2019年も5月連休明ける頃には自動車税納付書在庫中と書かれた封書が届きます!

 

し・か・し・車を所有して13年超なら自動車税と重量税が同時に増額になってしまうのはご存知でしたか?

 

13年超えれば5月の自動車税は約15%アップ、そして車検で支払う重量税は約40%もアップしてしまい、どうしようもありません。

 

そんな今の愛車を維持するかどうかを迷ってしまうのはアナタだけではありません。

 

13歳を迎えた車を維持し続けるかどうか迷う前に、少しだけお得になるであろう内容をお読みください。

 

どうするかの判断は2分後にお願いします!

 

読み時間2分です。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

自動車税と重量税の増税がキツイ

古くても毎日走ってくれている愛車、ガソリン税含め13年間シッカリ払い続けた自動車税、重量税!

 

メンテも施し車検も受け、相当に税金貢献しているはずなのに13年超えた車には新たな「増税」が待っている、頼んでもないのに・・・

 

古くても毎日とても元気な車達に増税、これってお年寄りの年金カットと同じイジメなのではありませんか!?

 

13年超えた増税が本当にキツ過ぎるのなら、車を買い替える選択もあるでしょう。

 

まずは13歳超えた車達への増税率の大きに驚いてください!

自動車税が2割+重量税は4割も上がる

13年超えた車の税金はこんなに上がってしまいます!

 

最初は毎年5月に納付案内が来る「自動車税」、そして車検で払う重量税アップをお伝えします!

 

自動車税は15~19%アップ

自動車税増額分(毎年5月支払)※乗用 2年自家用

排気量 通常税額 13年超税額 増税率%
軽自動車 10,800 12,900 19%
1.0リットル以下 29,500 33,900 15%
1.5リットル以下 34,500 39,600 15%
2.0リットル以下 39,500 45,400 15%
2.5リットル以下 45,000 51,700 15%
3.0リットル以下 51,000 58,600 15%
3.5リットル以下 58,000 66,700 15%
4.0リットル以下 66,500 76,400 15%
4.5リットル以下 76,500 87,900 15%
6.0リットル以下 88,000 101,200 15%
6.0リットル以上 111,000 127,600 15%

※6.0リッター前後の車なら、13年超増税で10万円オーバーなのはスゴ過ぎます。

 

重量税は21~39%とスゴイアップ

重量税(2年に1回の車検時支払)※乗用 2年自家用

重量(トン) 通常税額 13年超税額 増税率%
軽自動車 6,800 8,200 21%
0.5トン以下 8,200 11,400 39%
1.0トン以下 16,400 22,800 39%
1.5トン以下 24,600 34,200 39%
2.0トン以下 32,800 45,600 39%
2.5トン以下 41,000 57,000 39%
3.0トン以下 49,200 68,400 39%

 

重量税は2年に1回の車検でしか払わないので、自動車税額を単純に約2.5倍にしてあるのが重量税、そう計算できませんか?

 

どちらにしても高すぎます。

 

車売却を考える前に、増税されても車維持が出来るかどうかを考えてみましょう。

 

さらに万が一の売却でも、査定ゼロ円はあり得ないことは先にお伝えします!

 

最低でもこれら還付されるからです。

 

  • 自動車税還付、
  • リサイクル料金、
  • 自賠責保険、

 

上記が各残存期間に合わせて戻ってきます。

 

さらにどんな車であっても(動かない車含め)、輸出業者なら必ず買取ってくれるでしょう。

 

理由はこれらです。

 

  • 優秀で車検などメンテを受けている中古車は世界中で人気、
  • 本当に壊れていても中古部品として使える部分も多い、
  • 世界約100ヵ国輸出されている中古車、
  • 一括査定経由などで輸出業者に買い取ってもらえる、

 

そんな中で事故車どころか、タクシーはスゴイんです。

 

タクシー廃車基準とされる走行距離70万キロは、あまり知られていません。

 

70万キロで輸出され、第二の車生で30万キロやもっと走れるのが日本製の車なんです。

 

一括査定業者はどんな車であっても国内はもちろん、海外へも売却するルートを持っています。

 

⇒日本最大手の一括査定会社を確認する

 

そんな13年ではなく18年経過の車に乗っていたら、最後の最後に重量税アップが待っています。

18年経過した車は重量税だけが大変

自動車税は13年超で税金アップ終了しても、重量税だけは18年超の車に更なる増税をしてきます。

 

重量税とは車の軽い&重いが道路に悪影響を与えるとの考えで、重さごとに課税され道路修繕や建設費用に使われます。

 

車が古くなり13年超でも18年超でも車重は変わらないのに、重量税だけは最後の最後(18年超)までアップしてくれます!?

 

車が18年超なら要チェックです!

 

18年超の重量税(2年に1回の車検時支払)※乗用 2年自家用

重量(トン) 通常税額 13年超税額 18年超税額
軽自動車 6,800 8,200 8,800
0.5トン以下 8,200 11,400 12,600
1.0トン以下 16,400 22,800 25,200
1.5トン以下 24,600 34,200 37,800
2.0トン以下 32,800 45,600 50,400
2.5トン以下 41,000 57,000 63,000
3.0トン以下 49,200 68,400 75,600

 

18年超の重量税は通常税額に比べ、な、なんと53%以上もアップしてます。
※軽のみ29%アップ

 

こんな高課税なら18年超の車は保有できません。

 

少なくとも自動車税に18年超が無いので少し安心かもしれません。

 

次は増税など全てを含めた車維持費を知ってください!

増税分含めた毎月の車維持費を知る

一番良い車維持費の計算方法は車関係費用と税金を合算し、月割平均にして安いか高いか把握するしかありません。

 

もし月割平均が高く生活に影響するようなら、車を手放すか買い替えるかの選択もあるでしょう。

 

この計算をアバウトでも良いのでやって見てください!

 

  1. 自動車税(÷12ケ月
  2. 重量税(÷24カ月
  3. 車検費用(÷24カ月
  4. 自賠責保険(÷24カ月
  5. 任意保険(÷12カ月
  6. ガソリン代(毎月の平均
  7. 高速など有料道路使用金額(アバウトでOK)
  8. 駐車場(毎月分
  9. タイヤ&オイル交換、バッテリー、そのほメンテ必要経費(÷12カ月
    ※メンテ費用の見積もりはカーショップで直ぐに分かります。

 

上記1~9を12や24で割れば、毎月の金額が出ます。

 

それらを合計さえすれば、毎月の車経費なのですが、あまりの金額にヒェーかもしれません。

 

計算で得られた月単位の車維持費が予想外だったのはアナタだけではありません!!!

高額な車維持費を知ったらどうするのか?

私も計算しながら、毎月そして年間にこんな車に使っているんだ、そう強く感じてしまいました。

 

誰であっても毎月の生活費は決まっていて、そこに車維持費が2万円、3万円と増えて行く様であればどうしますか?

 

若い年式で安い維持費の中古車に乗りかえる必要があるかもしれません。

 

そんな車乗り換えるの決断ポイントが13年超の増税と修理費用増大となります。

 

日本で13年経過した車を所有している誰もが払う税金なので不平等とは言えません。

 

しかし車に故障が多く、燃費も悪いのであれば増税分と併せ多額の出費となり、どうするか考える必要があります。

 

そんな際にも、古い年式車の価値を分かってもらえる&安くても下取り金額を提示する中古車業者で売買すれば安心です。

 

特に中古車購入なら、保証部分と保証期間をシッカリ提示する業者を選ぶしかありません。

 

新車なら購入リスクがゼロ%でも、中古車は年式によって購入リスクがどうしても上がってしまいます。

 

そのため、多くの人達が割高な新車購入をやめて、長期保証付きで整備された中古車を選んでいるので参考にしてみてください。

 

⇒長期保証付で完全整備された中古車を確認する【利用無料】

 

次は維持費9にあたるメンテ内容&交換部品の詳細をお伝えします。

 

驚かないでくださいね!

維持費中のメンテ内容の多さに改めて驚く

上記9にある維持費内容が多すぎて書くかどうか少し迷いましたが、お伝えします。

 

それらをメンテ内容や交換時期を認識する&しないによって、13年超の車維持にも関係するからです。

 

覚悟は良いですか!?

半年&5,000Kmごとの維持内容

  • エンジンオイル交換
  • ワイパーゴム交換
  • ウインドウォッシャー液交換
  • タイヤローテーション
    ※ローテーション不可もある

1年&10,000Kmごとの維持内容

  • エアコンフィルター交換
  • バッテリーチェック&交換
  • オイルフィルター交換

2年&20,000Kmごとの維持内容

  • スパークプラグ交換
  • ATFオイル交換
  • ブレーキオイル交換
  • ラジエター液交換

5年&50,000Kmごとの維持内容

  • ベルト系の交換
  • エアクリーナー交換
  • パワステオイル交換
  • ショックアブソーバーオイルのチェック

10年&100,000Kmごとの維持内容

  • ブレーキディスク交換
  • ゴム(ブッシュ&ブーツ)交換
  • エンジンマウントのゴム交換
  • タイミングベルト交換
  • ラジエーターホース交換

10年以上150,000Kmならこんな維持内容

  • オルタネーターブラシ
  • オルタネーターベアリング
  • サーモスタット
  • プラグコード水温センサー
  • フューエルフィルター
  • ブレーキキャリバー
  • ブレーキマスターシリンダー
  • サイドブレーキワイヤー
  • クラッチディスク
  • ホイールベアリング
  • タイロッドエンド
  • マフラー

 

車は走れば走るほどに、年式が古くなればなるほどにメンテポイントが増え出費も大きくなります。

 

本当はパーツごとの標準金額も書きたかったのですが、店舗と車種で値段が千差万別もありギブアップしてしまいました。

 

申し訳ありません。

 

大手カー用品店で、愛車のメンテ費用をご確認ください。

車維持費以上に気になる安全性能劣化

乗用車は2年毎の車検があり細かいところまで調べるので安心です。
※新車は3年(乗用車)

 

特に安心と思えるのは基本走行に関係する部分をシッカリ調べてくれることです。

 

しかし、これからも長く乗る車なら予防安全装置も考えなくてはなりません。

 

今の車で運転に自信があるアナタでも、こんな場合には別の安全装置付き中古車へ乗りかえる選択肢もあります。

 

  • ブレーキとアクセルの踏み間違い経験あり
  • DとRのギヤ位置を間違えてアクセルを踏んだ、踏みそうになった
  • 右左折で一瞬人やモノを見失った
  • 後方視界の悪い、見えにくい車
  • 左右や斜め後ろから来る車にブツカリそうになった
  • 夜間運転での視力がとても落ちている
    ※近眼では特に夜間視力ダウンとなる
  • 後方車のライトがまぶしい(自動防眩ルームミラーになっていない
  • ライトのON / OFF を忘れる(オートライトシステムになっていない
  • 高速&山坂道でターボ仕様が必要に感じる(パワー不足)
  • 燃費が少しずつ悪くなっている
  • 整備頻度と費用が上がってきている
  • ライトの光が弱っている&見えにくい
  • イライラしている
  • 疲れが慢性化している
  • 忙しすぎる
  • その他

 

上記で気が付いたことはありませんか?

 

運転と無関係な項目があるとお考えかもしれませんが、上記全てが安全運転に関係しています。

 

13年超の車でも車検やメンテをシッカリやって安全にする部分と、自動ブレーキなど人間が気づきにくい危険を教えてくれる部分の安全は全く別モノです。

 

アナタがこれからも長く車を運転するのであれば、これから5年後、10年後も安全運転を続けられる安全装置があれば、もっと楽に安心して疲れにくい運転が可能になるでしょう。

 

でも&しかし安全装置付の車は2013年前後からであり、その頃の安全装置付き中古軽自動車でも50万円以上にもなります。

 

そうなら今の愛車価値を知ってから、買い替える&買い替えない、それを判断するしかありません。

 

⇒愛車が高く売れるか査定額を一応見てみる【利用無料】

 

そんな中で、トヨタが「後付け踏み間違い防止システム」を2018年12月に販売開始しました。

トヨタ車限定の後付け踏む間違い防止システム

トヨタで後付け安全装置を装置できるのは下記です。

 

  • プリウスの2009年5月18日~2015年12月8日販売モデル
  • アクアの2011年12月26日~2018年4月2日販売モデル

 

それらは売れ筋車限定でも、徐々に車種を増やしていくと考えられます。

 

さらに同サービスを継続してもらえば&年数経過すれば、13年落ちでもカバーするのは確かです。

 

ただし同機能はこれら限定的なモノとなります。

 

  • 前方&後方の障害物に向かっての急発進で加速を抑制する
  • 後退時に速度が出過ぎないように加速を抑制する

 

そうであっても、万が一の事故抑制に効果があるのは間違いありません。

 

価格も55,080円(消費税込み)なので、少し期待できると考えます。

 

もし同サービスが他メーカーにも普及するのであれば、13年経過した車を持ち続けられる、愛車と長く過ごせることにもなります。

13年超の税金アップと車乗りかえ

愛車の税金が上がるのは誰でも嫌です。

 

長年ちゃんと車検を受け続け、自動車保険にも加入しているのに車価値ゼロ+税金アップはあり得ません。

 

それでも、客観的&第三者視点で車にかかる経費を月割で算出して見て下さい、経費を目に見える形でとらえてください!

 

税金だけでなく、修理費、任意保険(車が古く安全装備が無いと保険料アップします)の全てが増えていれば考える必要があります。

 

特に任意保険に付ける車両保険は、15年超の車には適用できない保険会社ばかりなのも気になります。

 

さらに、安全性能強化の必要性を感じたのなら、車乗り換えの時期かもしれません。

 

そんな安全性能は自動ブレーキだけではありません。
※古い赤外線レーザーは使えません

 

若くても年配で安全運転に必要なのが「前後誤発進抑制装置」です。

 

疲れや勘違いでのアクセルとブレーキ踏み間違い、シフトレバーのDとRの入れ間違いが、「あるある」からです。

 

13年超や18年超の税額アップでの乗り換えよりも、安全運転理由での乗り換えにシフトチェンジした方が長く安全なカーライフにつながります。

 

13年超えなら廃車するしかないのでしょうか?

 

新たな行き先はないのでしょうか?

 

実はあります。

 

車は国内で売れなけば輸出されて、海外で新たな車生を20万キロ、30万キロでもいとなむからです。

 

⇒古い車でも必ず値段が付く!その売却方法を確認する【利用無料

 

まとめの前に自動車税でお伝えしたい最新情報があります。

自動車税でバトルする経産省と総務省

減税して景気を良くしたい経産省、財源維持をしたい総務省で自動車税減税をどうするかバトルしている2018年11月です。

 

消費税10%となる2019年10月前に何としても車関係の減税をしないと景気が更に悪化するのは誰から見ても分かることです。

 

政府は地方銀行救済、路線バスなど地方交通期間の維持、そして自動車税など躍起になっているのが分かります。

 

そんな国が考える自動車税減税アイデアは1㏄=16円です。

 

計算モデルは昔から優遇されている軽自動車税の10,800円が基準です。

 

軽自動車660㏄ x 16円 = 10,560円(約10,800円)

 

それが基準なら、新たな自動車税はこう予想できます。

 

新たな自動車税(毎年5月支払)※乗用 2年自家用

排気量 通常税額 2019年の減税予想額
軽自動車 10,800 同左
1.0リットル以下 29,500 16,000
1.5リットル以下 34,500 24,000
2.0リットル以下 39,500 32,000
2.5リットル以下 45,000 40,000
3.0リットル以下 51,000 48,000
3.5リットル以下 58,000 56,000
4.0リットル以下 66,500 64,000
4.5リットル以下 76,500 72,000

※全て1cc x 16円で計算してあります。
※例:1.5リットル=1500㏄ x 16円 =24,000円

 

上記計算では排気量2.0リットルまでは安くなっても、2.5リットルからはそれほどでもありません。

 

国からすれば自動車税減税=兆単位の税収源であっても、国民からすれば海外比較で驚くほど高い車関連税は可能な限り下げてもらいたい、そうなります。

 

これからも経産省と総務省のバトルがどうなるか着目していきます。

 

このバトルは2019年1月でも結論が出ていません。

13年経過での増税まとめ

2018年9月の経済産業省発表で、2019年の税制改正へのコメントがありました。

 

それは車体課税の抜本的な見直しをする、

自動車保有にかかる税負担経験を検討する、

軽自動車税10,800円を参考に普通車の税金引き下げを検討する

 

この流れで13年や18年経過した車にも減税適用があることをお願わないではいられません。

そう思いませんか?
既に消費是10%が確定したこともあり、自動車税減税はどうしてもお願いしたい、そう考えます。

 

誰でも車に愛着を感じているので、余程の状況変化、事故、大きな故障が無い限りは乗り続けますが、毎年や2年ごとに必ず発生する自動車税と重量税は大きな負担です。

 

それ以前に、世界一高い日本の自動車税を何とかしてもらいたい、それは我々の願いです。

 

そうすれば愛車とずうっと一緒にいられます。

 

私が大昔にもらったホンダアコードは本当によく働いてくれた、できればずうっと乗っていたかった、それを今でも想いだします。

 

ご幸運を!

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「2019年の車購入と消費税10%を考えました」

⇒関連記事「車ローン金利比較」計算不要で支払の損得がスグ分かる!

⇒関連記事「10年落ちの車を売るたった1つの方法とは?」

⇒関連記事「安い中古車の価値は車検残存期間にある」

⇒関連記事「自動車税早見表と月割税額で分かる車の維持費」

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】