タイヤ屋さんの宣伝では一切ありませんが、タイヤ選び1つで車の性能が上がる、または事故になり難いのをご存知でしたか?

 

昔、アメ車に乗っていた頃はタイヤツルツルでワイヤまで露出していたので、危険があぶないを数回ほど経験しました。

 

タイヤの約半分にはワイヤーなど金属素材が使われているんですが、それがピンピン飛び出てたんですから、、、。

 

その時にタイヤに救われた、そう考えさせられました。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

軽自動車にこそ必要な高性能タイヤ

2014年か15年迄は各タイヤ―メーカーとも低燃費タイヤ競争の真最中だったので、乗り心地や安全性の優先順位は2番目だったかもしれません

 

ここ数年は快適性や性能重視の高級タイヤが多く発売され、軽自動車用でもプレミアムタイヤが増えて来ています。

 

理由は、軽自動車だからこそ耐久性能と走行性能の両方を兼ね備えたタイヤが必要だからです。

 

タイヤのゴム質、ブレーキ性能や排水性能、そして地面からの振動減少などタイヤに少しだけ気を使うだけで安全確保になります

軽自動車タイヤ最大の問題は小さい外径

普通車タイヤが1回転する間に軽自動車タイヤなら1.5回近く回ります。

 

普通車と同じ距離を軽自動車が走れば、タイヤはより多く回転し地面からのダメージを受けることになる、つまり早く減ってしまいます。

 

それ以前に、軽自動車タイヤは幅が狭いことにも危険が潜んでいます。

 

幅が狭いので路面を少ししか捉えていない、本の少しの接地面しかない。

 

のタイヤ1本が路面と接する面積をご存じですか?

 

なんと手の平サイズしかありません。

 

従っていつも良いコンデションのタイヤでない限り、コントロール性能に影響があるとお考え下さい。

 

そうであれば軽自動車のタイヤこそ早めに交換すれば、安全性も快適性も保てることになります。

軽自動車のタイヤは雨にとても弱い

軽自動車のタイヤは小さいので、タイヤ径の大きい普通車と同じ距離を走ればタイヤ回転数は多くなります。

 

従って悪路や雨で道路と接地する時間も必然的に長くなり、路面からの影響を強く受ける=走破性能が低下します。※普通車比較

 

雨のハイドロプレーニング現象(タイヤが水膜で水に浮く現象)であれば、道路接地時間が長い軽自動車タイヤはとても不利になり、もしタイヤが減って溝が浅い状態で水溜りの上を走れば、タイヤは滑ります。

 

そんなタイヤトレッドパターン、溝の深さは新品で約7㎜〜8㎜ありますが;

 

  • 半分の3.5㎜になれば排水効果が落ち、
  • 1.6㎜のスリップサインが出たら排水効果激減でタイヤは水膜で浮き上がってしまう

 

車のレースならドリフト、4輪スライドでしょうが、、一般道では危険過ぎます。

選ぶべきタイヤ性能と購入金額

静粛性、乗り心地、操縦性能が高いタイヤ、そんな高級タイヤが軽自動車に相応しいと考えます。

 

タイヤ価格は5,000円前後から10,000円少し、セールでは4本セットで15,000円もあります。

 

私のN-WGNタイヤを全交換したのが2016年夏前なので1年ほど走って、その良さを感じました。

 

耐摩耗性能もあると聞きましたが、減り方はどうにも比較はできません、分かりません。

 

しかし、タイヤ内部にノイズ吸収シートがあり、以前のタイヤより静かでコーナリング性能も高い、それは確かです。

 

小さいタイヤなのに非対称パターンになっているのと同時に、タイヤ両側面も厚く強化してあるので背の高い軽ワゴンでもあまりふらつかない、高速カーブでも踏ん張っている、それは分かります。

 

説明書の材質にはシリカ分散性を高め、転がり抵抗と濡れた路面グリップ、耐摩耗性も向上した、そうありました。

ヨーロッパ製タイヤがスゴイ

個人的感想なのですが、ヨーロッパ製タイヤは高くても性能が良いのを実感しました。

 

真っ直ぐ走ったり、ゆるいコーナリングではどのメーカーも似ていますが、急カーブなどステアリングをオモイッキリ切った状態でもグリップ性能が落ちないのはヨーロッパ製タイヤだと実感した経験が何回もありました。

 

つまりタイヤが横を向いた状態でもグリップする様に設計されているのがヨーロッパ製タイヤ、そう考えます。

 

生意気なコメントと思われるかもしれませんが、国産タイヤで思いっ切りステアリングを切るとグリップが抜ける、路面を取らえ切れてない、そんな感覚があります。

 

さらにヨーロッパ製タイヤはゴム品質が飛びぬけている、それも実感しています。

 

以前に所有したドイツ車はコンチネンタルタイヤであり、素晴らしい乗り心地&安定感&強グリップを発揮してくれました。

 

そのイメージから趣味のロードバイク(自転車)にもコンチネンタルを使い、車と同様に高いグリップと鋭い加速性能を満喫しています。※コンチネンタルのゴム質とタイヤパーターンは最高であり自転車では国産やアメリカ製タイヤは敵いません。

 

コンチネンタルは軽自動車用サイズが無いので、代わりミシュランを使っていますが最高のグリップ&コーナリング性能は同じでした。

 

ヨーロッパ(ドイツ、イタリア、フランス)は南米を統治していた経験から、ゴム市場&利権がとても強く良い材料を優先的に仕入れられると考えます。

 

そんなミシュラン製の軽タイヤ4本セットでは3万円以上します。

 

しかし、万が一を考えれば高性能タイヤを選ぶ必要を強く感じています。

軽自動車タイヤ選びのまとめ

高性能タイヤで一番強く感じたのは、制動距離の短さ、ブレーキの効きが良くなった、コーナリング性能です。※減り方は不明です。

 

ゴム材質とデザインなのか背の高い軽ワゴンの車線変更でもふらつない、非対称パターンのおかげなのか良く効くブレーキもありました。

 

今でも知り合いから、、軽自動車で危なくないの? そう聞かれますが4本約30,000円の高性能タイヤにしただけで、騒音もふらつきも減少、そして雨天走行でも不安が小さく足が取られ難くなったので、高い買い物ではありませんでした。

 

タイヤで安心が買えた、不安が小さくなった、、それが高級タイヤ、高性能タイヤにして良かった点です。

 

30,000円で危険回避、命が救われるなら、もっと高い&高性能タイヤならどうなるんでしょうか!?

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

またいつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「コンチネンタルとミシュラン」タイヤ比較

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】