車を買う時には全長x全幅x全高は気にしても最小回転半径は無視していませんか?

 

狭い道でUターンできるか、切り返せるか、それは車の大小ではなく最小回転半径の大小が原因なのをご存知ですか?

 

さらに、同じ車種の買い替えであっても最小回転半径が違う事実も併せてお読みください。

 

きっとアナタの車選びが変わります!

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

最小回転半径を決めるルールとは

車の取り回しの良し悪しを決める最小回転半径、そこにはこんな駆動方式の基本ルールが存在します。

 

最小回転半径を決める基本ルール

駆動方式 最小回転半径・曲がり
FR後輪駆動 小さい・良く曲がる
FF前輪駆動 普通・普通に曲がる
4WD全輪駆動 大きい・あまり曲がらない

 

FR後輪駆動は前輪に駆動装置が無くタイヤの切れ角度スペースを確保しやすい。

 

FF前輪駆動は前輪の動力装置が邪魔になりタイヤの切れ角度に制限がある。

 

4WD全輪駆動は4本全てのタイヤ駆動させる装置のために、さらに可動スペースが取られ切れ角度が小さい。

 

もっと簡単な表現では2WDは曲がるが、4WDは曲がらない、、です。

 

上記は基本ルールなので、各メーカーではホイールハウスを大きくしてもデザインで目立たない様にしたり、FFや4WDでもタイヤ切れ角度を大きくし、最小回転半径を小さくしています。

 

では私の得意分野である外車乗り最小半径はどうなのか見ていきましょう。

主要外車の最小回転半径比較

2018年8月現在での外車最小回転半径を比較したら面白いことが分かりました。

 

そんな外車にはアメ車が一台も入っていせん。

 

アメリカ車カタログには燃費も最小回転半径も記載が一切が無いからです。

 

理由は燃費も悪い、最小回転半径は6 mどころか6.5 mでも普通だからです。

 

まあ、日本が50個も入る国土面積だから「大周りになる」その感覚さえ無いのでしょう。

 

では我々が興味ある人気ヨーロッパ車の最小回転半径を確認していきましょう。

ヨーロッパ車の最小回転半径比較

メーカー・車名 最小回転半径 車長 (mm) 駆動方式
ベンツ
Aクラス 5.1 m 4355 FF
Bクラス 5.2 m 4440 FF
CLAクラス 5.1 m 4685 FR
Cクラス 5.1 m 4715 FR
Eクラス 5.4 m 4940 FR
GLAクラス 5.7 m 4430 4WD
Mクラス 5.5 m 4790 4WD
 BMW
2シリーズ 5.5 m 4350 FR
3シリーズ 5.4 m 4645 FR
5シリーズ 5.7 m 4950 FR
7シリーズ 5.5 m 5070 FR
X4 5.7 m 4680 FR
 アウディ
A3 5.1 m 4465 FF
A4 5.5 m 4735 FF
A5 5.5 m 4750 FF
A6 5.7 m 4950 FF
Q5 5.5 m 4680 4WD
 フォルクスワーゲン   
ゴルフ 5.2 m 4265 FF
ポロ 4.9 m 3995 FF
トゥアレグ 5.5 m 4815 4WD
 ボルボ
V40 5.7 m 4370 FF
V70 5.9 m 4935 FF
 MINI
クーパー 5.6 m 4015 FF
クロスオバー 5.8 m 4210 FF

 

外車ばかり書いてしまい申し訳ありません。

 

しかし、ここから分かるのは全長が長くても最小回転半径が小さい車、全長が短くても大きい車があることです。

 

それは日本車であっても同じです(アルファードを後述します)。

 

さらにBMWは全てがFRで最小回転半径を小さくするのに有利なのにそうしていない、それは直進安定性に起因しているからでしょう。

 

4WDならば全車で最小回転半径が大きいのは共通点です。

 

その理由は冒頭に書かせて頂いたようにこうなります。

 

4WD全輪駆動は4本全てのタイヤ駆動させる装置のために、さらに可動スペースが取られ切れ角度が小さい。

 

車選びではデザインも用途も大切ですが、自宅近辺の道路幅、駐車場位置なども考え最小回転半径=ハンドル切れ角度で考えれば良い車が見つかるでしょう。

欧州車と日本車の最小回転半径類似点

欧州各国の国土は日本より小さかったり、山や坂道が多かったりと類似点がいくつもあります(アメリカはありません)。

 

欧州各国で町と町を結ぶのは狭まめの街道であり、そんな道路環境からも最小回転半径が決められたと考えます。

 

運転技術も少し!?我々と似ているので、それも車造りに影響しているかもしれません。

 

ただし、日本より北に位置する欧州なので、冬の運転、雪道の運転はスーパー、敵うはずもない、、そんな高レベルとお考え下さい。

 

あれです、ラリーやF1ドライバーにフィンランドなど北欧ドライバーが多いことが現しているとも言えます。

 

日本と似た道路環境+冬の寒さとドライな雪、アイスバーンなどが欧州車を鍛えたのは間違いありません。

 

いつもの余談ですが、真冬の北欧などでタクシーに乗ったら猛スピードで飛ばし、車スリップして真横を向いても片手でハンドルをクリクリ!?しただけで真っ直ぐに立て直す運転技術に驚く私。

 

タクシードライバーに「そんなのは当然さ、簡単だよ」、そう真冬のフィンランド(ヘルシンキ郊外)で言われたことがありました。

 

では本題に戻ります。

同じ車種でも違う最小回転半径

今まではFR後輪駆動だった車を4WDモデルに乗り買えたら「いつもの道が曲がれない&Uターンできない」、そんな経験はありませんか?

 

それは同じ車種でも一番曲がれるFRから一番曲がらない4WDに変更したからです。

 

同じ車の乗りかえで、そんなことになるとは誰も思わないかもしれませんね?

 

買い替えだけではなく、同じ車のレンタカーや人の車を運転する際にも駆動方式違いでの最小回転半径差は意識して下さい。

 

愛車と同じ車だから曲がれるはずだったのが曲がれない、それは危険すぎます。

アルファードの最小回転半径

最後になって申し訳ありませんが日本の人気車の最小回転半径を1台お伝えします。

 

現行30系アルファードならどうなんでしょうか?

 

3mもホイールベースがあるのに最小回転半径は5.6m(17インチ車)、もっとも大きい18インチでも5.8mしかありません。

 

全高1880㎜ (ハイブリッド1895㎜)x 全幅1850㎜ x 全長4915㎜ こんな小山!?ほど大きいのに5.6m(5.8m)は意外に小さい最小回転半径に感じませんか?

 

アルファードの最小回転半径は、小型車ボルボV40やMINIほぼ同じなんです。※上記データ参照

 

さらにアルファードは車フロントが短いので、同じ最小回転半径のセダンより小さく回れるのは間違いありません。

 

そう考え下記比較すればこうなります。

 

  • 車フロントが短く大きなアルファード(含むヴェルファイア)は、車フロントが普通で小さいボルボ40やMINIよりも小さく早く回れる。

 

より小さい最小回転半径で確実に回れる&方向転換できるのは大きなアルファードでした!

 

日本車は以上です。

 

ここでまとめと思っていましたが、最小回転半径や曲がることに影響するハンドルの話もさせてください。

ハンドル性能は誰も気にしてくれない

ハンドルの役目は直進維持と回転(旋回)するだけと思っていませんか?

 

実はハンドル性能によって曲がる力を維持できる&できないがあるんです。

 

つまり自分の思い通りにコントロールできる&できない車、その原因がハンドルにあることをお伝えします。

 

優れたハンドルなら力の入れ具合で思った通り「連続して徐々に曲がれる&戻せる」、そして意図した向き&出口にピタリと合わせられます。

 

ハンドルってスゴイ性能を持っているんです。

 

また余談ですが、車15台は所有してきたことで走行性能はもちろん、車種でハンドル性能&キャラが大きく違うことも経験してきました。

 

それは国内外で多く利用したレンタカーでも同様だったのでお伝え出来ます。

 

良いハンドルと悪いハンドルの特徴をお伝えします。

 

良いハンドルはこうです。

 

  • ハンドルからの反発力をいつも感じながら操作できる
  • ハンドルの反発力が途切れることはない
  • ハンドルを切った分だけ&強さの分だけ思った通りに操作できる
  • 良いハンドルなら二度切り、三度切りがとても少ない
  • ドライバーが思った通りのラインどりができる(コントロール性能が高い)
  • 片手でもハンドルの反発力(重さ)があり、とても運転しやすい(片手をケガした時に実感しました)

 

悪いハンドルはこうです。

 

  • ハンドル操作が軽すぎる(反発力が弱い)※片手運転はムズカシイ!?
  • ハンドル操作で抜け感がある=パワーの途切れを感じる
  • ハンドル操作が上手くできず、二度切り、三度切りでライン調整が必要になる
  • ドライバーが思ったライン取りができない

 

個人的な感想ではドイツ車はハンドル切り始めから手応えが伝わってくるので、始めから最後までコントロールできていると感じます。

 

日本車はと言えば、ハンドル切り始めの手応えが乏しく、どこでどれくらい切ればよいのか&力を入れれば良いのか分からず感に頼る部分がありました。※車種によう

 

ハンドル操作感は多くの車を乗り比べなければ分かりませんが、それを意識して車を選ぶのと選ばないとでは安全面で大きな差ができる考えます。

 

最小回転半径性能と併せてハンドル性能も是非気にしてください。

最小回転半径で車を選ぶまとめ

日本車でも外車でも最小回転半径が小さければ取り回し、見切りが良くなるので安全運転につながります。

 

しかし、曲がる方向に何も障害物がなければ最小回転半径の数値通りに曲がりますが、車フロントの短い&長いによっても差ができてしまいます。

 

軽ワゴンやミニバンの様にフロントトップが前輪タイヤハウスと近い&同じ位置ならば最小回転半径の数値近くで楽々回転、曲がれます。

 

それが乗用車のクラウンやセルシオみたいにフロントが長ければそうはいきません。

 

それでもベンツのCクラスのようにフロントが長めでも5.1mの最小回転半径&ハンドル切れ角度なら、とても便利に使えます。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】