新車購入では新車保証3年以外にも延長保証2年の加入もススメられて考え込んでしまった経験はありませんか?

 

新車保証期間は3年なので、3年以内に車を売却する人は関係ないと思うかもしれませんが、実は関係が大ありなのを多くの方がご存知ありません。

 

新車保証のお役立ち度、そして延長保証はどんな時にどう役立つのか、使い道とそれぞれの損得も合わせてお伝えして行きます。

 

⇒関連記事「保証継承の手続さえすれば安心な未使用車と中古車購入!」

 

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

新車保証が3種類あることを知れば損をしない

車の保証が3つあることはあまり知られていませんが、これらの中で有料なのが延長保証です。

 

  1. 【一般保証】
    3年までまたは走行距離6万キロまで
    保証内容は電子部品含め全部品対象
  2. 【特別保証】
    5年までまたは走行距離10万キロまで
    エンジン、トランスミッション、安全装置など限定主要部品を保証
  3. 【延長保証】
    一般保証期間を2年間延長する制度
    保証内容は車を構成する全部品が対象となるが消耗品は除く
    延長料金は2万円以内が一般的

 

新車保証さえあれば、お金を払ってまでの延長保証は必要ないのでは? そうお考えかもしれませんね。

 

実は、こんなメリットが延長保証にあったんです。

延長保証は車査定額に影響する

新車購入3年後、4年後に車売却をする場合、ほとんど多くの故障をカバーする延長保証が残っていれば、その分が査定額に良い影響を与えます。

 

もちろん、3年目や4年目に売却しなかったとしても、そこから1年間や2年間は安心&安全と言う訳です。

 

2年分プラスされる安心&安全と高額査定に良い影響を与えるのなら1万円、2万円の延長保証は安いとも言えるでしょう。

 

そんなメリットのある延長保証プランをご確認下さい。

 

トヨタ   保証がつくしプラン

 

日産   グッドプラス保証

 

三菱  ハーティプラスプログラム

 

マツダ  マツダ延長保証プラン

 

スバル  スバル延長保証プラン

 

延長サービスは車種によっても変わってくる場合がありますが、料金は約1万円から2万円以内となっています。

 

ここでは国産メーカー保証のみを記載しましたが、輸入車でもほぼ同じ条件での延長保証であるとお考え下さい。

延長保証の5年目以降は必要なのか?

各メーカーとも7年までは延長可能な保証であっても、金額が3万円以上になってしまう、保証対象が少なくなる、それらを考えるとお得だとは言えません。

 

さらに、車売却で有利な5年を超えているので、7年の延長保証が付いていても車売却価格に好影響は及ぼしにくい、そうなります。

 

そう考えれば、延長保証は何か掛け捨て保険と同じ役目だ感じませんか?

 

人間の保険と同じ加齢するごとに掛け金が高くなるシステム、きっとそれです。

 

しかし、車は人間とは違うので7年延長してまで高い掛け金は支払いたくない、そんな気持ちは私だけなのでしょうか!?

延長保証をタダにするお願い

新車値引交渉は延長保証のお金2万円も入れてからすれば、きっとどこかへ消えて無くなってしまいます。

 

ディーラー営業マンとしては、延長保証の話までしているアナタはエネルギー充てん120%買ってくれると信じるでしょう。

 

そんな値引交渉をした最後の最後に2万円値引ければ延長保証は無料になると考えます。

 

少しだけ図々しい私なら、それに+ガソリン満タンサービス+JAF会員券無料(1年間)を必ずお願いします。

 

新車延長保証は無料にしてもらうのが日本の常識だと考えてください。

 

私も周りの人達も同じ様な値引きをやって来たので、心配ありません。

 

車両値引+無料の延長保証が完了したら、ローン金利の値引に移ります。

 

ディーラーローン金利なら7%前後なので、最低でも2%値引は日本の常識です。

 

銀行ローンなら金利2%値引どころか、ローン金利自体が2%。

 

それを武器にディーラーと戦うのもよし、銀行ローンにするのもよしです。

 

⇒銀行系カーローン:現在の金利を確認する

 

新車保証が付いた未使用車もある

トップページ関連記事「保証継承」をお読み頂ければ、未使用車(1年未満の中古車)ならカンタンな手続きだけで新車保証も使えて安心です。

 

新車を考えていても、予算問題で限りなく新車に近い未使用車という選択もあるでしょう。

 

未使用車は登録された車なので、納期も1週間以内と早く基本以上のオプションが付いているのでお得感があります。

 

でも&しかし、値引交渉はシビアに計画を立てて行ってください。

 

新車乗り出し価格(税金や自賠責など経費加算)と未使用車価格(オプション品も計算する)を比較し、どれだけ未使用車が安くなっているか把握するところからスタートです。

 

もし新車乗り出し価格と未使用車価格に差がなければ(小さければ)、ガツンと値引交渉するしかありません。

新車延長保証の必要性をまとめると

車を査定する人も購入する人も延長保証の有る無しでは車への信頼性、安心感が大きく違うことを考えれば、加入した方がお得になります。

 

車売却が3年目、4年目、5年目未満であっても延長保証の効果が期待できます。

 

延長保証は新車購入時に加入しても良いですし、初回車検を受けるのであれば、それに併せて加入することもできるので、その時々の都合でお考え下さい。

 

もちろん、新車購入時の値引交渉に延長保証を組み込んでいたらな、結果として無料になるのは確かです。

 

もし後日加入でも、延長保証を掛け捨て保険と考え、2年間を1万5千円とすれば毎月625円の掛け金にしかなりません。

 

それが高いか安いかの判断はお任せします。

 

最後まで読んでもらえました!

 

ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしいましょう!

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】