ミライースとアルト比較では最新自動ブレーキシステム採用はミライースですが、多くの人が気になる燃費ではやはりアルト有利は変わりません。

 

燃費の良さがアルトの良さであり、価格もアルトが安い!

 

その燃費に加えて安全装置も比べてみました。

 

アルトの燃費を求めるアナタが、ミライースの安全性能をどう評価するのでしょうか?

 

その答えをここで見つけて下さい!

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

新型ミライースVSアルト実燃費対決

新型ミライース G SAIII アルトX
JC08燃費 34.2 Km JC08燃費 37.0 Km
街乗り実燃費 23.2 Km 街乗り実燃費 24.7 Km

街の乗りだけではなく、たまに走る高速道路でもアルトの燃費が勝利しています。

 

ミライースとアルトの燃費差はどこから出てくるのでしょうか?

燃費差の秘密は車重以外にあった

新型ミライースの車重650Kg〜670Kg、アルトは610Kg〜650Kgとほぼ互角。

 

ガソリンタンク容量はミラ―スが27ℓに対しアルト26ℓとほぼ互角。

 

上記が互角なら、アルトにエネチャージ装備されているから燃費が良い、そうなります。

 

エネチャージは高コスト装備であり軽自動車にあまり使われないのが普通ですが、それが燃費の良さなのは間違いありません。

 

エネチャージは車が減速する時にでるエネルギーを利用して発電を行うので、従来のように発電機を稼働させるガソリン消費がありません。

 

アルトはエネチャージでいつも充電を行えるので、高価な大型リチウムイオン電池搭載が不要なったのも軽さにつながりました。

 

結果としてアルトは過去にないほどの燃費削減が可能となりました。

エネチャージが燃費を劇的に改善する

車が走ればナビやオーディオ全ての電装品に電気を使いますが、以前はガソリンで動かす発電機オルタネーターが必要だったため燃費は良くならない、悪かったのは仕方ありません。

 

エネチャージになった今はアクセルを踏んでいない減速時、惰性で走っている時のエネルギーを鉛バッテリーと小型リチウムイオン電池に効率良く短時間で沢山貯められます。

 

従って、ガソリンを使わない発電、減速時エネルギーだけの余剰発電100%で走行中の電気全てをまかなえてしまうのがエネチャージなんです。

答えは緊急ブレーキ性能にあり

燃費はアルトで決まりでも、緊急ブレーキなどの安全装置を比べればこうなりました。

 

安全装置比較
車種 新型ミライース アルト
安全システム スマートアシストIII レーダーブレーキサポート
対物
対人
緊急ブレーキ
上限速度
80Km 30Km

 

新型ミライースもアルトも安全装備は標準ですが、使用されているシステムの差が出てしまいました。

 

ミライースはソナーセンサーに世界最小ステレオカメラ搭載、アルトはレーダーシステム。

 

これでは差がでるのは仕方ありません。

 

ミライースならスピード80Kmでも緊急ブレーキ作動しますが、アルトは30Kmまでが作動範囲&限界。

 

当然ミライース安全装備の方が高速道路で役に立つのが分かります。

 

そして対人検知するしないが最大のポイントでしょう。

 

ミライースが対人を検知するに対してアルトはしません。

 

この勝負では新型ミライース!

 

⇒新型ミライース安全性能(メーカーサイト)を知る

ミライースへ個人的コメント

安全装備だけならミライースを選ぶのは間違いありません。

 

  • 低価格の軽自動車で歩行者検知可能な自動ブレーキのスマートアシストIII採用、
  • 車体四隅のコーナーセンサー標準装備、
  • 使える80キロでの緊急ブレーキ(アルトは30キロ制限)、

 

これらは軽自動車として優秀過ぎる位の安全装備です。

 

メーカーコメントによれば、新開発エンジンをあきらめた代わりにコーナーセンサーなど安全装置にコストを費やした、そうありました。

 

だ・か・ら・走行音もロードノイズも全てがウルサイ、静かにしなさい的な感じを受けるのは私だけではありません。

 

ミライースは高い安全性能+高剛性ボディで軽量化されていて燃費もアルトと同等なのに、ノイズが気になって仕方がありません。

 

ミライース安全装置とアルト燃費のどちらかを選ぶのは、個人の価値感しかありません。

 

どちらかを選ぶにしても、発売から1年過も過ぎれば中古車として市場に再登場し始めます。

 

新車登録から3年間は新車保証が適用され、そんな中古なら新車にありがちな初期不良も気になりません。

 

⇒まだ新車保証が使える1年落ち新型ミライースとアルトを確認する

新型ミライースとアルトまとめ

新型ミライースとアルトの実燃費差はエネチャージのおかげでアルト勝利となりました。

 

安全装備では新型ミライースが勝ちました。

 

もしアナタが購入価格の安さと燃費を重視されるのであれば、その答えはアルト、そうなります。

 

安全装備重視なら新型ミラ―スです。

 

あとは使用目的と予算をすり合わせてお考えください。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたいつかお会いしましょう!

⇒関連記事「Sエネチャージとエネチャージの違い!」

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】