中古車選びにこそ試乗が必要なんですが「できない」、そう思いこんでいませんか?

 

新車なら誰でもする試乗なのに、どうして中古車は無理だと考えてしまうのでしょうか?

 

確かに中古車の中には試乗ができないモノもありますが、そんな場合の対応も含めてアドバイスします。

 

良い車と出会える、選べる車情報満載です!

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

中古車に試乗がゼッタイ必要な理由

新車は生産管理が徹底されていて、試乗しなかったとしても大きな問題はありません。

 

中古車であれば何年、何万キロと誰かに乗られ、いろんな道を走って来たので車ごとの現状個体差を考えなくてはなりません。

 

そんな個体差を感じる、確認するためには試乗しかない、そうお考え下さい。

 

見るだけでは車の良し悪しは分かりません、感じられません。

 

だから試乗が必要なのですが、個体差を明確に知るためには天気の良し悪しが影響するのをご存知ですかか?

 

天候を選んで試乗が必要なお話です。

中古車確認と天気の関係を知る

雨や夜には車確認も試乗もできません。

 

そして晴天でもダメです。

 

車確認や試乗に適しているのは曇りや、午後3時以降で強い日差しが落ち着いた頃です。

 

日差しが強い時間帯なら、車ボディ表面の乱反射などで塗装面のキズや小さな凹みが見えにくくなってしまうからです。

 

もし車購入後にそんなキズや凹みが見つかっても、修理も交換もしてくれません。

 

理由は中古車なので「現状での売却」それが販売条件だからです。

 

もっと簡単に言えば、現状の車を確認しなかったアナタが悪いとなります。

 

良い中古車を安く買うためにも、曇りや日差しの強くない3時以降に車を確認してください。

試乗すれば現在の性能や問題が判明する

中古車全体をグルッと眺めて見るだけでも、塗装ムラや各パネルパーツごとの隙間や段差が分かります。

 

さらにドアを開けて乗り込む、試乗をしなくては分からないことがこんな沢山あることを知ってください。

 

  • ドア開閉が悪くガタつきがある、
  • サイドブレーキがゆるすぎる(効かない)
  • シートの座り心地が悪い&体系に合わない(シート凸凹)、
  • シート調整機能が不足&不十分なのでベストな位置が得られない、
  • ハンドル調整でチルト機能あってもテレスコピック機能がないのでベストポジションが出ない、
  • パワーウインドが壊れている、
  • ガラスにヒビや傷がある、
  • ハンドルの遊びが大き過ぎる
    ※遊びは中古だからではなくメーカー味付けであり、アナタの好みがどうかが問題になります。
  • エアコンが効かない、※冷房だけ&暖房だけ使えない
  • タイヤがツルツル、※タイヤメーカーがマチマチ
  • エンジンをかけたらブルブル振動する、
  • 変速機ギヤ変換がスムースでない※変速ショック大
  • 走りだしたらサスペンションがガタンガタン、
  • ウインカーやライトが点灯しない、
  • 試乗すると車が少しずつ右か左へ曲がろうとする(事故車の疑い)、
  • 車内にタバコやペット臭があるかどうか、

 

これらをシシッカリ確認しない限り&試乗しない限り、車の良し悪しは分かりようがありません。

 

さらに気に入った車に不作動部分などトラブルあれば、無償を条件で修理してもらってください。

 

アナタがその車を買うのなら、とても正当な要求であり、心配要りません。

 

そんな大切な中古車で試乗ができる場合、できない場合があるのをご存知でしたか?

 

⇒試乗車がある大手中古車店探しは、ここを確認【利用無料】

車の展示方法で試乗ができない場合

中古車店で大量の車をビッシリと隙間なく並べてあれば、気に入った車があっても当日の試乗がムズカシイ場合が多くあります。

 

大量の車からアナタが気になる車を抜きだそうとすれば、周りにある多くの車を移動させる必要があり、短時間では目的車にたどり着けません。

 

まずは中古車店で下調べをし、希望日時に試乗したいとの事前連絡することをオススメします。

 

もちろん、そんな試乗希望車は何台でも可能です。

 

個人の性格もありますが何台も試乗したら悪いんじゃないか、そう思う方は良い車を見つけられません。

 

中古車店であれなんであれ、客の要望に応えるべく対応するのが良い営業マンです。

 

アナタを担当する営業マンがそうでなければ、担当を変えてもらうか違う店に移動してください。

 

それで構いません。

 

ちなみに担当の営業マンを変えるなら、店長に電話するだけでOKです。

車検切れは試乗ができない

中古車販売店には車検切れも多く見受けられ、それらには試乗できません。

 

販売店側とすれば、売れるかどうかが分からない車に対して車検は取らない&取れない、そう考えています。

 

もしナンバーが付いていたとしても、仮ナンバーであれば輸送用なので、そのまま公道を走ることはできません。

 

その場合は車検付の同車を他店で見つけるしかありません。

 

従って、中小や個人経営で在庫車数が少ないお店なら何店舗も見て回ることになりかねません。

 

そうならないためにも大量在庫の大型店中心に車探しをしてください。

 

⇒大手中古車販売店の大量在庫を確認する【利用無料】

任意保険未加入の試乗車で注意すること

中古車に試乗する場合、運転には細心の注意を払ってください。

 

理由は最低限保証の自賠責保険にしか入っていないからです。

 

従って、万が一の事故では賠償の多くをアナタが負担しなくてはなりません。

 

読者の中には試乗中の事故は店側が保証してくれる、そう考える人もいるようですが、違います。

 

これが新車ディーラーの試乗なら任意保険適用されていて安心なのですが、中古車試乗は違います、そうではありません。

 

そんな中古車試乗では敷地の大きい店や専用試乗コースを設けている店を選ぶのが最善です。

任意保険未加入の車を試乗する方法

どうしても気になる車なら試乗したくなるのは当然です。

 

試乗しなくては次に進めません、他車との比較もできません。

 

でも専用の試乗コースが無ければどうしたら良いのでしょうか?

 

こうやって試乗してください。

 

  • 一番安全なのは店員さんの運転でアナタは助手席で車を感じている
  • 二番目はアナタ自身が運転し、店員さんは助手席にいる

 

二番目なら、店員が安全と思える道や時間帯を事前に選んで運転させてくれる可能性あります。

 

万が一でもアナタだけに事故責任を問われなくなる、それらメリットある試乗とお考えください。

 

⇒大手中古車販売店で試乗コース有無を確認する【利用無料】

大きな出費につながる臭いに注意する

車に気になる臭いがあれば要注意です。

 

タバコやペットの臭いは掃除や臭い消しではほとんど取れません。

 

ペットを飼っているドライバーは感じませんが、ペットを知らない人達なら間違いなく気になってしまいます。

 

従って臭いチェックと灰皿の使用痕跡を確認してください。

 

もし臭いを完全に取ろうとすれば、座席シート全て取り外した後に、全シートと車内洗浄する方法しかありません。

 

洗浄コストは車種にもよりますが7万円から10万円にもなるとお考えください。

 

お店側も高額な臭い取りコストを熟知しているので、売り手が決まっていない車の事前クリーニングはしていません。

 

それでも車を気に入った場合は、無償クリーニングを条件に購入交渉することをオススメします。

 

話が少し前後しますが、まとめの前に営業マンに関するアドバイスをさせてください。

営業マンが良ければ良い車に出会える

ディーラーでも中古車店でも、良い営業マンにさえ出会えれば良い車を買えます。

 

そんな営業マン達に共通なのは、自社で取り扱っている車を熟知していることです。

 

どう熟知しているかと言えばこうなります。

 

  • 日頃から在庫車の性能や個性を熟知している(ディーラー&中古車店共通)
  • 従って顧客要望への即対応が可能になる(同上)
  • 中古車店なら、入荷した車に必ず触れて確認している、洗車含めクリーニングをしている
  • 確認方法は移動、機能の作動確認、ボディや内装確認(清掃しながら)

 

特に中古車店は多種多様の車を扱うので、営業マンは必ず搬入&搬出をする、そして内装やボディをクリーニングしながら車全体の良し悪しを把握している、それは間違いありません。

 

従ってアナタの希望や要望に沿った車をアドバイスしてくれる、それが良い営業マンだとお考えください。

 

良い営業マンは必ずアナタの目を見ながら、シッカリと説明してくれるので直ぐ分かります!

試乗できない中古車まとめ

中古車購入では希望車の機能チェック、試乗可能かどうかの事前確認、慎重な試乗の必要性を知っていただきました。

 

そしてアナタの時間を短縮するために、希望車種を取り寄せてくれるサービスも大手中古車販売店なら行っています。

 

⇒希望車種が揃っている&取り寄せてくれる大手中古車販売店を確認する【利用無料】

 

アナタが運転初心者の場合、地方の国道沿いにある大型中古車店なら簡単な試乗コースを持っているので安心&便利です。

 

そんな試乗コースであっても、万が一の事故には十分な注意をお願いします。

 

車は不思議で、希望車種、年式、色、走行距離などの条件を意識しだすとポンポンと見つかるモノです。

 

そんな意識をすることで、アナタが良い車と出会うことを願います。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

⇒関連記事「車は乗り比べして買えば損をしない」

⇒関連記事「年収200万円!買うべき車、買って良い車とは」

⇒関連記事「長く安全に乗れる中古軽自動車の走行距離と選び方」

⇒関連記事「初めての車購入で損しないただ1つの方法」

⇒関連記事「中古車購入で車のプロを同行させる意味とは?」

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】