4ナンバーの中古軽貨物車を自家用に使えば、購入費も維持費も一番安くおさえられるのをご存知でしたか?

 

つまり、日本で一番安く乗れるのは5ナンバー軽自動車ではなく、4ナンバー軽貨物車だったんです!

 

軽自動車より軽貨物車がどれだけ安く便利かだけでなく、自動車税、車検の損得までお伝えします。

 

⇒関連記事「軽トラックをファーストカーとして使う!」

⇒関連記事「軽トラックは乗りつぶせる最強の仲間」

 

読み時間2分以内です。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

軽貨物車は車両価格と税金が一番安い

4ナンバーの軽自動車は貨物車扱いとなるために車両も税金も一番安くなります。

 

5ナンバーの軽自動車はどんどん重装備になっていますが、4ナンバー軽貨物車は必要最小限の装備が最大の特徴であるとお考え下さい。

 

そんなシンプルな最小装備は車体を軽くし、燃費にも良い影響を与えるメリットは見逃せません。

 

自賠責保険や重量税は4ナンバーも5ナンバーも同じ、2年車検も同じ、しかし一番大きく違うのは自動車税です。

軽4ナンバー最大メリット軽自動車税の安さ

軽自動車税の¥10,800が一番安いと思っていたら、4ナンバー軽貨物車なら¥5,000ポッきりなんです。

 

もう、これ以上の安さなんて望めません、ありません。

 

さらに軽4ナンバーのモデルチェンジは10年に一度ほどしかありません。

 

理由は、商用のシンプル構造&頑丈に作ってあって壊れません、ヘタりません。

 

使用部材も厚く補強され、ボルト太さも乗用車とは違うので重い貨物を積んで楽に走り周れるんです。

 

そんな安くて丈夫で税金含め維持費がやすければ買いなのですが、市場在庫が少ないのが少々ネックかもしれません。

軽4ナンバー中古が少ない

そんな軽4ナンバー中古を探すのは苦労します。

 

理由はこうです。

 

  1. 需要が大きくない(製造するが多くない)
  2. モデルチェンジが10年に1度ほどしかない
  3. とても丈夫な車なので壊れない&長く乗れる
  4. 市場に出回っている中古車数が少ない

 

軽4ナンバーのメリットをイメージするには赤帽さんがあります。

 

私は年に1回か2回を同じ赤帽さんへ仕事をお願いしていますが、横に同乗していても5ナンバー乗用軽自動車とは全く違うシッカリ感が伝わってきます。

 

走行距離も30万キロオーバーなんて当たり前らしく、50万キロだってあるそうです。

 

つまり軽4ナンバーは全くの別モノ、そうお考えください。

 

生産台数が少なく、長く壊れるまで乗られている軽4ナンバーなら数がないのも仕方ありません。

 

ではどうやって軽4ナンバー中古を見つけるかと言えば、日頃から販売店(新車&中古)に声をかけておくことしかありません。

 

あとはネットで未公開車など限定データから調べるくらいです。

 

⇒軽4を未公開情報で確認する

軽4ナンバーのデメリットはこれだけ

商用車である軽4ナンバーは便利な機能や見栄えの良いデザインは与えられていませんが、それでもデメリットと言えそうなのはこれ位しかありません。

 

  • パワーウインドーなし(一部例外)
  • 折りたためないサイドミラー
  • オートドアロックがない(一部例外)

 

デメリットと言ってもこの程度であり、車に必要とされる基本性能は同じです。

 

自動ブレーキなど装備する車種もありますが、上限作動スピードは30キロです。
※最近(2018年6月)TV宣伝しているダイハツ ハイジェットトラックならより良い緊急ブレーキが装備されています。

 

そんなデメリットよりは、軽い車体の燃費の良さ、安い税金、維持費等々のメリットの方がはるかに大きいと言えます。

軽4ナンバー任意保険が安いのは本当か

約20年ほど前の4ナンバーは年齢による任意保険料の変化がなかった為に、25才までは5ナンバーより安くなっていました。

 

それ以降は保険自由化に伴い4ナンバー軽貨物車の個人使用では年齢条件が設定され、結果、4ナンバー理由での安い保険料は廃止されてしまいました。

 

しかし、保険自由化、自由競争の原理が働いてくれたおかげで保険料が安くなっている現状をご覧下さい。

軽4ナンバーと5ナンバー保険料比較

保険加入年齢 23歳 : 等級 6等級

保険会社 4ナンバー軽貨物車 5ナンバー軽自動車
SBI損保 55,830円 52,860円
アクサダイレクト 48,270円 61,090円
ソニー損保 81,140円 84,660円

 

保険料比較から分かることは、保険会社によって4ナンバーと5ナンバーのリスク判定がバラバラであり、それが会社ごとの保険料に反映されています。

 

このように保険料規定がバラバラなのであれば、多くの保険会社を比較し、アナタに一番合ったサービスと保険料を見つければ安い保険料の4ナンバーとなるでしょう。

 

軽4ナンバーと5ナンバーに限らず、任意保険加入は最低でも3社、できれば5社を目安に見積もりをして下さい。

 

保険会社による車ごとのリスク判定、事故率と保証金額等を各社が独自算定をしてるから保険料がバラバラ、そうご理解ください!

 

少し手間かもしれませんが、上記の保険料比較にあるように数万円の価格差は珍しいことではありません。

軽4ナンバー荷室は広すぎる

軽4ナンバーと軽5ナンバーの大きな違いは、こうなります。

 

  • 軽4ナンバーは貨物スペースが広く、後席はとりあえず的。※基本2人乗り
  • 軽5ナンバーは乗用として4人が乗れる便利な車

 

軽4ナンバーは荷室が広く、室内奥行き190センチ以上あるので、何でもできてしまう感があります。
※車種で室内長が違います。※室内幅はほど同じです。

 

人気のスズキ エブリイの室内サイズです。※マツダ スクラムバン、日産NV100クリッパー、三菱ミニキャブバンはOEM車

 

  • 荷室長 191㎝
  • 荷室幅 132㎝
  • 荷室高 124㎝
    ※室内空間の合計3.12立法メートル

 

この大空間なら、予備充電器を積んで泊まれます、熟睡できてしまうでしょう。※真冬以外

 

私はタイヤを外さないままのロードバイク2台積んで、景色が良いとこをツーリングですね。

 

真面目に、軽4ナンバーは使えます!

軽4ナンバー中古車まとめ

同じ年式と車種の4と5ナンバーを比較しました。

 

機能が少し違っても、4ナンバーの中古軽貨物車は5ナンバーよりも15%〜20%ほど安い価格設定となっていたことも報告します。

 

4ナンバーは5ナンバーより購入価格、燃費、税金が一番安い、そして普通車並みに頑丈に製造されている、それ以外に何を求めることがあるでしょうか?

 

軽乗用は便利な装備満載でも全てが高額になりますが、軽商用は必要装備だけなので税金含め全てが安くなるが結論でした。

 

ただし、絶対需要が小さくモデルチェンジも約10年に1度位しかありません。※最近の各社モデルチェンジは2015年と2018年5月でした。

 

従って、軽4ナンバー中古車数も少ないのが現状です。

 

そうであればネットで探したり、車整備工場や大手中古車販売店に声を掛けておけば必ず見つかります!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】