この記事は60才から70才半ばのアナタに書かせてください。

 

時代的にTV普及後は、これらが人気だったのではありませんか?

 

のらくろ、安寿と厨子王、チャンピオンふとし、月光仮面、七色仮面、ハリマ王、少年ジェット、ナショナルキッド、鉄腕アトム、鉄人28号(実写版)、エイトマン、宇宙家族(米国)、忍者部隊月光、少年ジェッタ―、8823海底人、マッハGo,Go,Go、、もっとあるでしょう・・・

 

もう少し若い60歳前後なら宇宙少年ソラン(立花ソランとチャッピー)、宇宙エースとか!?

 

私のロードバイク仲間の大先輩でお酒を飲むと、「ゆーやーたぁあーーー」と叫ぶのできっと昔のTV番組か漫画からだと想像しています。

 

そんな時代の遊びはメンコ、ベーゴマ、チェッカー、缶けり、かくれんぼ、悪漢探偵、駄菓子屋のくじ、紙芝居と水飴、そして遠足のおやつはバナナと飴、キャラメル、お小遣いは100円まで、、、駄菓子屋では1円や5円で買えるモノがあったとか。

 

良い時代でしたね本当に!

 

あと遠足のバス乗り物酔いでせんぱー(字を知りません)飲んだとか!?

 

これからお話はロードバイク(自転車)の先輩達(60~70歳半ば)からアドバイスと伴に教えてもらいました。

 

60代から70代の仲間達が、どんな車を所有し便利で楽に感じているのか、満喫しているか、そんなお話がアナタの車購入の参考になればと思います!

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

高齢者に選ばれるのは軽自動車

始めから結論ありきですが、アナタが1人生活、またはご夫婦2人なら中古軽自動車しかありません。

 

軽自動車の理由はこれらです。

 

  • 小型で車幅感覚がつかみやすい、
  • 事故を起こす&巻き込まれる確率が一番低い(走行パターンなどから)
  • 低い事故率データから自賠責&任意保険も一番安い
  • 税金や維持費も一番安い、
  • ワゴンタイプは背が高く荷物を沢山積める&寝れる
  • 実用面含め多趣味に使える&対応できる
  • 洗車に必要な時間は普通車の半分か2/3程度(ワックスも同様)

 

中古軽自動車を選べばお金がかからず多目的に使えて不自由もしません。

 

年齢を重ねる度に、体調変化や視力&反射神経&注意力などに違和感を覚えた経験はありませんか?

 

特に50代後半辺りからスピード感覚、距離感、視力、聴力、注意力も少しずつ衰え始め、それを補正する方法、回復させる方法はありません。※保険適用外の眼科手術他なら部分的に治る可能性あります。

 

そうであれば大型や中型車から軽自動車に乗りかえるだけでこんなメリットがあります。

高齢者が軽自動車を選ぶメリット

軽自動車ワゴンタイプであれば背が高く室内高140㎝前後(車高175㎝前後)& 荷室長190㎝もあり、どんな趣味用具を満載しても寝ても余裕です。

 

車ボディ形状も平面構成で背が高い長四角、そんな箱型で運転座席位置も高いので視界=見晴らし良く安心です。

 

視界の良さだけでも周辺状況を簡単に認識できるので運転にも安心感が生まれます。

 

特に多種類ミラーで車左右&下方、そして真後ろまで目視できてしまいます。

 

軽ワゴンであればロードバイク用の自転車2台が積めますが、アナタの趣味が釣りでも何でにも使えてしまうのが素晴らしい、そうお考え下さい。

 

荷室長が190㎝近くもあるので疲れたら横になって仮眠、遠出したついでに!?軽く飲んでしまっても酔い覚ましで数時間、または1泊くらいは何も問題ありません※真夏と厳冬期は除く(予備電源あれば真冬でもストーブや電気毛布など使えるので問題ありません)

 

あとの使い道では移動式の書斎、趣味の部屋に変身してしまうのが素晴らしいとこです。

 

軽ワゴンの荷室部分は小部屋的な雰囲気がありますが、それはフラットな平面で構成されている+天井!?が高いからです。

 

ロードバイク仲間には、軽自動車に予備電源を積んでコーヒーを立てて楽しんでいます。

 

さらには真冬でも天体望遠鏡尾積んで地方に移動、スライドルーフから星を眺めている(電気毛布に包まりながら)、そんな人もいました。

 

そんな便利で使いやすく年式の若い軽自動車は人気であり、中古でもあまり値下がりしていません。

 

そうなら3年などローン購入も考えられます。

軽自動車の購入方法

車を買い替えるとなると、じゃあ新車でも買おうか、そう考えるのは誰も同じかもしれません。

 

新車をどんな丁寧に乗っても約3年で半額程度に落ちてしまうのでモッタイナイ、そう考えませんか?

 

それが数年落ちや5年落ち程度の中古車購入なら毎年の値下がり率は約15%しかなく、中古の方が少ない出費で購入後も価値が落ちにくい、そうなります※北米の中古車値下がり率も約15%と同じです。

 

同じ中古でも新車保証がある3年落ち以内、そして新車延長保証がある5年落ち以内の車なら万が一でもメーカー保証が受けられるので安心です。

 

そして中古車ローン購入なら、ディーラーや中古車店の信販クレジットと銀行マイカーローンのどちらが良いのでしょうか?

 

まずはローン提供する会社で金利がとても大きく違ってくるのを確認してください。

 

  1. 中古車ローン(正式名は信販クレジット)は約10%
  2. 新車ディーラーローン(正式名は信販クレジット)は約3.5%~7.5%
  3. 銀行マイカーローンは約2%~3%ほど

 

上記1と2は直ぐに借りやすい代わりにこのようなリスクがあります。

 

  • 貸し出しリスクを補うために金利を高く取る、
  • ローン支払完了その日まで車所有権は信販会社にある(自由に売れない)、

 

上記3の銀行マイカーローンならこうなります。

 

  • 審査期間が約7日間あっても金利が一番安い、
  • 車所有権は始めからアナタにある=いつでも売却できる

 

車所有権がアナタにあるので、銀行マイカーローン支払い途中でも車売却ができてしまいます。

 

簡単に言えば、中古車ローンやディーラーローンの大元である信販会社が車を担保に取るので数分の簡単審査のみ。

 

一方の銀行マイカーローンはアナタの信用を調べた上で融資する、アナタの信用に対してお金を貸すので車を担保に取る必要がない、そうなります。

 

そうなら銀行マイカーローンが得でも、ローン返済完了年齢が70歳規定なので注意が必要です(全てのローンに共通の規定です)。

 

70歳までの理由は、借金で加入義務がある「団体信用生命保険」の申込み年齢が70歳までだからです。

 

厳密には70歳までにローン返済完了しなければなりません。

 

アナタが70歳前なら金利が一番安い銀行マイカーローンが借りられる可能性大です。

 

⇒銀行マイカーローン:借りられるか5秒診断で分かる!

こんなにあった軽自動車所有のメリット

軽自動車メリットは普通車セダンとは比較にならない位に多くあります。

 

これらは私と先輩ロードバイク仲間で、そうだそうだと同意した軽自動車メリットです。

 

  • 車が小さく、出かけるのがおっくうにならない
  • ロードバイク2台が楽々と積める!!!
  • ワゴンの長四角いボディなら前後左右の死角がほとんどない
  • 多くのミラーがあるのでカメラなくても前後左右の目視可能、
  • 運転が楽で楽しい、そして駐車が楽ちん
  • 車高&着座視点が高く、狭い道でのすれ違いも簡単
  • 自動車税が一番安い¥10,800※4ナンバー貨物軽の自動車税なら5,000円のみ
  • 車検費用は6万円前後と車の中で一番安い
  • タイヤやオイル交換、そして修理費も一番安い
  • 燃費は小型車の次くらいに良い
  • タイヤ、バッテリー、オイル交換、工賃含めとても安い
  • 荷室の高さ&奥行とも大きく広く、小型車より使い勝手が良い
  • どんな趣味にも使え、移動寝室や書斎としても使える(住めない)
  • 夫婦ケンカしても、車で1時間程過ごしてから自宅に戻ると和解が早い!?
  • 軽自動車は搭載バッテリーが小型なので、予備電源さえ積めば電気ストーブも使える、コーヒーも立てられる

 

ロードバイク仲間の先輩達も、昔はセダンやミニバンに乗っていました。

 

それでも趣味のロードバイクや釣り道具を積んで狭い道や農道や山道を楽に移動できる軽自動車、そして維持コストを激安にするのも軽自動車しかありませんでした。※私も含め

 

次は軽自動車の少し意外な使われたかをご紹介します。

独りの時間をユッタリ過ごせる使い方

個人的にロードバイクを走らせながら見かける光景(高い頻度で)があります。

 

それは川沿いや湖沿いの道に軽自動車が良く止まっていて、中には高齢な男性がばかり乗っています、いつも何台か同じ車を見かけることもあります。

 

勝手な想像ではありますが、独りでユックリ過ごしたい、家に居たくない、家で奥様と長く居たくない、だから車で外出し新聞や音楽で長時間を過ごしているのかもしれません。

 

多くは想像でも、そんな人達の多くが外で長時間を過ごしているは分かります。

 

それはロードバイクの行に見て、数時間後の帰り道にも見るからです。

 

さらにローバイク先輩で家に居たくないから毎日ロードバイクで走っている、そう聞かされたこともあります。

 

私がその人に「奥さんは家で何をしてるんですか?」と聞けば、「韓流ドラマを見ている」、が答えでした!

 

でも&しかし、様々な有効利用が軽自動車にあるのは間違いありません。

 

次は軽自動車の安全装置必要性についてです。

安全装置を重視する考え方

小さい軽自動車は国策により税金が意図的に安く設定してあります。

 

さらに車検や整備費用など維持管理費も安くなっている。

 

そんな小さく便利な軽自動車に必要なのは安全装置です。

 

自動ブレーキで前方車にぶつからないのは当たり前ですが、1つだけどうしても必要な装備があります。

 

それは前後方向を感知する「誤発進抑制機能」

 

高齢になって一番多い事故はギヤの入れ間違いの「誤発進」であり、それを防ぐ「誤発進抑制機能」が絶対必要です。

 

歳のせいか単なる勘違いなのか前後ギヤ入れ違い、アクセルとブレーキの踏み間違いの事故が多発していることが必要とされる理由です。

 

ニュースによくある車が暴走&突っ込む、アレです。

 

そんなアクセルとブレーキ踏み間違い防止には(前後)誤発進抑制機能が必要です。

 

さらに人やモノにも作動する基本安全装置2種類のどれか1つも必要とお考えください。

 

  • 「ミリ波レーダー+単眼カメラ」
    または
  • 「ステレオ式カメラ」

 

上記システムなら人やモノも認識して自動警告、そして自動停止までしてくれます。

 

使っても良い同基本安全装置を採用する軽自動車メーカーは以下です。
※車種と年式で安全基本装置に違いがあるので必ず事前確認をして下さい。

 

  • ホンダ  → ミリ波レーダー+単眼カメラ
  • ダイハツ ⇒ ステレオ式カメラ
  • スズキ  ⇒ 単眼カメラ+レーザーレーダー
    カメラは人やモノを認識します。

 

逆に人も認識しない、使ってはダメな基本安全システムは下記です。

 

赤外線レーザーやレーザーレーダー(古いシステムなので買わないで下さい)

 

 

そんな安全装置のことでも何でも確認したいことがあれば、この総合サイトは役立ちます。

 

⇒車に関する全てが見れる、比較できる総合自動車サイトです【利用無料】

低い事故率が保険料が安くしている

軽自動車に安全装置付いていても、まだ危険と考える人が多くいます。

 

しかし現実はその逆です!

 

日本で販売される軽自動車は新車全体の約40%以上とスゴイ人気であり、軽自動車の全体保有率に至っては約50%!

 

つまり日本で走っている車の約2台に1台が軽自動車なんです。

 

そんな大量に所有されている軽自動車の事故率が低いのは自賠責保険と任意保険の安さが証明しています。

 

保険ビジネスは一番シビアであり、シッカリとした過去の事故データが無い限り軽自動車保険料を安くしたりは絶対にしません

 

従って軽自動車の事故率が少ない(普通車比較)データによって安い保険料となっています。

 

特に低いのは死亡事故数なんです。

 

その理由はこのように考えられます。

 

  • 高速道路走行の頻度&時間が少ない
  • 軽の性能により、走行スピードが低目である※飛ばさない
  • 一般道他で高速走行をしない&できない※飛ばす気にならない
  • 近距離&中距離移動に多用される
  • 長期距離移動には多用されない
  • 普通車と全く同じ基準の安全走行テストを受けている
  • 普通車と同じ安全装置が採用されている※ホンダ軽は完璧な安全装置採用
  • 軽ワゴンは着座位置が高く多種多様なミラーにより死角がほとんどゼロ
  • 年配や女性のドライバーが多い

 

どうですか?

 

上記を読めば、軽の事故率低さが感じられませんか?

 

元から低い事故率に加え「前後誤発進抑制機能」があれば安心です。

 

どんな中古軽自動車に前後誤発進抑制機能があるか確認してください。

 

⇒安全装置付き中古軽を未公開車情報から確認する【利用無料】

※未公開車情報とは一般公開されるまでの準備中データのことです。

高齢者に選ばれる車まとめ

車は大き過ぎれば運転がムズカシイ、税金や維持費などかかり過ぎ持て余してしまいます。

 

1人か2人に丁度良いサイズの車、乗りやすく荷物も積めて趣味や何にでも使える車は軽自動車です、それも中古。

 

中古なら税金、燃費など維持費も格安なので短期間で購入コストをペイできるからです。

 

さらに事故率が低いことから一番安い保険料で済みます。

 

アナタが求めている車と軽自動車は違っていましたか?

 

もし同じであれば、もう1つのアドバイスとして、必ずターボ付きの軽自動車を選んで下さい。

 

そうすれば急な坂道、高速道路、4人乗車+大荷物であってもスイスイ走ってくれるので安心です。※私の中古N-WGNもターボ付きです。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「軽4ナンバー中古車を自家用にするのは損か得か?」

⇒関連記事「新型N-BOXカスタム試乗でショックだったこと」

⇒関連記事「50代・60代の車選び/中古外車編」

⇒関連記事「安全装置比較だけで分かる買っても良い車と悪い車」

⇒関連記事「コンパクトカーの安全装置が軽より時代遅れな理由」

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】