ベンツに興味があっても乗ったことがない、どこが良くて悪いのかが分からない、そんな多くのアナタにシリーズで記事をお伝えします!

 

2017年11月8日は4回目でベンツ最小SUVであり、立体駐車場でも収まるGLAクラスです。

 

各車種の安全装置関連の情報およびドイツ本国のベンツの立ち位置など全てはこちらに集約しました。

 

⇒関連記事「ベンツ安全装置!レーダーセーフティを知れば得をする

 

さらに過去3回分の記事はこちらを参照して下さい!

 

⇒関連記事「ベンツAクラス!良かった所と悪かった所」

⇒関連記事「ベンツCクラス!良かった所と悪かった所」

⇒関連記事「ベンツEクラス!良かった所と悪かった所」

 

ではGLAクラス記事をスタートします!

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

GLAクラスで購入すべきモデル

購入すべきモデルはベース車種のGLA180です。

 

価格表を始めにご覧ください。

車種 駆動方式 価格
GLA 180 前輪駆動 398万円
GLA 220 4MATIC 4輪駆動 449万円
GLA 250 4MATIC 4輪駆動 513万円
AMG GLA 45 4MATIC 4輪駆動 792万円

 

ベンツGLA180で良い所はこれらです。

  1. SUVでありながら車高1505㎜はマンションの立体駐車場にも入庫可能
  2. 小型SUVの使い勝手はファミリー層に向いている
  3. GLA180の前輪駆動は特殊なオフロード以外は使える
  4. 次にグレードGLA220とは50万円の価格差がある
  5. 少し高めの着座位置による視界の良さ
  6. GLA全車共通のシャーシ&ボディは剛性が高く400馬力近いAMGエンジンも搭載できる

 

ベンツGLAの悪い所は最小回転半径が5.7mと大きく、共通シャーシAクラスの最小回転半径5.1mほどは小回りが利かないのはマイナスです。

 

では本題に入って行きましょう。

GLAが少し特別な理由

ベンツで初めての小型SUVであり、それも街の乗り車としてデザインされました。

 

従って年齢的な想定ユーザー層は広く20歳代の若いファミリー層から50歳代のご夫婦と考えられています。

 

街乗りに適したGL180のサイズはこうなっています。

 

全長4430㎜ x 全幅1805㎜ x 車高1505㎜

 

やはり街中であれば立体駐車場に止めらメリットは大きいと考えます。

 

個人的にはリアトランクを開ければロードバイクを楽々と積めて、開けっぱなしたトランクに腰かけてぼーっとするのも良い、そう感じてしまいました。

GLAクラスの使い勝手はどうなのか

GLAクラス最大メリットはSUVでありながら立体駐車場に入庫できる便利さです。

 

そして少しだけ高い車高は視界も良く、乗り降りのセダンやステーションワゴンより楽になってます。

 

もし問題ありとすれば最小回転半径5.7mしかありません。

 

GLAクラスの特徴をこれらにまとめました。

ボディ&内装

AMG仕様に対応するボディ剛性、そして前席はシートヒーター標準装備となっている。

燃費と加速性能

JC08モード16.4Km/ℓは優秀でも、1595㏄の4気筒DOHCターボであっても加速性能は良くありません。
もしパワー不足であれば上級車もありますが、初心者には高過ぎます。

乗り心地と取り回し

SUVとしては低い車高もあってコーナリングでもとても安定してると同時に小型SUVにしては付き上げが少ない。
取り回しは同サイズの車比較であれば5.7m最小回転半径もあり部が悪いとなります。

駐車性能

高めの着座位置と標準装備パーキングアシストのリヤビューカメラで楽々に駐車できます。

シートと室内

GLA180シートはファブリックと人口皮革でも、ドライバーをホールド形状で座り心地も〇です。
室内は少しタイト感があり、リアシートは低めの位置で足元も少し狭いので常時4人乗車はキツイと感じます。

安全性能

自動ブレーキ、衝突回避など基本システムは搭載されていますが、他はオプションのレーダーセーフティパッケージから選ぶ必要があります。

GLAは衝撃吸収性が高いボンネット採用により、万が一の人との衝突ではボンネットが持ちあがり歩行者の衝撃を和らげる効果があります。

さらにオリジナルのボディ&シャーシに使用されている超硬鋼板は用途別に何種類にも使用され、それらが基本構造と伴に200Km走行のアウトバーンでも力を発揮しています。

中古のGLAクラスを購入する理由

ドイツなど海外のベンツ走行距離は数十万キロなどは普通です。

 

日本だけが車保持期間がとても短く、5年で10万キロや10年で30万キロを乗るドライバーはほとんどません。

 

しかも日本には車を長く安全に良い状態に保つ車検制度があり、海外の車よりさらに良い中古車が沢山あることはあまり知られていません。

 

さらに日本は長年続く不況もあり、国産車より輸入車の方が値下がり率も高く、短い時間で早く値下がっている事実をご存知ですか?

 

ディーラーで売れ残った国産車はオートオークション以外にもディーラー系列の中古車店、レンタカー、カーリース、輸出などなど多くの中古車販路があるので異常な値下がりはありません。

 

輸入車はオートオークションや系列の中古車で販売できても、それ以外はムズカシイ、販路が少ないために大幅値引しても、無理やり未使用車にしてでも売らなくてはなりません。

 

キビシイ現実ではありますが、車を購入しようとする我々にはとても助かります。

中古車の選び方と価格の目安

GLAクラスは2014年5月に導入され、2017年4月に現行型になりました。

 

発売当初はFFでしたが、2017年からは4輪駆動が導入されました。

 

GLAでFFか4輪駆動かの選択を考える際にも街乗り中心であればFFで大丈夫です。

 

理由は北海道の某市役所の人に言われた「雪道はFFで全く問題ありません」です。

 

確かに後輪駆動はハンドルコントロールがムズカシイ部分があっても(関東人には)、FFなら前輪が引っ張ってくれるので雪道でも走れました。

 

話が少々それましたが、GLAの中古価格はこんなモノがありました。

 

例としまして ;

  • GLA180の2017年式、走行距離1,000キロで298万円、
  • GLA180の2015年、走行距離1万2,000キロで169万円、

 

などが中古車市場にありました。

 

実際はそれら中古車を保有している数店舗加間で価格競争させ、さらに保証内容比較、保証期間延長交渉などを経てベターな買い物が可能と思われます。

新車も中古車も試乗を繰り返す

新車なら試乗は当たり前でも、中古車の試乗を繰り返す人は多くありません。

 

新車は見本も試乗車に乗れても、注文して届く愛車には事前に乗ることはできません。

 

しかし、中古車であれば、これから愛車となる車に乗れるメリットがあります。

 

そうであれば、中古車店を何軒ハシゴしてもトライする価値は十分にあると思いませんか?

 

もし、そんな試乗した中古車に気になる点があったとすれば、事前に無償修理した後に購入すれば良いのですから。

ベンツGLAクラスの良かった所&悪かった所まとめ

印象的なのはGLA180 FFでのドライブ感覚は街の乗り、国道、高速でも安定した走りなのでストレスを感じません。

 

国産の同サイズSUVに増して安定感があるのはベンツだからと思います。

 

不思議なのは1595㏄の4気筒DOHCターボで122馬力しかないのに、加速性能を除けばとてもリラックスして運転ができてしまうことです。

 

これもボディ剛性と足回りの性能から来るものと感じました。

 

ちなみにGLA180のライバルとすればアウディQ2やBMW X1辺りになるでしょう。

 

もしアナタの希望する車が見つかれば、片っ端から試乗を繰り返し、満足行くまでそれら性能を試して下さい。

 

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】で会いましょう」

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】