ハイブッドカーは10車種以上あっても、実燃費はどれも20キロから24キロでしかありません。

 

エンジンとモーター&リチウムイオン電池を使っているので値段が高い、電池も10年前後で寿命がくると言われてます。

 

そして排ガスが少なくてエコといわれても、使用するリチウムイオン電池には強毒性の材料が使われ、電池製造&廃棄でも大きな環境問題が生じてしまいます。
※リチウム電池はリサイクルも可能です。

 

ハイブリッドカーの燃費を良くしようと試しても速度60キロ前後でエンジンに切り替わり、下り坂ではエンジンブレーキのせいかエンジン始動。

 

ハイブリッドカーは全然エコじゃない、そして長年乗り続けても購入コストと燃費でペイしない高額な車である、そんなお話をさせて下さい。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

結局は高くつくハイブリッドカー

ハイブリッドカー購入では減税や補助金が出ても、高い購入費用を走行距離や保有期間でペイさせようとすれば10年以上は掛かってしまうでしょう。
※使用頻度による。

 

それ以前に減税や補助金は日本国民が支払う税金を原資としていることに疑問を感じるのは私だけでしょうか?

 

本当に国民の役に立って生活環境を改善するハイブリッドカーやEVなら減税や補助金も有効でしょうが、それを証明する根拠も論拠もありません。

 

加えて電池材料は南米の塩湖で採取されるリチウム材、さらにマンガン、コバルト、ニッケルが使われ、毒性や環境汚染も問題になっています。

 

つまりハイブリッドカーは少ない排ガスと電気のエコイメージがあっても現実はそうではありません。

 

さらに問題なのはリチウム材など電池材料の多くが値上がりを続け、2014年から2017年の間に2倍以上にも跳ね上がってしまったことです。

 

2020年頃から電池を使うEV(電気自動車)が始まろうとする段階でリチウム材価格が2倍になった現状を考えれば、本格的な車電池時代になれば価格は10倍、20倍にもなるのでしょうか?

 

アメリカ、ヨーロッパでもやっとEV(電気自動車)にシフトしだした2017年時点でも電池材料高騰、つまりEVやハイブリッドカーが安くなるのは現実的な話ではありません。

 

もし安くする可能性があるのなら新素材&システムの電池が開発されることしかありません。

高額な交換用リチウムイオン電池

ハイブリッドカー(ガソリンとモーター)に使用されるリチウムイオン電池には必ず寿命がきます。

 

昔の電池寿命は6、7年前後、現在2018年では8年から10年であるとされています。

 

そして万が一の電池交換では高額な実費を支払うしかありません。

 

トヨタも初代プリウス除いては電池保証をしていましたが、それでも15万円前後になってしまいます。

 

他メーカーでは電池保証自体が存在していません。

 

そんな電池サポートであるのはEV用の中古再生電池を売りだした日産です。

 

理由は日産の初期EV電池が直ぐにダメになっても保証がない、結果として激安、誰も買わなくなったからでした。

 

EV(電気自動車)用の大きな電池か、HV(ハイブリッド)用の小型電池かで電池価格が変わり、数十万円から80万円ほどがユーザーが支払った金額でした。

 

しかし現実の電池寿命を見ると10年以上も大丈夫であり、知り合いのプリウスでは15年以上も問題なく走り続けています。

 

そうであっても電池充電能力(寿命)は使用頻度、充電回数によってどんどん劣化をしているのは間違いありません。

 

ハイブリッッドカーとEVはいつかどこかで使えなくなる、高額な電池交換しなくてはなりません。

温室効果ガスの影響を疑って見る

ハイブリッドカーやEVなどエコカーは環境汚染物質(排気ガスなど)を出さない、温室効果ガスを出さない車、地球の温度上昇を抑制する車として開発されました。

 

2019年の現在はそれら問題に?」がついてしまうのをご存知ですか?

 

  • 地球温暖化は元々の地球が持っている温暖化&寒冷化サイクルの問題であり、排気ガス影響は微々たるものでしかない
  • 現在の地球温暖化は排気ガスなど人間の経済活動よりも、無数に存在する海底火山の影響が大である

 

つまり不確定要因で環境に良い悪いを考えるべきではない、そう学者らの発表は示唆してます。

 

そうであれば、そう仮定をするのであれば、どんな車を選ぶべきなのでしょうか?

燃料消費が少ない小型車か軽自動車を選ぶ

ハイブリッドカーではなくガソリンやディーゼルの小型車や軽自動車なら、実燃費で20キロ前後は走るので燃費も購入価格も維持費も問題ありません!?

 

小型や軽の中古車を選択するなら、燃費で車購入価格を数年から5年でペイさせることも可能です。
※購入価格と走行距離に準じます。

 

安いコストのモノを長く便利に使うこと自体がエコになるとお考え下さい。

 

さらに環境問題に悪影響を及ぼすであろうリチウムイオン電池を使わないエコカーでもあります。

高効率化エンジンがスゴイ

マツダが超低燃費+超高効率エンジン「スカイアクティブ-X」を発表する際にこうコメントしました。

 

  • 「スカイアクティブ-XのCo2排出量はリチウムイオン電池より少ない」
  • 「我々はCo2排出量が少ない高効率ガソリンエンジンの開発に全力を注ぐ」

 

上記コメントで電池とCo2排出量は無関係と思われるかもしれませんが違います。

 

その理由です。

 

  1. 電池材料は南米の塩湖などからリチウム、マンガン、コバルト、ニッケルが採取される、
  2. 各国へ輸送される、
  3. 工場で製品化され電池になる、
  4. 車に搭載される、
  5. 使い終わった電池は廃棄される(若しくは再生される)

 

電池は上記の流れで採掘から廃棄までされるので、それら各工程で大量のCo2を発生しています。

 

つまり電池材料の採掘から製品化の流れで使われるエネルギーは、化石燃料であるガソリンより大きいとなります。

 

マツダ幹部がスカイアクティブX発表の場で語っていた意味はこれなんです。

 

化石燃料のガソリンならもっと単純な製品化であり、廃棄の必要もありません。

 

廃棄が無い代わりに、排ガスを極力出さない&クリーン化されるので高効率エンジンとなる訳です。

ハイブリッドカーがエコじゃないのまとめ

排気ガスがどれほど地球環境や人間に悪影響をするのかが問い直されている2019年です

 

その環境やモノに対する価値感の中には少ないコスト=価格が含まれます。

 

小さなお金で役に立つモノがエコにつながる、そう考えます。

 

ハイブリッド技術であるPHVやPHEVでも、それらコストが安くならなくてはエコにはなりません。

 

そんなアナタの車選びがトータルの意味でエコになるように願います。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】