ゴルフ・トゥーラン特別仕様車が2017年10月3日に300台限定で発売されました、、とういう事はモデル末期であり来年にはフルモデルチェンジが控えています。

 

ゴルフ製造するフォルクスワーゲンは2015年9月に露呈したディーゼル排ガスデータ偽装問題で信用はガタ落ち、どんな値引でも誰も買ってくれない状態が長期間続きました。

 

そして来年になるであろうトゥーランなどフルモデルチェンジを前にすれば新車&中古とも大幅値引きはハッキリ見える、そんな表現をしても大丈夫そうです。

 

そんな値引以前に、フォルクスワーゲンが素晴らしい車メーカーであり、来年には多くの新車が発表され、その中には改良されたディーゼルエンジン車も含まれています

 

本題に入る前にディーゼルデータ偽装問題で10兆円以上の罰金、損失を出しても潰れないVW、そのトゥーラン信頼性と伴にお伝えします。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

フォルクスワーゲン社はスゴすぎる

ゴルフのトゥーランが日本車をしのぐ走行性能と安全性なのには理由があります。

 

これらがフォルクスワーゲン(VW)社が参加に置く主要メーカーです。※これよりVWと明記します。

 

  • アウディ
  • ブガッティ
  • ベントレー
  • ランボルギーニ
  • ポルシェ

 

もっとありますが、日本での知名度が低いので明記しません。

 

特にVW社と血縁関係が強い会社はポルシェであり、そしてアウディが管理するランボルギーニまでつながっています。

 

それら資本関係=技術供与関係となるので、大衆車担当のVWにもスーパーな―ノウハウが蓄積されているとお考え下さい。

 

VW社と参加会社には各々のブランドイメージにっ沿った顧客獲得と事業展開が課せられています。

 

そんな中で頂点に立つVWは低い利益率でも高品質の車、最新技術の車を大量に提供することを目標にしています。

 

その真逆で一番の高収益はポルシェであり、超高性能の車を少量生産&高額販売とし、大きな利益を獲得する役目にあります。

 

結論はVWを買えば世界トップ(完全にトップ)の性能&安全性の車を安く入手できる、そうご理解ください。

 

前置きはこの位でトゥーラン本題に入ります。

トゥーラン何がどう良いのか?

安全装備は普通にあるので、それ以外の本質部分だけをお伝えします。

 

日本で乗る車であり、高速200キロも出さないので、同サイズのミニバンとしてはベスト3に入る安全性と使い勝手を備えています。

 

まずは日本では適正サイズ&性能と考えられる車データをご覧下さい。

 

トゥーラン最新データ※2017年10月

車両型式 DBA-1TCZD
全長mm 4535
全幅mm 1830
全高mm 1670
ホイールベースmm 2785
最低地上高mm 160
車両重量Kg 1560
乗車定員 7
最小回転半径m 5.5
燃JC08Km/L 18.5
排気量cc 1394
馬力・トルク 150/25.5
タンク容量L 60

 

ポイントは1400ccの小排気量でありながら、実際のパワーは自然吸気2.0ℓ以上、2.5ℓほどの実力があることです。

 

そのパワーはコンフォートラインでもハイラインでも変わりません。

 

言い方を変えますと、その位の実力無しにはアウトバーン200キロ走行はできません。

 

さらにデータから分かるのは、ボディサイズがドンピシャ日本用と思えてしまいます。

 

昔は車幅178㎝が適正などと言われた時代もありましたが、今では180㎝以上、185㎝前後がベストと考えられています。

 

このサイズで乗車定員7人、緊急時ふくめ3列目シートに座れるのがポイントです。

一番大切な安全性能とハンドリング

ボディー剛性は同サイズのミニバンとして最強とも感じます。

 

一言で「質実剛健」!

 

シッカリとしたハンドル操作に一番大切なシートはタイトでボリュームがあり、アナタの身体をシッカリとホールドします、支持してくれます。

 

普通のフカフカシートやノッペリとしたシートでは運転中の身体を全然ホールドできません、、正しく安全なハンドリングができません。

 

悪いシートは身体をホールドしてくれないのでハンドルを切るどころか、ハンドルにつかまりながら身体が左右に振られないようにつかまっている、そんな状態になります。

 

良いシートは身体が左右に振れるのを防ぐ&保持するので、アナタはハンドルに優しくを手を置く、触れるだけで、、そして軽ぅうーーーくストレス無しにハンドルが切れてしまうんです。

 

それってスゴイことなんです、、車を安全に正確にコントロールすることに於いて。

 

日本車なら、何故かハンドルを強くニギル傾向にあります。

 

ハンドルを強くニギルと腕と肩に力が入り、とても疲れます、瞬時の正しいハンドリングはできません。

 

もし他のドイツ車を見る機会がありましたら、是非シートに座ってハンドルを軽くニギッテ下さい、そのことを肌で感じられるでしょう。

ドイツ車の硬いサスペンションの考え方

ドイツ車全般に言えると思いますが、乗り心地が少し硬め、路面のゴツゴツを感じてしまいます。

 

もちろん、緩めのサスペンションやシートフカフカならば、そんなゴツゴツ感は少ないのですが、それでは路面がどんな状況なのか分かりません、、車がアナタに路面情報を伝えられません。

 

従いまして街乗りは少しゴツゴツの硬い足回りでも、高速道路では車を乗員をシッカリ支える足に変身、そして万が一のハンドリングにも素早く反応する足回り、それらが安心感に変わる、、それがドイツ車です。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しいのです。
そのため、車を高く売りたいなら下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もし高く売りたいなら、下取り以外の査定を受けて本当の車価値を確認してください!

下取り以外の査定申込み詳細

エイチーム車査定

安全性を握るヒンジ式4ドア

トゥーラン安全性に大きく寄与しているのヒンジ式の4ドアです。

 

スライドドアは、万が一の事故で開いてしまう危険性があるのでフォルクスワーゲンは採用していません。

 

日本の車事故ニュースでもスライドドアが開いてしまった状態を多く見受けるのは弱いドアヒンジが原因だからです。

 

ドイツ社ではベンツVクラスはスライドドアを採用していますが、あのドアだけで100キロあります、重すぎます!

 

ドイツ車はドア自体も頑丈、そしてドアが取り付けられるヒンジも頑丈で大きい鋳造製(鉄など金属を溶かして型に入れて造る)であり壊れません、大きなショックでもドアは開きません。

 

もし万が一の事故でドアが開けば、乗員はそこから路上へ放り出されてしまうでしょう。

 

国産車の多くは高コストの鋳造ヒンジは使わず、安価なプレス製なので安全レベルが違います。

 

だから日本のマツダもスライドドア車は生産しないと2017年に宣言しました。

トゥーラン試乗まとめ

トゥーランに良い事ばかりを書きましたが、質実剛健でカッチリし過ぎている、面白みがない、もう少し気が利いた内装設備もあるかもしれません。

 

それでも安全性能と一部の便利さはバーターかもしれません。

 

車に乗る全員が、安全&快適にA地点からB地点へ高速移動できるスーパーマシンがトゥーランと考えて間違いありません。※試乗後の個人的感想

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「VW e-ゴルフ」乗って良かった所、悪かった所!」

⇒関連記事「ゴルフGTI!乗って良かった所と悪かった所」

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】