オートマチック車の両足運転が大きな問題になっているのをご存知ですか?

 

右足をアクセル、左足をブレーキに乗せながら運転する両足運転はとても危険です。

 

そんな事故現場に共通なのが「高齢者」「ブレーキ跡が無い」「急加速」の3つ。

 

もちろん、ブレーキとアクセルの踏み間違いで起きた事故原因の全てが両足運転であるとはどこにも書かれていませんが、その確率がとても高いであろう理由と私見含めお伝えしていきます。

 

危険な両足運転が原因であろう悲惨な事故を突き止め、予防方法を考えましょう。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

高齢者が両足運転をする理由

こんな理由から両足運転をしいるとの意見があります。

 

  • 右足だけのアクセルとブレーキ操作では右足を絶えず左ブレーキ側に動かすのが面倒
  • 右足だけのアクセルとブレーキ操作では踏み間違いの可能性がある
  • 左足がいつもブレーキにあれば、とっさの反応時間が早くなる
  • 登り坂でブレーキ側にいつも左足があれば後ろにさがないで発進できる

 

これら両足運転をするご高齢者たちの理由が分からないでもありません。

 

しかし、そんな両足運転にはこんな危険が潜んでいます。

誰も気付かない両足運転の危険

便利で楽そうな両足運転が大事故につながる理由をご覧下さい。

 

  1. 急ブレーキが必要な時に焦ってアクセルも同時に踏んでしまう可能性
  2. カーブで左足がブレーキに乗っていると踏ん張れない、身体が不安定になる
  3. 左足を常にブレーキペダルに置いていると、わずかにブレーキが利いている状態になる

 

これら両足運転の危険の中で最も注意が必要なのは1番であり、これがTVニュースで大勢の人達を巻き込む痛ましい事故の原因とも考えられます。

 

では1番の何がどの様に作用してそんな事故になってしまうのでしょうか?

一瞬のパニックが事故の犯人

人間は加齢とともにこんな症状があると言われています。

 

  1. 一瞬の判断にタイムラグ、時間差がでて遅れてしまう
  2. 予想しない事態が突然に起こるとパニックになる
  3. 物忘れ、つい数分前のことが思いだせない
  4. 頭では分かっていても、身体がそれに反応する迄に時間がかかる
  5. 不安や心配が絶えず頭を巡っている

 

高齢者になればなるほどに、上記症状が出やすいと言われていますが、それら多くが加齢によるものです。

 

もし、1、2、4など加齢による症状があっても両足運転をしていたとしたら、万が一ではこうなる可能性があります。

 

  • ブレーキするつもりがアクセルを踏んでしまう、
  • ブレーキで止まる必要あるのにブレーキ&アクセル同時に踏み込んでしまう、

 

上記の様な間違った対応をしてしまったとすれば;

 

  • 「事故現場の多くにブレーキ跡が全くない」
  • 「止まるどころか加速しながら100m以上も進む」

 

それらはパニック状態で両足運転していたからの事故だと言えるかもしれません。

 

若い頃の両足運転なら、とっさの判断でもパニックにならず右と左足を使い分けられるでしょう。

 

昔は両足運転をしたいたプロレーサーがいたとも聞きました。

 

その理由は反応時間が短くできるからです。

 

しかし一般ドライバーには不要であり、逆に加齢と伴に危険な運転につながる可能性があります。

両足運転事故をなくす方法その1

そんな両足運転の危険を予防する、無くすにはこれらしかありません。

 

  • 両足運転を止める
  • 自動ブレーキやアクセル&ブレーキ踏み間違い防止装置の車に変える
  • 自動車免許返納しタクシーなどを使う

 

高齢になればなるほど、地方に住むほどに車は必要となりますが、両足運転や一瞬の判断ミス&パニックでの事故は許されません。

 

身体は元気でも思考は加齢とともに必ず衰えます、判断時間が長くなります、ミスも多くなってしまいます。

 

何も無い平らな床で、道路でつまずきそうになるのがその証拠だとお考え下さい。

両足運転事故をなくす方法その2

高齢の方々に失礼なもの言いかもしれませんが世容赦願います。

 

私のロードバイク(自転車)仲間は60代、70代の先輩が多く居るので分かることがあります。

 

歳を重ねると幾つかのことを同時進行する&考えることが苦手になると聞きました。

 

しかし60年以上の人生経験から専門知識、そして物事を深く考える&突き詰める能力はとても高いとも聞きました。

 

だからこそ幾つもの状況判断(思考)が合わさることで運転ミスがでやすくなる。

 

更にそれが両足運転=左足ブレーキなら、そのミス発生リスクがもっと高くなる。

 

そうお考えください。

 

これからも運転を続けるのなら、自動ブレーキ、前後誤発進抑制装置のある車に乗りかえることをお勧めします。

 

同装置さえあれば両足運転でも、ギヤのDとRを入れ間違っても安心になります。

 

以上です。

両足運転の危険性まとめ

年齢を重ねる度に疲れやすくなり、そして楽な方法&簡単な行動を取ってしまうのは仕方ありません。

 

加齢では突然のできごとでや状況で一瞬のパニックもあるでしょう、小さいパニックであっても。

 

特に65歳以上になれば、それらが顕著なると医者の友人からも聞きました。

 

しかし車を運転する以上は老若男女の関係ありません、高齢だからといって特殊なルールも適用されません。

 

もし両足運転をしている、加齢による諸症状があるのであれば、対処すべき方法を取ってください。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「高齢者ドライバーの事故を防ぐ方法はこれしかない」

⇒関連記事「高齢者ドライバーの緑内障など原因の事故を防ぐ」

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】