クリープ現象で車が勝手に進むスピードは車種によって差がある、国産と輸入車でも差があるのをご存知ですか?

 

エンジンON、ギヤがDかRの状態でブレーキペダルから足を離したら動きだす、アクセルペダルを踏んでないのに動く、それがクリープ現象です。

 

クリープ現象はAT(オート)車もしくはセミAT車だけに起こる現象であり、MT(マニュアル)車には起こりません。

 

⇒関連記事「最高速度ではなく最低速度が事故の原因だった!」

 

アナタの車に起こるクリープ現象の最低速度を知れば、ビル駐車場から転落など様々な事故を防げるかもしれません。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

クリープ現象の最低速度が危険な理由

最低速度が速い車は駐車場での事故、前の車にぶつかる、コンビニへ突っ込むなど事故の原因にもなっています。

 

最低速度とはアクセルを踏まない状態で車が勝手に進むスピードを表す言葉です。

 

クリープ現象のスピード=最低速度とご理解ください。

 

最低速度ではエンジンONにした際に設定されている回転数が高い車は速く、低い車は遅く進みます。

 

日本車の多くは最低速度が速く、アクセル踏まないで進むクリープ現象の事故も多いといわれます。

クリープ現象が原因の事故がある

これら事故がクリープ現象による速い最低速度が原因とされています。

 

  • 信号待ちで、前の車へ当ってしまう
  • 駐車場で車止めに強く当ててしまい最悪は乗り越え衝突&転落
  • ギヤDとRを入れ違え急発進になる事故(とても多い事故)

 

車に誤発進抑制装置や自動ブレーキあれば避けられても、未装備車で最低速度が速い車であれば事故になる可能性があります。

 

疲れている時そして高齢者ならば、クリープ現象の速い=最低速度の速さに驚きブレーキのつもりがアクセル、それも否定できません。

クリープ現象の最低速度が遅い車

外車、

それもドイツ車なら安全を考えクリープ現象=最低速度は人間が危険検知しても直ぐに完全停止できる5kmほどになっています。

 

従ってクリープ現象速度=最低速度はとても遅く設定してあります。

 

フォルクスワーゲン、アウディ、ベンツ、BMWなどのクリープ現象は人がユックリ歩く速度の約5キロほどで安心です。

 

上記メーカー車を保有していた頃は、「アクセルを踏まないと何でこんなに遅いんだろう」、そう長年(18年くらい)思っていました。

 

今はこう理解できています。

 

クリープ現象の最低速度を遅くすれば、自分の意思で車をコントロールできる、万が一の事故を防げる可能性が高くなる、です。

クリープ現象の最低速度が速い車

まずはご自身の車の最低速度を測って下さい。

 

クリープ現象の最低速度は5Km〜10Km前後といわれます。

 

8Kmなら超高速歩きスピード、10Kmなら小走り程度のスピードとなります。

 

従って5Km前後の最低速度ならどんな危険回避もOK、そうなります。
※5Kmは人がユックリ歩くスピード

 

古い年式の日本車には、トンデモナイ速さの最低速度で飛んでいく車もあるのでご注意下さい。

 

まとめ前にもう1つお伝えします。

クリープ現象が遅い車こそ高級車

人間の危険認知&回避能力を考えて設計&製造された車こそ高級車だとお伝えします。

 

記事始めに、私が保有したドイツメーカー全てのクリープ現象速度が5Kmなど遅かった、そうお伝えしました。

 

率直にお伝えすれば、ドイツ車のクリープ現象はユックリで安全、日本車のそれは速目で少し危険となります。

 

どうしてそうなるのか?

 

法律で設定されていないクリープ現象速度がどうして違うのでしょうか?

 

ドイツ車は1886年1月29日、ドイツ帝国特許局からカール・ベンツに初めての車特許が交付されました。

 

日本の車歴史は1945年以降でしかありません、それもアメリカ車コピーからの歴史です。

 

つまり少し根暗でも物事を突き詰めるドイツ人が世界で初めて開発した自動車。
※個人的にドイツ人と仕事があったので分かります

 

ドイツ人の歴史と宗教規範から来る厳密さ、厳しさ、それら全てがドイツ車と道路環境と周辺ルールを作りました。

 

だから人の命を権利を重視するクリープ現象の最低速度が決められた、そう考えます。
※個人の意見

 

やはりクリープ現象が遅い車は考えられている車である安全である、高級車である、そう考えます。

AT車クリープ現象のまとめ

クリープ現象を上手く使えば、超低速で駐車場や渋滞時のノロノロ運転にも便利です、使えます。

 

逆にクリープ現象でも10Kmなど速いスピードなら事故につながる可能性があります。

 

もしこれから車購入の予定があれば、試乗時にクリープ現象速度=最低速度をチェックすれば便利で安全に使える車を選べます。

 

さらに万が一の事故確率も下がるで安心です。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】