地震やゲリラ豪雨などで河川氾濫、水深60センチ以上ありそうな道路を走行したらどうなるの?

 

水はタイヤハウス上部まで達し、マフラーは水の中なので、数十メートルも走れば、空気取り入れのマフラーが水を吸い込み、エンジンに注ぎこみ、止まります。

 

そんな状態でドアも開きにくく脱出困難なり、まだ作動するであろうパワーウインドを使い直ぐに脱出するしか選択はありません。

 

そんな災害で冠水、浸水した車の対処方法を考えて行きましょう。

 

⇒ 関連記事「どんな車でも地震災害に対応できる」

冠水、浸水路は走れない弱い車

間違ってもガード下や坂の下など低いくぼ地の道路を走るのは絶対にダメです。

 

TVニュースなどで高架下など水が深く溜まっているのに、数十メートルだからと走り抜けようとして、エンジン停止、ハザードランプがチカチカ。

 

そんな車なら豪雨が去っても動かしては行けません、、危険です。

 

必ずレッカーを呼び、整備工場へ運ぶのが安全だとお考え下さい。

 

冠水、浸水でエンジン他が無事で動いたとしても、整備に20万円以上から30万円はかかるでしょう。

 

もしエンジンが始動しない、そんな状態なら50万円もあると思います。

どうしても冠水路を走るのなら

車の電気系統や車内に水が浸入する以前に、マフラーに水を吸わせては絶対にダメです。

 

そのために日頃からマフラーの一番低い位置を記憶しておきましょう、、20㎝、25㎝、30㎝。

 

同時に日頃から走っている道路付近の縁石の高さとマフラー最低高を把握していれば、マフラーの水没を避けられる可能性が高まるでしょう。

 

そんな縁石の高さは地域でも違いますが、基本は15㎝、20㎝、25㎝となっているので、道路脇の縁石より水位が上であれば、安全な場所でエンジン停止しかありません。

 

それでも走り抜けたいのであれば、道路センターライン沿いに走るしか方法ありません。

 

道路は雨などの水はけを考えて造られるので、道の中心部が一番高位置となり、水位も縁石付近よりは低目であるからです。

 

しかし、万が一のメンテ、修理費用を考えれば冒険になるのは致し方ありません。

冠水後の車をスグに使うのは危険

ゲリラ豪雨や津波(海水)で冠水、浸水した車のエンジンを始動すれば車両火災の原因にもなりかねません。

 

特に海水(塩分)では通電しやすい状態、車を動かす以前に発火の可能性もあり、事前にバッテリー端子を外して置くことをオススメします。

 

エンジンルームまで水が来た車でも、バッテリー端子を外せば漏電や火災事故は防げるので、整備工場へ出す前に行いましょう。

 

バッテリー端子を外すための注意書きは3.11で運輸省も被災者へ出していました。

バッテリー端子の外し方

バッテリー端子はプラス(赤いカバー)とマイナス(黒いカバーかカバー無し)ありますが、最初に外すのは必ずマイナス端子からです。

 

  1. 必要工具は10㎜スパナ1本※通常は車に装備。
  2. エンジンキーを抜き、ライトなど全て完全に停止
  3. マイナス端子のナットをスパナで左回転(半時計周り)※スパナがプラス(赤)端子に触れないようにする
  4. ゆるくなったマイナス端子をぐりぐりして外す
  5. 外したマイナス端子(金属部分)にビニールテープを巻いて終了

 

ここまで済ましておけば、あとは整備工場が迎えにくるまで待つだけなので安心です。

震災、災害でキーを無くしたら

震災ではキー紛失がとても多かったと聞きました。

 

車種にもよりますがキー作成&イモビライザー登録で2万円から3万円以内。

 

プッシュボタン式なら、冠水でキーバッテリーがアウトでも、キーロゴをスタートボタンに近づけて押すとスタートできます。※メーカーによる違いがあるかもしれません。

災害での車両保険はどうなるの

ゲリラ豪雨ではこんな災害で車両保険が使えます。

  • ガード下の冠水に埋もれた
  • 土砂災害に巻き込まれた
  • 機械式駐車場が冠水

 

し・か・し、地震や津波での損害は一切補償されないのでご注意下さい。

 

もし車両保険に地震特約が付いていれば補償もありますが、あまりにも規模が大きいので車両価格に関係無く一律50万円のようです。

 

特約保険料が安くても、この補償では気休め程度に感じてしまいますね?

車が冠水しても走れるの?まとめ

が冠水し、水位がマフラーより上の場所で走行しては絶対にダメです。

 

もし、車が冠水してもエンジンさえ切ってあれば、水が引いた後に使える可能性がとても高くなるからです。

 

しかし、それが海水での冠水ならばECU(エンジンコントロールユニット)、コネクター、ハーネス、ケーブルもっと多くが影響を受けるので廃車になる可能性がとても高くなります。

 

そうであれば豪雨であっても真水なので、走行を上手く控えればサバイブできる、そう言えるでしょう。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】