ミライースとアルト比較では最新自動ブレーキシステムはミライースですが、多くの人が気になる燃費ではやはりアルト有利は変わりません。

 

燃費の良さがアルトの良さであり、価格もアルトが安い!

 

その燃費に加えて安全装置も比べてみました。

 

燃費を求めアルトを考えているアナタが、ミライースの安全性能をどう評価するのでしょうか?

 

⇒関連記事「Sエネチャージとエネチャージの違い!」

その答えをここで見つけて下さい!

 

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1

新型ミライースVSアルト実燃費対決

新型ミライース G SAIII アルトX
JC08燃費 34.2 Km JC08燃費 37.0 Km
街乗り実燃費 23.2 Km 街乗り実燃費 24.7 Km

街の乗りだけではなく、たまに走る高速道路でもアルトの燃費が勝利しています。

 

ミライースとアルトの燃費差はどこから出てくるのでしょうか?

燃費差の秘密は車重以外にあった

車重は新型ミライース650Kg〜670Kg、そしてアルトも610Kg〜650Kgとほぼ互角でもガソリンタンク容量はミラ―スが27ℓに対しアルト26ℓ。

 

ここまでほぼ互角でも、アルトにはエネチャージ装備されているから燃費が良い、そうなります。

 

エネチャージは高コスト装備であり軽自動車にあまり使われないのが普通ですが、それが燃費の良さとなりました。

 

エネチャージは車が減速する時にでるエネルギーを利用して発電を行うので、従来のように発電機を稼働させるガソリン消費がありません。

 

アルトはエネチャージでいつも充電を行えるので、高価な大型リチウムイオン電池搭載が不要なったのも軽さにつながりました。

 

結果として、アルトは過去にないほどの燃費削減が可能となりました。

エネチャージが燃費を劇的に改善する

車が走ればナビやオーディオ全ての電装品に電気を使いますが、ガソリンで動かす発電機オルタネーターが必要だったため燃費は良くなりませんでした。

 

エネチャージの仕組みはアクセルを踏んでいない減速時、惰性で走っている時のエネルギーを鉛バッテリーと小型リチウムイオン電池に効率良く短時間で沢山貯められます。

 

従って、ガソリンを使わない発電、減速時エネルギーだけの余剰発電100%で走行中の車の電気全てをまかなえてしまうのがエネチャージなんです。

答えは緊急ブレーキ性能にあり

燃費はアルトで決まりでも、緊急ブレーキなどの安全装置を比べればこうなりました。

 

安全装置比較
車種 新型ミライース アルト
安全システム スマートアシストIII レーダーブレーキサポート
対物
対人
緊急ブレーキ
上限速度
80Km 30Km

 

新型ミライースもアルトも安全装備は標準ですが、使用されているシステムの差が出てしまいました。

 

ミライースはソナーセンサーに世界最小ステレオカメラ搭載、アルトはレーダーシステム。

 

これでは差がでるのは仕方ありません。

 

ミライースなら80Km のスピードでも緊急ブレーキ作動しますが、アルトは30Kmまでが作動範囲。

 

どちらの安全装備が高速道路で役に立つかは一目で分かります。

 

そして対人を検知するしないが最大のポイントでしょう。

 

この勝負では新型ミライース!

 

⇒新型ミライース安全性能(メーカーサイト)を知る

ミライースへ個人的コメント

安全装備だけならミライースを選ぶのは間違いありません。

 

軽自動車でこの低価格で歩行者検知可能な自動ブレーキのスマートアシストIII採用+車体四隅のコーナーセンサー標準装備+使える80キロでの緊急ブレーキ(アルトは30キロ制限)、これらは優秀過ぎる位です。

 

メーカーコメントによれば、新開発エンジンをあきらめた代わりにコーナーセンサーなど安全装置にコストを費やした、そうありました。

 

だ・か・ら・走行音もロードノイズも全てがウルサイ、静かにしなさい的な感じを受けるのは私だけではありません。

 

ミライースは高い安全性能+高剛性ボディで軽量化されていて燃費もアルトと同等なのに、ノイズが気になって仕方がありません。

 

ミライース安全装置とアルト燃費のどちらかを選ぶのは、個人の価値感しかありません。

 

ミライース&アルトのどちらかを選ぶにしても、発売から1年過ぎれば中古車として市場に再登場し始めます。

 

新車登録から3年間は新車保証が適用され、そんな中古なら新車にありがちな初期不良も気になりません。

新型ミライースとアルトまとめ

新型ミライースとアルトの燃費差はエネチャージのおかげでアルト勝利となりました。

 

安全装備では新型ミライースが勝ちました。

 

もしアナタが購入価格の安さと燃費を重視されるのであれば、その答えはアルト、そうなります。

 

安全装備重視なら新型ミラ―スです。

 

あとは使用目的と予算をすり合わせてお考えください。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたいつかお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】