高齢者も方に必要な車の条件は3つしかありません。

 

  1. 乗り降りしやすい車、
  2. 視界が良くて運転しやすい自動ブレーキが付いた車、
  3. 狭い道でも通れる軽自動車、

 

そして、もう1つ条件を加えるとしたら価格が安い中古車となります。

 

価格が安い、維持費が安いには燃費も条件に入りますが、毎日乗る軽自動車でなければ燃費よりも安全で乗降りしやすい車しかありません。

 

デザインの好き嫌いもあるでしょうが、1は安全性、2に乗降りしやすさ、3に安い価格の順位で車を選ぶ、それに同意を頂ければ、アナタに一番ふさわしい、希望に合った1台を一緒に選んでいきませんか?

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

安全運転の自動ブレーキに種類がある

軽自動車に装備されている自動ブレーキシステムの種類、タイプを選ぶ、それだけでさらに安全な車を選ぶことにつながるのをご存知ですか?

 

アナタの車選びに絶対必用な知識をカンタンにまとめました。

 

上から優秀な自動ブレーキシステム順、価格の高い順番に並べてありますが、車メーカー各社はこれら自動ブレーキ基本システムを使いながら、各社独自の安全システムを作りあげている、そうご理解下さい。

 

ミリ波レーダー(上級システム)

  • 遠い距離の障害物検知性能が高く、気象条件や太陽光の影響を受けにくい素晴らしいシステム
  • コスト的に高額なので普通車に使われるが、電波検知方式なので人間を障害物として見分けられない※新型ホンダN-BOXに採用
  • 人間、歩行者を見分ける為にステレオカメラ・単眼カメラも同時に利用している場合が多い

 

ステレオカメラ・単眼カメラ(中級システム)

  • カメラは形としてモノを認識するので、人間の形をしている動くものを見分けて停止する
  • 検知距離や角度はミリ波レーダーに及ばないが、自動ブレーキとしての役目は十分に果たす
  • デメリットは天候状態で性能を発揮でないケースがあることですが、メリットは価格が安い
  • ※単眼カメラはステレオカメラ(二眼)に比較し性能が低い

 

レーザーレーダー(低級システム)

  • レーザーが検知できる距離は30m前後なので、スピードを出して自動ブレーキそして衝突回避を確実にするには時速30Kmが限度なので不安
  • 性能的メリットは乏しいのですが、価格が安いので多用される

 

昔は軽自動車には安いコストのレーザーレーダーが多く使われました。

 

数年前から単眼カメラ+レーザーレーダーの組合わせとなり車、モノ、動く人を認識する。

 

2017年からは単眼カメラ+ミリ波レーダーが最新軽自動車に採用されています。

 

これらから選ぶべき自動ブレーキシステムはミリ波レーダー+単眼かステレオカメラになっていきます。

自動ブレーキシステムの本命は

もしミリ波レーダー+ステレオカメラ+レーザーレーダーの組合せがあれば、自動ブレーキシステムとしては最強に近いのです。

 

しかし、それが採用されているのは1,000万円以上の車レクサスLSしかありません、買いません、買えません。

 

2017年8月現在、軽自動車で最も安全な自動ブレーキシステムは単眼カメラ+ミリ波レーダーです。※ホンダの新型N-BOXに採用済

 

ここまでで、やっと選ぶべき自動ブレーキシステムが決まりました。

 

車、モノ、動く人にまで対応する自動ブレーキであっても、一番気になる前後ギヤの入れ違いでアクセルを踏んでしまう、アクセルとブレーキを間違えてしまう事故に対応する安全システムが必ず付いていなければなりません。

選ぶべき軽自動車の装備

高齢者の運転ミスで事故につながる多くが誤発進と呼ばれ、駐車場でのペダル踏み間違いによる、前方、後方への間違った発進です。

 

相手がモノであればまだ物損だけですが、多くの人達を犠牲にすることだけは絶対に避けなければなりません。

 

そんな最新自動ブレーキシステムに誤発進機能(前と後ろ対応)を装備した車種はこれらです。

 

ブルー文字をクリックすると自動ブレーキなど安全装置の詳細があります。

 

⇒ 新型N-BOX

 

⇒ 新型ミラ・イース

 

⇒ タント

 

この3車種の中でN-BOXはホンダ、そしてミラ・イースとタントはトヨタ系列のダイハツが製造しています。

 

つまり普通車メーカーだからこそ、高額な自動ブレーキなど最新システムを軽自動車に使える訳です。

 

もしアナタの車選びに時間があれば、ディーラーや中古車店で直接確認してください。

高齢者にも安心な軽自動車選びまとめ

高齢になれば、なったとしたら身体のどこかが悪くなる、数年前に出来ていた事がムズカシイ、家族が側にいない、そうなる可能性は誰にでもあります。

 

だから独りで動く必要がある、だから軽自動車を選ぶ、、だからアナタは誰にも迷惑をかけないことになる、、、そうなるための安全な車を提案させて頂きました。

 

この記事は、自転車ロードバイク仲間(派手な格好でサングラスにヘルメット)の60代、70代の先輩諸氏から、自動ブレーキ他が役だったお話を元に書かせて頂きました。

 

同様な安全性能の車は他にもあるかもしれませんが、最新&最良と判断した3車種はホンダ、そしてトヨタ系のダイハツ製で安心なこともあり、おススメしました。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー