30日 60日 90日120日

150日180日

講習名 短期講習 中期講習 長期講習
講習料金 13,200円 22,000円 26,400円
講習日程 1日(6時間) 2日(10時間) 2日(12時間)

 

スピード違反での免許停止期間はなんとか短くしなければなりません。

 

し・か・し・時間とお金がここでも出て行ってしまいますね?

 

もし、講習を受けなかったどうなるんでしょうか?

講習を受けない選択をすればどうなるのか

講習を受ける受けないは義務ではありません。

 

受ければ免許停止日数が短縮され受けなければ短縮されない、それだけの違いです。

 

しかし免許は取り上げられたままであり、1日でも早く免許を返して欲しい、そんな方が多いので受講者が多いと考えます。

スピード違反のまとめ

スピード違反をしなければこんな問題は起こりません。

 

ただし、分かっていても急いでいる、気分でどうしてもアクセルを強く踏んでしまった等々ありますが、スピード違反の完全予防対策はありません。

 

ドイツのスポーツカーに乗っている人からこう聞きました。

 

「タイプの違うレーダー探知機を3台付けていても100%の効果なかったので全部取り外し、今では感が一番のレーダー」

 

そう話してくれました。

 

アナタも感レーダーを強く働かせていれば効果があるかもしれません。

 

ちなみに「感レーダー」を「感ピューター」と呼ぶわたしです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー