2月だというのに根雪どころか新雪が降り続く異常気象! これからはもっと冬が長くなってしまうのでしょうか?

 

スタッドレスタイヤでは、いつもその種類が多過ぎてワカラナイ、結果はお店の人にお任せ120%でしょうか?

 

深夜に雪が降り、朝方のチェーン装着に手間取ってしまった。夜の高速ではチェーン規制、あわてて着けようとしても暗くて寒くて・・・

 

タイヤチェーンはなれないと大変に付けにくいうえ、スピードも出せない、乗り心地悪い、音もうるさい・・・ 家の装着練習ではOKだったのに・・・

 

そんな多くの方々に簡単で安全なスタッドレスタイヤの選び方をお伝えします。ではスタート!

チェーンをおススメできないワケ

冬の道路では路面状況がどんどん変わり、その度に、さっき外したチェーンをまた付けなければなら道に出くわしたり、ストレスが溜まる。

 

チェーン材質も使用方法も改善された今でも、装着しにくい。もし雪が積もった場所でのチェーン装着であれば慣れない人はショックさえ受ける。

スタッドレスタイヤを購入する注意点

タイヤを1セット置ける場所を確保する必要がある。

 

1本あたり1万円前後から数万円かかるコスト。しかし安全に雪道や凍結路面を安全に走行するには絶対必要。

スタッドレスタイヤを用途別で選ぶ

住んでいる場所は雪が多く、スキー場、山がある地域。

タイヤ例:ブリジストンのBLIZZAKシリーズは雪道の安全性を重視しているのが特徴。

 

雪、氷、乾燥した路面いづれでも対応する総合モデル。
住んでいる場所にはほとんど雪は降らない。趣味のウインタースポーツでスキー場へ行く機会が多い。


タイヤ例:ミシュランX-ICEシリーズは高速走行に対応し、スキー場へ向かう際に高速道路をよく使う人に向いている。

主に使用する地域&路面状況別で選ぶ

雪道の走破性    ⇒ ブリジストン含めた国産主要メーカー及びミシュラン、ピレリ。

 

氷結路面の走破性 ⇒ ブリジストン、横浜。

スタッドレスタイヤの寿命

スタッドレスに限らずタイヤがゴムが主材料であり、例えタイヤの溝が減ってなくても、その寿命は使用頻度ではなく時間=年数=大よそ4、5年と言われます。

 

但し、スタッドレスタイヤを通年にわたり使用するのはダメです。

 

スタッドレスは雪道、凍結道路を走るタイヤであり、グリップ確保のために柔らかい材質が使われ、気温の高さではグリップ力と制動距離が落ちます。

タイヤの保管

自宅で4本のタイヤを保管するのが難しい場合もありますね。そんな時はタイヤ屋さん、大型オートショップで預かってもらえる制度ありです。

 

保管場所が自宅にあれば直射日光を避けるシートで多い、風通しの良い場所をお勧めします。

 

雪道を運転する機会がとても少なく、スタッドレス購入にた至ら無い、そうお考えであれば、どうしても必要であればレンタカーでスタッドレスタイヤのオプションを申し込めばOK。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

あなたは「車の買い方【119番】」から必要な情報をゲットできたでしょうか?

 

答えがYESなら嬉しい限りですが、NOであるならば力不足おわび申し上げます。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」で会いましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー