最近、また地震が多くなっていると感じませんか?

 

3.11の際はスーパーではモノが1日で無くなり、水は1人1本しか買えず、それよりも大変だったのがガソリン購入でした。

 

給油券配布に並び、給油の列で数時間、5時間もかかり、極めつけは給油量制限20リットル、大型車はアウトでした。

 

もっと大変だったのは車を被災した方々の車購入であり、中古車価格は何割も上がり、定価の新車納期も不明と言う状態が長く続きました。

 

そんな、いつ起こるか分からない地震災害への対応、それを改めて考えて行きましょう。

 

⇒関連記事「津波や豪雨で車が冠水、浸水しても走れるの?」

 

読み時間2分以内にしました。

大変だったガソリン問題を解決する

震災後のマイカー選びで重視するようになったことの半分は燃費でした。

 

その理由はこうです(被災者コメントより);

 

  • 給油整理券をもらうのに1時間以上並んでも20リットル制限
  • 給油困難で車に乗れず、バッテリーが上がった
  • ガソリンスタンドの25円便乗値上げ
  • 風評被害でタンクローリーが来ない

 

そんな経験をした方々が選んだ車は、ハイブリッドや軽自動車、ミニバンだったのを記憶されているのではありませんか?

 

ガソリン給油にそんな苦労するなら、電気自動車、PHV、PHEVを選べば電気を使うので良いのではと考えてしまいますが、少々違います。

 

電気自動車の充電施設不足や震災での長時間停電、PHVやPHEVはガソリン発電なので給油必然。

 

もちろん、燃費の良い車を購入するのも必要ですが、もっと大切なのはガソリンの給油タイミング、それしかありません。

ガソリン半分になる前に給油する

震災後に増えたのはガソリンが半分になる前に満タンにする方法です。

 

この方法ならガソリン半分時点で震災に遭っても、残り半分は確保できているので安心感があるからです。

 

もしガソリン残量ランプ点灯してから給油するドライバーと比較すれば天国と地獄かもしれません。※震災発生時ならば。

 

昔の本には、常時満タンだと燃費が悪くなる、そんな記事もありましたが、あり得ません。

 

常時満タンや頻度多い給油では損をする感覚があったとしても、通年ガソリン消費量、金額の変わりません。

 

逆に燃料タンク内の空洞部分が常時少ない状態になるので、空気量(湿度)が小さく、水抜き剤は完全に不要となるでしょう。

震災後に大きく変わったことは

ある震災後のアンケートで、約半数近くが「ガソリンを小まめに入れるようになった」「長距離運転直後に満タンにする」でした。

 

アナタの車燃費がどんなに良くても、ガソリン半分以上が常時入っている、それが最低限&最大のサバイブ条件であるとお考え下さい。

 

車タイプがワゴン、ミニバンなど寝泊まり可能なモノを選ぶのも大切ですが、アナタが安全な場所、必用な場所へ移動できる状態にある車が一番必要になります。

地震災害に強い車はあるのか

地震災害ではSUV、三菱デリカ、スズキのジムニーなども言われましたが、巨大な物体で道路が寸断されていたり、陥没では通常の車は走れません。

 

そこは悪路や山道とは大きく違う状況であるとお考え下さい。

 

そうであれば普通の車で良いとなりますが、欲を言えば後部座席がフルフラットになる+予備電源もあれば数日間は過ごせそう、そう思うのは私だけではないと思います。

 

⇒ 車購入は無料の非公開車情報サービスを使えば安く良い車が見つかる。詳細はこちら

地震災害に対応できる車まとめ

「ガソリン半分前に満タン」このルールがあればいつでも移動可能、そしてサバイブ可能と仮定させて下さい。

 

そんな震災時にガソリン給油待ちで半日費やしてしまうのはモッタイナイ、、その間に安全な数百キロ先に移動できるからです。

 

満タンなら大型車でも300キロ以上、コンパクトカーや軽自動車は500キロ以上も走れ、ガソリン半分でも数百キロ走行可能になります。

 

国内外含め地震が多過ぎる2017年秋です。

 

ガソリン以外でも備蓄していますか? 私は大量に備え過ぎ状態かもしれません!?

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】