事故車と修復歴は違う意味なのをご存知でしたか?

 

事故車とは小、中、大、甚大など4種類のダメージを受けた車を言いますが、修復歴は小、中程度の補修や修理は一切含まれません。

 

修復歴=事故が大もしくは甚大を意味しています。

 

修復歴で査定額に影響するのは事故が大または甚大であり、基本フレームが歪んだ、損傷した場合です。

 

フレームが少しでも歪んだ事故車はどんなに修復しても、車が事故前と同じ直進性能を持つ事はとてもムズカシイ、そんな車は査定がつきません。

 

今回は車売却価格に大きな影響を与える修復歴のお話です。

フレーム修復歴車に査定がつかない理由

一番大切な車体バランスを取る役目は骨格フレームであり、もし衝突事故を起こしフレームに強い衝撃が加われば曲がる、修復は困難を極めます。

 

曲がると言っても一番強度のあるフレームはグニャット大きくではなく、ほんの数ミリ、角度的に0.05度などわずかですが歪んでしまいます。

 

そんな軽度と思える歪みでも、数十メートル、数百メートル直進すると必ず歪んだ方向の右か左に曲がり始め、その速度が速いほどに曲がり方が増していってしまう危険なものである、そうご理解ください。

 

フレームの曲がり、歪み修復では強いマシンパワーで引っ張ったり、押したりの微修正をしながら修復できた様に見えても、運転すると違和感があります、とても高い確率で。

 

結果、フレームまで影響のある事故では車価値がゼロ、査定ゼロになってしまいます。

フレーム修復歴車は本当にゼロ円?

走る車、働くクルマとしての価値はゼロであっても、修理用部品として国内で使う、車本体または部品として海外へ輸出する等の販路があるので、中古車買取店や廃車業者で買い取ってもらえます。

 

廃車であっても、車検期間があるのなら自動車税、重量税、自賠責保険は手続きで戻って来るので業者との交渉時に請求して下さい。

 

そんな業者はああだこうだ言いながら、素人のアナタを丸め込もうとしますが負けてはダメです。

 

鉄くずだって価値があるのに、まだ動く車で税金や保険も前払いしている車が無価値など絶対にありません。

 

まずは廃車業者Aと交渉し、満足がいかなければ廃車業者Bに見てもらいましょう。

 

おススメは数社の一括査定業者を呼べば、査定士の経験と取引先がそれぞれ違うことで、高値になることもあります。

 

⇒自宅や指定場所まで来てくれる一括査定を確認してみる

 

少なくても一括査定ならゼロ円はあり得ません。

フレーム修復歴車がばれるのは何故か?

査定に大きく影響のある修復歴車であっても、プロの査定士達が本当に見分けわれるのか? 

 

そんな質問を受けたことがありました。

 

こうやってバレてしまいます!

 

  • 車全体のバランス、ドアの隙間&段差、など歪みをチェック
  • 修理痕から使用された大型工具を推定=特定する
  • フレーム修復で外したり締めたりするボルト塗装のはがれ、ボルト傷などチェック
  • フレーム自体の傷跡を下から目視で調べる
  • ドアの開閉音からのノイズ
  • ボンネット、トランク開閉などなど

 

フレームは隠れて見えなくても、プロの査定士達は99%近い確率でフレーム修復履歴を見つけだす、みんなプロなんです。

事故歴や修復歴に申告義務はあるの?

事故歴や修復歴を積極的に自己申告する義務はありません。

 

申告しようがしまいが、資格あるプロが時間をかけて査定しているので彼らの判断に任せれば良いとも考えます。

 

ただし、後々のトラブル回避のためには自己申告、事前申告をおススメします。

 

まあ、それにしても査定士の技量はスゴイ、それしかありません。

 

先日、都内で日本最大手の中古車店を見学していたところ、なんと担当者が偶然にも査定士でした。

 

その彼にはシツコイほどにこう聞きました!

 

  • 本当に細かいところまで査定ができるのか? 
  • 事故車や修復歴を見つかられるのか?

 

そんな30歳過ぎ位の査定士は自信ある声で、「査定士はプロです!車を見極め査定するのが仕事です!」、そう返答してきました。

 

従って修復歴車は99%お縄になる、そうお考え下さい。

軽いキズやヘコミは査定額に影響するのか?

簡単なキズやヘコミは査定額に影響があってもミニマムだとお考え下さい。

 

しかし、見た目は大事なので簡単に修復可能なモノはご自身で行い、洗車もしてあれば査定士への印象度アップは確かです。

 

そんなカンタン修復であっても、バッテリー、ワイパーブレード、オイル交換などは査定には関係ありません。

車修復歴のまとめ

査定を受ける際に問題なのは、安全運転に支障あるフレームなど修復歴であることを説明いたしました。

 

無事故の車が一番良い査定であっても、バンパー、ドア、ボンネット等々の安全走行に無関係な修復が査定に影響するのはミニマムです。

 

査定士はそんなミニマム修復である塗装ムラ、光沢違い、修理で外したボンネット裏のビス無塗装、もっと多くから情報をキャッチできるので全部バレバレでんがな、、です。

 

そうであれば、可能な限りの自己申告を行い、査定士に良い印象を与えることで少しでも良い査定結果につなげる、そうお考えください。

 

また読破してもらえるような記事をアップしていきます。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】