車検が近づいた車を前にして、車検を通すかどうかを悩んでいるのはアナタだけではありません。

 

車検費用だけでも10万円前後となり、交換部品代金+工賃、自賠責保険、重量税、印紙代まで入れれば倍の20万円以上かもしれません。

 

そうなら車検の前と後ではどちらが車を高く売れるのかを考えてしまいます。

 

読み時間1分で高く売れる方法が判明!

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定

車売却を前提とした車検は損をする

車検前に車を売却する判断が正しいとなります。

 

車下取りディーラー、中古車店、一括査定であっても、アナタが使った車検費用を上乗せして買い取る考えはありません。

 

車を買い取る側の論理としては、車検が残っていて車が動かせる状態なのは当然と考えています。

 

もし車検切れの車なら買い取った人が運転して帰る訳には行かないので、何万円もかけてトラック輸送するしか方法がありません。

 

トラック輸送より安いのは、業者が車の臨時運行に使える仮ナンバーを付けて目的地まで運ぶ方法ですが、やはり手間がかかってしまいます。

 

従って、車検を通す前、車検有効内に売却することが少しでも高くる最低条件なんです。

 

車検は残っていて当たり前でも、無ければ手間とコストがかかってしまう、そうご理解下さい。

車検が1年残っていても加算額はわずか

中古車価値20万円の車に車検費用15万円使っても、買取価格は20万円でしかない、そんなケースは良くあります。

 

では車検が1年近く残っていたらどうなんでしょうか?

 

年式や買取価格にもよりますが、車検残り1年でプラス査定1万円前後から高くても3万円未満です。

 

車検残りが1年以上、2年未満であってもプラス査定は2万円から5万円前後でしょう。

 

そうであれば、車検残存価値を考えての売却ではなく、車検前、そしてアナタの都合上ベストタイミングで売るしかありません。

 

それが一番高く車を売る方法の1つとなります。

車検残がどの位あれば安全なのか?

買い取り側の車検残に対するコメントはディーラー、中古車店で似ていました。

 

【車検は長く残っているほど助かるが、最低でも数か月以上あれば最終ユーザーまでたどり着く可能性がある】

 

アナタから買い取った車を自社店舗で売る、オートオークション販売を考えての期間が数か月なのでしょうが、3カ月以上あれば問題ありません。

 

それが6カ月以上から1年未満であれば少しは買取額の上乗せを頼んでも良い、そうお考えください。

車検切れの車を車検にだす方法

車検が切れた車を移動させるには仮ナンバーを取るかレッカー移動しかありません。

 

仮ナンバーは近くの区役所か市役所で即日発行されるので、移動日の前日に手続きすれば使えます。

 

手続きに必要なものは車検証、印鑑、750円だけです。

 

レッカーは高いのでおススメしません。

 

あとは車検を行う大型店なら「引取り納車」サービスがあります。

 

車検切れの車を運んでもらい車検を受ける、あとはアナタが車を引きとりに行くだけです。

 

私なら仮ナンバーでGOを選択します。

車検が切れても売れる車がある

これら車であれば車検が切れていようと何であろうと売れます。

 

それはトヨタのランクル各種(年式問わず)やヴェルファイアの上級車種(除くハイブリッド仕様)であれば、非常に強い海外需要があるので、買取業者ではなく輸出専門業者に電話して下さい!
※ガソリン仕様のみに輸出需要があります。

 

そんな一部の海外人気車種を知らないドライバーの多くが普通の車査定を受けて大損をしている、そんな話はあちこちで聞かれます。

 

アナタの車が海外需要のない車なら国内で売ることを考えてください。

 

まとめ前に、最強のお話をします。

歳とる車売却は今でしょう!

車検前と後ではどちらが高く売れるのかでしたが、違う説明に驚かないでください!

 

実は、車査定額は3~4週間単位で下がり続けています。

 

それを証明するのが、全国で毎日のように開催されている「車オークション」の落札価格なんです。

 

今までは、これらが車を高く売る要因だと信じられてきました。

 

車が高く売れる要因

人気車、

人気色、

車種と装備内容が良い車、

レジャーに使える車、

販売台数が多い少ない車、

年式が若い、

短い走行距離、

 

今でも上記が車を高く売る要因部分もありますが、一番に考えなくてはならないのは歳をとる前に売る、少しでも早く売ることなんです。

 

理由は「車査定額は3~4週間単位で下がる」それしかありません。

 

20年以上も続く経済不況により、車需要より供給の方が勝っている、それが原因の短期間ベースの値下がりサイクルだと考えます。

 

⇒最新の車落札データで買い取る一括査定を確認する【利用無料】

車売却で大切な比較とは?

車売却方法では、立場が違う業者に見積もりをしてもらい、それらを比較すれば一番高値で売り抜けるでしょう。

 

ディーラー査定は安値と分かっていても最低買取価格の基準として使えば問題ありません。

 

さらに比較として大手中古車販売店、そして一括査定を利用すれば完璧です。

 

同時一括査定のマニュアルは下関連記事に詳しく書きました。

 

 

さらに一括査定業者でも3社か4社を呼ぶことで、業者間で違う査定額を確認できるので比較で使ってください。

 

⇒その場で査定額比較し高く売れる一括査定を確認する【利用無料】

車検切れ前後の車売却まとめ

車検前に車売却するお話でした。

 

車も人間と同じで歳をとる、だから月単位で考え早く売る、そうお考えください。

 

アナタが査定を頼むであろう業者の中にはシツコイ人もいるので、事前にこう伝えてください。

 

【直ぐに売る予定はないが、今の車価値を知りたい】

 

【半年先に車を買い替えたいので、事前に今の価値を知っておきたい】

 

業者は車を買い取る商売なので少しシツコイかもしれませんが、ディーラー下取りや中古車店より高く売れるのは確かです。

 

本日も、最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】