輸入車の営業マンにハイオクとレギュラーガソリン入れ間違いの話を聞きました。

 

世の中にある車の全てがハイオクなら車も喜び、燃費は伸びる、そして最も良い効果はCO2削減になる、そう教えてもらいました。

 

つまりレギュラーガソリン仕様にハイオク入れても問題ない、それどころか良い効果しかない、そんな事実を知ってください。

ハイオクは完全燃焼でCO2排出量削減

ガソリン全てをハイオクにすれば10%以上のCO2排出量削減になることは環境庁も政治家も知っています。

 

それが出来ない&しないのは、戦後アメリカに占領されレギュラーガソリンのオクタン価をアメリカ基準に合わせてしまったからです。※オクタン価とはガソリンのエンジン内で自己着火のしにくさ=燃えにくさの数字です。

 

アメリカと日本はとても似ているオクタン価なので多くのアメ車でレギュラーOKの車は多くあります。

 

しかし、オクタン価違いのヨーロッパ車には、100%ハイオクを使うしかありません。

 

ヨーロッパ車が高級だからハイオク仕様ではなく、ヨーロッパではハイオクが一般的なガソリンなんです。

 

日本でハイオクと呼ばれるオクタン価の高いガソリンと、ヨーロッパで一般的なレギュラーガソリンのオクタン価は同じだとご理解ください。

オクタン価違いが分かれ目

日本でガソリン毎のオクタン価はこうなっています。

 

  • レギュラー  90若しくは90以上
  • ハイオク   98以上から100

 

オクタン価数値が違うレギュラーとハイオクでは何がどう変わるんでしょうか?

 

ガソリンエンジン内部では、ガソリンと空気の混合ガスをスパークプラグで点火&爆発させてピストンを動かしますが、レギュラーとハイオクでは爆発までにどれだけ我慢できるかが違います。

 

  • レギュラーはもうちょっと我慢できれば大爆発するのに、燃えやすい性質なので途中で着火&中爆発&中パワー。
  • ハイオクは燃えにくい性質=我慢強いのでベストなタイミングまで待てる、だから大爆発&大パワー。

 

レギュラーはオクタン価が低目なので中爆発&CO2排出量が多い、ハイオクはオクタン価が高いので大爆発&CO2排出量が少ないとなります。

レギュラーとハイオク入れ間違えたら

ガソリンを入れ間違えても基本的に問題はおこりません。

 

車にはセンサーと変更プログラムがあるので、いつもと違うガソリンが注入されても自動制御します。

 

そして車達はいつもと違うガソリンに対して、こんな反応をします。

 

  1. レギュラー車にハイオクを入れれば、レギュラー車は燃費も伸びる&Co2削減となり大喜びしかありません。
  2. ハイオク車にレギュラーを入れて走っても問題はありません。

 

ただしレギュラー用プログラムが作動すれば、出力&燃費は10%前後落ちてしまい、ハイオク仕様の車は泣きが入ります。

 

※古いキャブ仕様の車でガソリンを入れ間違えると、ノッキングになる確率が高くなるのでご注意下さい。

入れ間違えても直ぐには変わらない

ガソリン入れ間違いをしても、その直後に変化は見られません。

 

それにはこんな理由がありました。

 

  1. ハイオクとレギュラーは違う混合剤が使われていて分子構造が違う
  2. 分子構造が違うので混ざり合うまでに時間がかかる
  3. エンジン系PCプログラムがガソリン違いを学習するまでに時間がかかる

 

つまりガソリンを入れ間違えても、ハイオクやレギュラーの特性を発揮するまでには時間がかかります。

 

レギュラー車ユーザーがハイオクの特性&美味しさを感じるには2回続けてのハイオク給油が必要になるでしょう。

レギュラー車にハイオク入れ続けたら?

レギュラー車にハイオクを2回続けて使えば燃費は伸びて、気持ち良い走りができます。

 

さらにCO2削減もできるので一石二鳥です。

 

そうして燃費が伸びる分とハイオクガソリン価格差は+-0近辺です。

 

アナタの車が美味しいハイオクを食したら、どうなるか気になりませんか?

 

2018年6月11日ガソリン価格はこれです。

 

  • レギュラー 145円
  • ハイオク  156円

 

価格差は10円/ℓなのでレギュラーの代わりハイオク入れても、7%ほど気持ち良く走ってくれれば最高です。※気持ち良く=CO2削減+走行距離アップ

ハイオクとレギュラー入れ間違いまとめ

2000年以降の車は全てPC制御なので、入れるガソリン種類を間違えてもPC制御プログラムが問題解決、適正な設定にしてくれます。

 

車がレギュラー&ハイオクを自動的に設定するので、オクタン価の高いハイオクをレギュラー車に入れてあげると喜んでしまいます。

 

しかし少数しか輸入されないアメ車がレギュラーOKでもあまり意味がありません。

 

本当は日本に大量輸入されるヨーロッパ車と同ように、日本車全てにハイオクを使えれば燃費改善とCO2削減でバンザイと考える私は変でしょうか?

 

アナタの車がレギュラーなら一度ハイオクを入れてあげてください!

 

きっとその良さを違いを感じられるのは保証します!

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】