小型、中型、大型の外車に乗り続けた経験から良いことや、得するお話中心にお伝えします。

 

アメ車経験もありますが、あまり日本にフィットしていないのでドイツ車中心としました。

 

そんな中でもポルシェは借りて乗ったことしかないので書けず、申し訳ありません。

 

従いましてベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン所有の経験からアドバイスさせて下さい。

 

⇒関連記事「維持費の安い外車はない」でも安心&安全な理由とは?

大型外車なんて乗り難いのでは?

個人的には大型の左ハンドル車はとても乗り易かったです、、車種に関係なくにです。

 

運転する際は道路の左側にオモイッキリ寄れば(それ以上は無理なので)、あとは対向車に避けてもらうしかありません。

 

半分は他車任せの運転が楽です!?

 

更なるメリットでは、左ハンドルなら歩行者が完全に目視可能距離にあり対歩行者への気配りも完璧。

 

それが右ハンドルの大型外車でも同じです。※右ハンドルは左ハンドルより幅寄せしにくい。

 

狭い道で普通スピードの対向車とすれ違う際に不安を感じるかもしれませんが問題ありません。

 

左に大きく寄ってスピードを下げて進めば大丈夫。

 

大型で車幅190センチでも195センチ、車長510センチでも乗ってしまえば、アナタの身体が大きさに直ぐ対応する、感じられる様になるので安心して下さい。

 

こんな大型外車や左ハンドルのメリットは大昔の先輩達からも聞かされてきたので間違いありません。

 

実はもっとメリットがスーパーな大型外車にあり、、これも昔から言われ、私もさんざん経験をしました。

こんなにある大型の外車に乗るメリット

全て昔から言われている大型外車のメリットをご覧下さい。

 

  • 落ち着いた気分でとてもリラックスした運転ができる
  • 色んな意味で運転に余裕ができる
  • 他の車に意地悪されない
  • 万が一の事故にも安心(車の安全性能により)
  • 全ての移動に車を使いたくなる(電車&バス無し)

 

これらは私もそう感じました。

 

上記に共通のキーワードは「リラックス」「安全」です。

 

車が大きいので気持ちまで大きくなる&リラックスしている自分を感じられると同時に、車の幅寄せ、パッシング、クラクション、怒鳴り合い、道ふさぎ、そんな嫌がらせ&あおり運転もほとんど起きません、経験しません。

 

少なくとも私は完全にそうでした、、昔の先輩達の多くもそう仰っていました。

無意識に双方の車を差別している

車同士のトラブルが絶えない、そんなニュースばかり目立ちますが、どうして車同士のトラブルが起こるのでしょうか?

 

それはストレスを抱えた自分をコントロールできない、そんなドライバーが増え続けているからです。

 

その様なドライバーは、このように意識&無意識に対象となるターゲット差別していると考えます。

 

  1. 車の大小、見かけの良い悪い、高級&安い、そんな外見から判断している
  2. 運転がたどたどしいドライバーに悪さをする
  3. 車を運転しているドライバーを見たうえで嫌がらせをする

 

どちらにしても普通の精神とは考えらませんが、自分をコントロールできない、気が弱くストレス満載のドライバーが多いのは事実であり、年を追う毎に増えています。

 

そうでなければ、こんな日々のニュース、問題になる訳がありません。

 

しかし、そんなドライバーへの対策は必要です。

ストレスを抱えない為の大型外車

大型外車の効果はご理解頂けましたか?

 

もしアナタが若い男性でも女性でも、サングラスをして大型外車を運転すれば完璧です!

 

ただし、運転があまりにもただたどしいと問題あるかもしれません。

 

車種の好みもあるでしょうが、ベンツEクラスを基本に上はSクラス、そしてBMW5シリーズかその上、アウディならA6あたり、フォルクスワーゲンはSUVのトアレグの中古など効果ある車を選んで下さい。

 

中古車を100万円前後で探せば、少し古くても立派な車は沢山あるのでご心配要りません。

 

やはり対人&対車(保険ではありません)にとても効果があるのはベンツなんですが、若いアナタならそれ以外のチョイスでも大丈夫です。

 

2018年1月で中古車を選ぶには5年落ちから7年程であれば自動ブレーキなどの安全装置付き、値段は新車価格の30%から25%、またはそれ以下なので少し安心です。

 

日本車の価値基準には走行距離が大きくありますが、10万キロ、20万キロ、30万キロでも車検を受けて整備記録も残っているキチンとした車なら全く問題ありません※事故車は除く。

 

ヨーロッパなら30万キロ走行は普通であり、50万キロ、もっと多く走る車は沢山あるので、ドイツ各メーカーはそれら移動距離を考慮し強くたくましい車を製造し続けています。

大型外車に乗ると良いことがあるのまとめ

大型外車では良い事ばかり書きました。

 

もう1つ良いことは故障がない、とても少ない(特に2006年以降はそう感じます)。

 

メンテナンス費用は国産の20%増近辺となりますが、逆に自動車保険は安全装置満載&強いボディのドイツ車は同排気量&同製造年の国産車より安い場合があります。

 

しかし、毎年5月の自動車税は排気量なりなのはご承知ください。

 

ドイツ車のガソリンはハイオクですが、その分としてエンジンに負担がかからないのでレギュラー仕様の国産車より安心とも考えます。

 

この記事がアナタの参考になれば幸いです。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】