ベンツに興味があっても乗ったことがない、どこが良くて悪いのかが分からない、そんな多くのアナタにシリーズで記事をお伝えします!

 

1回目はAクラスです。

 

各車種の安全装置関連の情報およびドイツ本国のベンツの立ち位置など全てはこちらに集約しました。

 

⇒関連記事「保証継承の手続さえすれば安心な未使用車と中古車購入!」

⇒関連記事「ベンツ安全装置!レーダーセーフティを知れば得をする」

⇒関連記事「ベンツCクラス!良かった所と悪かった所」

⇒関連記事「ベンツEクラス!良かった所と悪かった所」

 

ではAクラス記事スタートします「フォン」!

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

Aクラスで購入するべきモデル

購入するべきモデルはA180 AMG styleです。

 

価格表を始めにご覧下さい。

車種 駆動方式 価格
A180 前輪駆動 298万円
A180 AMG style 前輪駆動 347万円
A250 SPORTS 4MATIC 4WD 495万円
AMG A45 4MATIC 4WD 711万円

 

A180でも運動性能は良いのですが、A180 AMG styleはもっと足回りが引き締められ乗り心地も良いことが理由です。

 

お金が許せばA250 SPORTS 4MATICでも、A180 AMG style より140万円以上も高価なのがまず選べない理由とお考え下さい。

 

A180 AMG styleの排気量1595㏄ DOHC4気筒ターボはパワー十分であり、国産の同排気量&エンジンとは別モノであると言えます。

 

まずは希望車種含めベンツAクラス全体の中古価格帯が分かれば、新たな車種を選べるかもしれません。

 

下記の非公開車情報(時間経過で一般公開される)で確認できます。

 

⇒ベンツも国産車も最新の非公開車情報から確認

Aクラスが少し特別な理由

Aクラスはベンツの中では珍しくスポーツモデルとしてデザインさています。

 

ベンツAMGモデル以外では、Aクラスだけがスポーティーなデザイン、ステアリングの早い反応、タイトな足回りが与えられていることからも分かります。

 

積載能力がライバルのBMW1シリーズやアウディA3よりも小さいことからも、Aクラスがデザインと走りの両方でスポーツ性を明確にアピールしたかった、勝ちたかったのでしょう。

 

個人的にはA180 AMG styleの競合車はゴルフであると考え、A250 SPORTS 4MATICはゴルフGTIであると感じています。

 

ちなみに、A180テストでは、リヤシートを倒せば前輪を外したロードバイク2台を寝かした状態で積載可能なので満足です。

Aクラスの使い勝手はどうなのか

Aクラスのスポーティ差とタイトな室内形状からして独身のアナタ用です。

 

Aクラスをこんな内容にまとめました。

ボディ&内装

小型なのに強くアピールするボディデザインと身体をシッカリとホールドするデザインシート。
特にボディが発する高い質感、質量は国産車と違います。

燃費と加速性能

1.6ℓでJC08燃費17.8Kmと優秀なのは車体の軽さと可変バルブタイミングが理由といえます。

加速性能はベースA180でもターボなので過不足ありませんが、それより上を望む場合はA180 AMG styleを選べば相当に満足します。

乗り心地と取り回し

2013年以降のモデルを選べば基本しなやかな路面追従性能であり、タイトな乗り心地をセレクトすれば望み通りになります。
取り回しは最小回転半径5.1mと小さくゴルフの5.2mよりも小さく周れます。

シートと室内

前席シートはホールド性能も高くドライバーには優れていても、リアは天井も低くタイトであり補助的なシートとなっています。

安全性能

自動ブレーキ、衝突回避など基本システムは搭載されていますが、他はオプションのレーダーセーフティパッケージから選ぶ必要があります。
しかしオリジナルのボディ&シャーシに使用されている超硬鋼板は用途別に何種類にも採用され、それらが基本構造と伴に200Km走行のアウトバーンでも力を発揮しています。

 

ちなみに、基本装備のACC(アダブティブコントロール機能)にある前車追従機能を使えば0Km 〜200Kmまでフォローできてしまい、これは国産車にはありません。

中古のAクラスを購入する理由

ドイツなど海外のベンツ走行距離は数十万キロなどは普通です。

 

日本だけが車保持期間がとても短く、5年で10万キロや10年で30万キロを乗るドライバーはほとんどません。

 

しかも日本には車を長く安全に良い状態に保つ車検制度があり、海外の車よりさらに良い中古車が沢山あることはあまり知られていません。

 

さらに日本は長年続く不況もあり、国産車より輸入車の方が値下がり率も高く、短い時間で早く値下がっている事実をご存知ですか?

 

ディーラーで売れ残った国産車はオートオークション以外にもディーラー系列の中古車店、レンタカー、カーリース、輸出などなど多くの中古車販路があるので異常な値下がりはありません。

 

輸入車はオートオークションや系列の中古車で販売できても、それ以外はムズカシイ、販路が少ないために大幅値引しても、無理やり未使用車にしてでも売らなくてはなりません。

 

キビシイ現実ではありますが、車を購入しようとする我々にはとても助かります。

 

そんな輸入中古輸入車も国産と同ように、新車保証3年さらに延長保証2年に加入していれば新たな購入者が保証を引継げることを「保証継承」といいます。

 

シッカリした中古車店なら、少し面倒な保証継承手続きも代行してくれるので安心です。

 

⇒大手中古車販売店なら保証継承手続きまでしてくれる

中古車の選び方と価格の目安

現行Aクラスは2013年に導入されましたが、中古で2017年、2016年よりも前のモデルであれば多くの安全装備が標準でした。※2017年は基本安全装備以外はオプションになりました。

 

従って、数年から4年落ちの中古Aクラスには安くてフルオプションのモノが多くある、それらから選べることになります。

 

例としましては ;

  • A180の2014年式、走行距離2万3千キロで189万円、
  • A180 SPORTSの2015年、走行距離9,000キロで211万円、

 

などが中古車市場にありました。

 

実際はそれら中古車を保有している数店舗間で価格競争させ、さらに保証内容比較、保証期間延長交渉などを経てベターな買い物が可能です。

 

でも&しかし、中古車店ローン購入は金利10%もありおススメしません。

 

銀行系なら中古車、新車、諸費用まで借りられ低金が普通です。

 

⇒銀行系カーローン:金利を確認する

新車も中古車も試乗を繰り返す

新車なら試乗は当たり前でも、中古車の試乗を繰り返す人は多くありません。

 

新車は見本も試乗車に乗れても、注文して届く愛車には事前に乗ることはできません。

 

しかし、中古車であれば、これから愛車となる車に乗れるメリットがあります。

 

そうであれば、中古車店を何軒ハシゴしてもトライする価値は十分にあると思いませんか?

 

もし、そんな試乗した中古車に気になる点があったとすれば、事前に無償修理した後に購入すれば良いのですから。

ベンツAクラスの良かった所&悪かった所まとめ

Aクラスはスポーティーで高性能な足回りとハンドリングもあってA180標準でもスポーツカータイプ、それより上位グレードはスポーツカーです。

 

感覚的には年配者には向かないモデルであり、それを実感したのは30歳後半位迄でしかAクラス所有していなかったこともあります。

 

もう1つ付け加えますと、A180 AMG styleから上位モデルなら運転が楽しい、ストレス発散をしてくれるでしょう。

 

ライバルとされるBMW1やアウディA3よりはゴルフGTIなどがライバルに思えて仕方ありません。※GTI保有していたのでそう思います。

 

そんな気持ちの良い車が安く良い状態で買えるなら日本はドイツよりも幸せな国かもしれません。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】で会いましょう」

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】