買取専門店とオークション代行ではどちらが車を高く売れるか比較したことありますか?

 

どちらの売却方法にもメリットとデメリットがあるのはご存知でしょう。

 

もう一つ、リスクもあります。

 

言葉遊びではありませんが、、、

 

リクスはデメリットよりも強い危険度を現す言葉をとして使われています。

 

カンタンにはこんな意味とお考え下さい。

 

デメリット = 可視化できる、見える、予見できる

リスク   = 可視化できない、見えない、予見できない

 

買取専門店とオークション比較をするとオークションの方に高いリスクがいくつも隠れている、、それを説明させて頂きます。

 

加えて、一般買取店では「無料」の言葉が並んでいて「無料査定」は当たり前と考えてしまいがちです。

 

そんな中でも何が無料で、何が有料なのかをシッカリ事前確認する必要があるのではないでしょうか?

 

読み時間3分です。 必要項目のみお読みください。

買取査定は何が無料なのか

ネットにある査定関係では 

 

「一括査定」 

「インターネット査定」 

「電話査定」 

「店頭査定」 

「出張査定」 

 

と似た表現があるけど全部無料なんだろうか?

 

どこがどう高く買取をしてくれるのだろうか? 考えてしまいますね。

 

買取店査定にも業者でいくつかの方法があり、それらを説明していきましょう。

 

例えば、店頭に持ち込んだ場合は無料であったとしても、指定の場所まで出向く出張査定を依頼した場合は、交通費などの実費要求する業者もあります。

 

どこで査定を依頼するにしても;

 

店頭査定料金、出張査定料金の有無は確認した方が安全です。

 

次に新たな確認ポイントを明記します!

無料査定後に車を売らなくてもOKか

一般の買取査定では複数店に見積もりを依頼し、最も高い店に売るのが一般的です。

 

では、もし売れなかったとしても無料なのか?

 

査定はしてもらったけれど、売却はしないということがありますよね?

 

そんな時でも無料なのかどうかは必ず事前確認しておいてください!

一括査定という選択はあるのか

大手の買取専門店には伝家の宝刀「一括査定」があります。

 

一括査定の査定士たちは日々、全国どこかで行われているAA(オートオークション)情報を活用しています。

 

今に幾らで買い取れば双方(売り手と買い手)にメリットがあるのかを瞬時に判断し、適正であろう買取金額をあなたに伝えます。

 

もし、提示された買取金額に不満があれば、更なる価格交渉もその場で行えます。

 

それを可能にしているのがAAからの「相場情報」、つまり最新の生きている相場情報なので使い道があるのは確かでしょう。

価格交渉が不要な理由とは

一括査定では一番高い金額を提示したした業者には後で連絡する、と言うルールさえ決めておけば交渉はほとんど不要になります。

 

一括査定業者は相場からの買取金額データは持っていますが、実際に買い取るのは営業マン、人間なのがポイントとお考えください。

 

もしアナタが買い取り業者を3社から5社を同時に呼んで査定させれば競争となります。

 

結果として買い取りデータ価格+営業努力でのベストプライスをあなたに提示してくれるでしょう。

 

もし一括査定を同時に3社から5社で行えば、いくつものベストプライスから勝ち残った1つをあなたはゲットできます。

 

そんな一括査定なら同時に何社にも来てもらい、査定金額を名刺の裏に書いてもらいましょう。

 

そして「一番高い査定の人へ後日に電話連絡します」、それだけ伝えて現地解散!

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しいのです。
そのため、車を高く売りたいなら下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もし高く売りたいなら、下取り以外の査定を受けて本当の車価値を確認してください!

下取り以外の査定申込み詳細

エイチーム車査定

オークション代行のリスク

オークションは愛車を高く売る方法にもなりますが、少しシビアすぎる、リスクが伴うことを説明させて下さい。

AA(オートオークション)に参加するためには資格が必要で個人で車を出品することができません。

 

AA代行サービスを行う業者もあり、同代行サービスを利用して一般人は参加できます。

 

では買取専門店とオークション代行ではどちらが高く売れるでしょうか?

 

金額だけで言えばオートオークションの方が高く売れる可能性が高いと言えます。

 

買取専門点は、ユーザーから買い取った車をオークションに出し売却することで利益を得ます。

 

従って、オークションで売れるであろう価格よりも低い金額でユーザーから買い取ります。

 

オークション代行の場合、オークションで売れる価格がそのままアナタに入るので高くなります。

 

  • しかし、、AA代行では、車が落札がされなければ売れません

  • 落札される可能性は40%、45%とも言われ、単純に出品車の約半分が売れ残る計算となります

  • この1/2の売却確立はあなたにとってリスキーと言えるのではないでしょうか?

 

もし売れなかった場合は、次のオークションまで待つことになります。

 

更にオークションでは出品店の利益やオークション会場の手数料、陸送代に加えて、代行手数料が掛かります。

 

オークションの方が高く売れる可能性はありますが、その販売できるであろう確率の低さにリスクを感じてしまうのはアナタだけではありません。

 

この記事タイトルは「買取専門店」と「オークション代行」ではどちらが高く売れる?です。

 

しかし本当は「どちらの方がストレス無く、短時間で、そこそこの値段で売れるか」、売却関係リスクが少ないかで選ぶ必要があります。

車を高く売るのまとめ

車買取査定対オークションでは、明らかにオークションにリスクがあるのを理解されたと思います。

 

どちらの売却方法にもメリット&デメリット、そしてリスクがありましたが双方で予見しにくいリスクのみリストアップしてきました。

 

買取専門店のリスク ⇒ 査定価格が未定

 

オークションのリスク ⇒ 落札されるか否か不明、落札価格が未定、落札手数料発生(落札価格によって手数料が変わる=リスク)、車の搬入搬出経費(万が一落札されなければ更なる搬出及び次回オークションへの搬入費用が発生する。

 

車売却には手間と時間がかかる場合があります。

 

「時間=お金」であり、少しでも手間暇かければそれなりの良い結果が得られるとお考えください。

 

そんな中でも可視化&予見可能なメリットとデメリットを意識しながら行えば、リスクを取る危険は限りなく小さくなる、それを伝えしたく書かせて頂きました。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました!

 

あなたは「車の買い方【119番】」から必要な情報をゲットできたでしょうか?

 

答えがYESなら嬉しい限りですが、NOであるならば力不足おわび申し上げます。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが利用してよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】