安全な車とは衝突安全性と予防安全性が高い車であることをご存知でしたか?

 

衝突安全性は衝突してエアバッグがひらくと同時に、衝突エネルギーを車全体に吸収&分散させて乗員を守ります。

 

予防安全性能はレーダーやカメラで事故に合わない&危険を知らせ回避することです。

 

今の車なら日本車、ドイツ車、アメリカ車でも同じような安全基準で試験され、みんな同じように安全と言われますが試験データからだけでは分からないお話をします。

 

⇒関連記事「日本の高速道路料金がどうして一番高いの?」

⇒関連記事「ドイツ人がベンツやBMWを選ぶ理由がスゴイ!」

⇒関連記事「コンチネンタルとミシュラン」タイヤ比較

⇒関連記事「ベンツ33ヵ月間も売上1位のなぜ?」

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

死にたくなければドイツ車に乗れ

「死にたくなければ外車に乗れ」

 

これは昔の大先輩や知人にも言われた言葉です。

 

そんな外車を意味するのはドイツ車でした。

 

外車は大きく&外装鋼板も厚いので事故でも壊れない、相手の日本車がつぶれる、そう聞かされてきたのが10年以上も前でした。

 

現在の日本車なら衝突安全確認機関でこれら試験を受けてパスしています。

試験 衝突速度
前面フルフラップ衝突 55Km
前面オフセット衝突 64Km
側面衝突 55Km
後面衝突 50Km

 

日本車の衝突安全性は高く欧米車とも変わらないとも言えますが、問題はこれより強い衝撃&スピードの事故でどうなるかです。

 

欧米の一般道走行スピードで100Kmは普通、高速で130キロ、ドイツのアウトバーンなら200km走行以上が追い越し車線スピードです。

 

日本車の走行スピードより速く、万が一での衝撃を予想した構造となっているのが欧米車、特にドイツ車です。

スピード制限ないドイツだから作れる車

アウトバーンが長距離に渡って続くドイツでは、一般道の走行スピード以外にも高速走行での安全性能を長年研究し続けています。

 

それもあって低速走行時のドイツ車はサスペンションが少し硬く落ち着かない感じであっても、高速道路は任して下さい的な走りと安定性を発揮してくれます。

 

日本の衝突安全基準では判断できない、分からない部分がドイツ車にあるとお考え下さい。

 

日本の高速道路を100Km走行、アウトバーンを倍の200Kmで走行し、万が一の衝突事故での衝撃は速度の二乗に比例するので4倍以上となって返ってきます。

 

残念ながら日本車はその衝撃を考慮して作られていません、耐えられません。

 

一般的に日本車とドイツ車は同じ衝突安全テストを受けているから同じに安全と言われますが全く違います。

 

万が一の超高速事故まで考慮して製造されているのがドイツ車です。

衝突安全性能は使用素材と設計による

個人的に素材関係は知識があるので少しお伝えします。

 

特殊鋼板、ステンレス、チタン、カーボン、グラスファイバー、ポリカーボネイト、強化ガラスなどなど多くは欧米が強いノウハウを持っていました。

 

それら素材の多くは軍事技術や宇宙ロケットのために研究され続け、後に民間転用されたモノです。

 

従ってアメリカが一番強いのですが欧州も負けていません。

 

車強度アップと軽量化の2つを持たせるために、様々な素材をシャーシ&パーツ毎に使い分けていますが、それら素材ごとの品質レベル=グレードもあります。

 

個人的な意見ですが、日本車とドイツ車を比較すれば、同じ素材使用でもグレードアップしたモノ、等級が上の素材を使っているのがドイツ車であると考えています。※金属やカーボンでも等級分けは数段階から10段階もあります。

 

何故ドイツ車がそれら高度でより良い素材を使っているのかと感じる&考える理由は、この様な経験からです。

高速走行でも怖くないドイツ車

日本車は北米でも乗っていましたが、日本で出せない様なスピードでは怖くなります。

 

北米の一般道&高速とも舗装が悪く&補修されていないガタガタ道だったので、そう感じたかもしれません。

 

ドイツのアウトバーンをゴルフで200Km 走行すれば、緊張でハンドルを少し強く握ってしまい手汗もありますが、怖さはそれほど感じません。

 

ドイツ車のガッシリしたボディはミシリとも言いません。※個人的にドイツ出張が多かった経験から

 

同じく遊びの少ないシッカリしたハンドルを握りアクセルを深く踏むだけで200Kmで走り続けられるのはとても安心、怖くないんです。

 

そのことだけでも高度な設計と素材でドイツ車が製造されていると考えられます。

 

高速走行に強いからといって、ドイツ車の衝突安全性はどうなのでしょうか?

日本で起こるドイツ車の事故はどうか

運転する範囲が狭いのか都内&近県走行で、ドイツ車が大破した事故は見た事がありません。

 

運が良いのでしょうか?

 

私がドイツ車で衝突事故を起こし、縁石乗り越え、大型フェンス倒しても車は軽い損傷&軽い修理で済みました。

 

ドイツ車も日本車も衝撃吸収ボディであっても、何故かドイツ車には高剛性と質量(重さではありません)を感じてしまいます。

 

ベンツのエンジニアが書いた本にこうありました。

 

[大昔のベンツ(他メーカー含め)は車を重く強く造ることで乗員保護をしていたが、事故相手の車と乗員を保護する考えに変わった]

 

[従って自社ボディも衝突事故では衝撃を吸収(凹む&壊れる)することで相手の車ダメージを軽減する造りになった]

 

そうであってもドイツ車の持つビッシとしたドア開閉音、車内の密閉感、剛性感、質量からは壊れそうもない強度を感じてしまいます。

 

ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、Audiなどドイツ車から感じる剛性感と強度、質量、高速安定性、高速コーナリング性能が気のせいだったとは思えません。

 

どんなに少なくとも私とそれら車を所有する友人達が経験&感じた事実です。

 

私の(車はアウディワゴン)衝突事故が最小被害に済んだのは上記性能があったから、そう考えます。

ドイツ車の安全性能を理解する方法

私が昔にドイツ車を購入するきっかけは2つありました。

 

1つ目は周りの友人が乗っていたベンツやBMWに乗せてもらった

 

2つ目はドイツなどヨーロッパ出張でドイツ車をレンタカーした

 

昔はその程度しかドイツ車に乗るちゃんすはありませんでした。

 

しかし今はカーシェアがあるのでネットで目的車種を見つけたら、その車が置いてある駐車場へ乗りに行くだけです。

 

金額は15分単位で数百円程度しかかかりません。

 

ドイツ車に乗れば、日本車との違いは短時間で感じられます、分かります!

 

カーシェアより安い方法なら中古車店で試乗すればゼロ円は確かでしょう。

 

しかし注意点もあります。

 

中古車屋さんで置いてある車に試乗できても自賠責保険にしか入れてありません。

 

従って、中古車屋さんでベストな試乗は専用コースを持っているお店を選ぶことです。

 

そうすれば万が一の事故を考える必要はありません。※新車ディーラーの試乗もありますが、販売攻撃にさらされるので注意です。

 

⇒中古ドイツ車など試乗コースを保有する中古車店をネットで確認する

ドイツ車は本当に強いかのまとめ

私の経験や周りのドイツ車所有者は「安全」「安心」「強いボディ」とは今でも聞いています。

 

ベンツの営業マンからも現地ドイツでは、ベンツスタッフが同車の交通事故で現場に出向きデータ収集を続けているとも教えられました。※日本車メーカーは直接の事故データ収集はしていません。

 

それら大量の事故データを車開発、安全性向上にいち早く活かしているのであれば、ベンツがミリ波レーダー(2種類の周波数)とステレオカメラを日本で最初に導入したことも理解できます。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】