車の貸し借りでのトラブルが急増しているのをご存知でしょうか?

 

人に車を貸して事故でも起きれば、運転者と同時に車を所有しているアナタにも責任が及ぶと考えれば貸せません、借りれません。

 

万が一の事故でアナタが任意保険加入でも、車を貸した相手が自賠責保険にしか入っていなければどうなるんでしょうか?

 

そんな車の貸し借りは二度としたくなくなる嫌なお話をしていきます。

車の貸し借りでの基本的ルールとは

個人的に車の貸し借りはしたことがありません、、しません。

 

それは万が一に事故やトラブルが起きれば、微妙な関係で成立している人間関係が破壊されるからです。

 

もし貸す方、借りる方、双方が任意保険の加入してたとしても契約内容によっては事故が保証されないことがあるのをご存知ですか?

 

保険屋さんから、そんな車貸し借りでの危険性を聞いてから二度と車を貸せなくなったのは、こんな理由からです。

保険補償範囲の確認が必要

お金も車も貸し借りで、万が一のトラブルになれば見にくい争いに発展する。

 

そうならない為に、最低でもお互いの保険内容他を確認し合う必要があります。

 

  • 車を貸す相手の運転免許証の有無を確認する

    免許が無い、免停中ならば貸さない
  • 車を貸す相手が任意保険に加入しているどうかを確認する

    万が一の事故でも、相手の任意保険で補償をカバーしてもらえる
  • 車を貸す相手が自賠責保険だけにしか入っていない場合

    アナタの任意保険が第三者運転の事故にも補償するかどうか確認する
  • アナタの任意保険に年齢制限があるかどうかも確認します

    貸す相手が年齢制限に対応していなければ補償されません
  • 貸した車の事故で、アナタの保険を使ったとしたら

    翌年の保険等級が下がりアナタが損をします

 

  • 貸した車が事故を起こした場合には

    事故した当事者と車所有者にも賠償責任が問われる場合があります

 

車貸し借りはカンタンでも、万が一のトラブルではこんな多くを考慮しなければなりません。

 

これでも車貸しますか?

事故以外でも車を貸さない理由

車は道具だとか普段から言っている私ですが、車は家に次いで高額で大切なモノであり、同時に仲間のような感覚を持っています。

 

そんな仲間を人の手にゆだねたくはありません、、嫌です。

 

大切なモノは自分だけがケアしたい、自分だけが運転したい、、だから他の人には使わせたくありません。

 

車を人に貸しての事故は一番嫌ですが、こんな部分が気になってしまいます。

 

いつもの自分とは違う操作をれてしまう;

 

  • ハンドリング、
  • アクセル&ブレーキタイミング
  • シートポジション
  • ミラーポジション
  • スピード

 

それらいつもと違う操作は、愛車に取って苦痛であると思ってしまいます。

 

さらにはボディに細かいキズ、ホイールこすられた、そんな保険でカバーされない部分のトラブルもあってはならない、、そう思ってます。

車の貸し借りトラブルのまとめ

普通のドライバーが借りた車を運転すれば、慣れていないのもあって事故やコスリ確率が必ず高くなります。

 

ピカピカに磨いたホイールに扁平率の低いタイヤ、、そんなホイールはよほど気を使わないと、、やられます、、あり得ません。

 

そうであれば愛車は貸せない、貸さない、そう決めておいた方が良いと考えます。

 

やはり万が一の事故トラブル以前でも車を貸せません。

 

そんな絶対に車を貸さなくても済むであろう決めセリフを1つだけ用意してもらえれば、デリケートな人間関係も壊しません。

 

やはり私にとっての車は道具ではありません、、相棒だと認識しました。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】