ガソリンメーターゼロの走行可能距離がスゴすぎる!!!

Q&A

多くの人が気にもしない「ガソリン残量ゼロになっての走行可能距離」、それを知りたいと思いませんか?

 

海外youtubeでそれを試した画像がありました。

 

 

 

車はアウディSQ5だったのでガソリン残量ゼロで走れても数十キロではないかと見ていたら、大違い!

 

読み時間2分でお伝えします。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

ガソリン残量ゼロの走行可能距離

アウディSQ5の燃料警告灯が点灯し、そしてガソリン残量ゼロから走れなくなる迄の距離はなんと100キロもありました。

 

少し驚きです。

 

しかし、日本より車移動距離が長い大陸系の国々では、1時間走ってもガソリンスタンドが見当たらないのはざらにあります。

 

あっ、だから万が一を考えてガソリン残量ゼロでもこんなに走れるのか、そう理解しました。

 

ただし、全ての車がガソリン残量ゼロ状態から100キロ走行が可能なのでしょうか?

 

外車は100キロ走れても、日本車はどうなんでしょうか?

車移動距離と燃料タンクの関係

アウディSQ5はガソリンタンク容量70ℓと大きく、ガソリン残量ゼロでも予備で10ℓ以上は残せていると考えます。

 

そうであればSQ5の話を外車=海外という形にシフトし、車移動距離が日本よりも長くガソリンスタンド数が少ないヨーロッパ、北米などの車は万が一のガス欠に対応できる、予備ガソリンがシッカリ残っているとなります。

 

つまり、アウディ、BMW、ベンツ、フォルクスワーゲン、アメリカ車はガソリン残量ゼロでも予備燃料がシッカリある、だから安心(少し)と考えて良いかもしれません。

 

たまに拝見するサイト記事には「外車のガソリン残量ゼロは本当に危険」とありますが、それは事実ではありません。

 

外車はガソリン残量ゼロで長く走れても、日本車はどうなんでしょうか?

ガソリン残量ゼロの日本車編

日本車の多くもガソリン残量ゼロの普通車であれば100キロ近い走行は可能である、そう考えます。

 

理由はこうです;

 

  • 日本車の多くはアメリカやヨーロッパに輸出されている、

  • 輸出用の日本車だけガソリンタンク容量を変更する可能性は低い
  • 海外の車移動距離は日本よりはるかに長い、

  • ガソリンスタンド数は郊外&地方に行くほど減少する(1時間に1カ所など)
  • 万が一のガソリンメーターゼロでも長く走れる予備燃料が必要になる
  • ガソリンメーターゼロでも1時間ほど走れる予備燃料がタンクにある

 

この想定どうりであれば、日本車もガソリン残量ゼロで100キロ以上も走る車があると考えます。

 

もちろん、中型や大型車でガソリンタンク容量60や65ℓあるモデル限定ではありますが。

 

次はガソリン残量ゼロ前に点灯する警告灯タイミングで、どの位の燃料が残っているのか調べました。

燃料警告灯の点灯タイミング

燃料メーターが完全ゼロになる前に警告灯が点灯します。

 

おおよそガソリン残量が15%前後のタイミングで警告灯が点灯するとお考え下さい。

 

燃料警告灯の点灯タイミングではタンク燃料残はこう計算できます。

 

  • タンク35ℓ x 0.15 = 5.3ℓ 残っている
  • タンク40ℓ x 0.15 = 6.0ℓ 残っている、
  • タンク50ℓ x 0.15 = 7.5ℓ 残っている
  • タンク60ℓ x 0.15 = 9.0ℓ 残っている
  • タンク65ℓx 0.15 = 9.8ℓ 残っている

 

燃料警告灯が点滅した時点で、それら想定残量に実燃費を掛ければ走行可能距離が算出できます。

 

ガソリン残量ゼロになる前の燃料警告灯タイミングなら、100キロ以上を楽に走れる車種が多くあるでしょう。

 

しかし、各車の排気量、走行状態、天候(エアコン使用など)により燃費は変化するので、単純なリッター走行可能距離を掛け算するのは少し危険です。

ガソリン残量ゼロは車を傷める

ガソリン残量ゼロまで給油をしなければ、燃料タンクを傷める危険性があります。

 

熱膨張しやすいガソリンは走行中タンク内の空気とガソリを温め、車を止めれば冷める、それらを繰り返すことでタンク内の水分=結露が発生しやすくなります。

 

ガソリンスタンドで水抜材を勧められるのはこれが理由です。

 

もしガソリンタンク半分ほどで給油する習慣をつければ、タンクはそれほど広い空間にならず温度も上がらずに水分発生率がといても少ない、水抜き剤は完全不要になるとお考え下さい。

ガソリン残量ゼロでの走行可能距離まとめ

日本車の燃料警告灯が点灯するタイミングでは、約15%ガソリンが残っていることお伝えしました。

 

その15%分のガソリンに実燃費を掛け算すれば一安心にもなります。

 

しかし安心するだけはなく、燃料タンク保護や万が一の事態を想定するのであればタンク半分での給油をルールとして下さい。

 

きっと車も喜びます!

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】

ページの先頭へ