私は北米やヨーロッパ、そして本拠地の日本でも車をあおられた経験がありません。

 

欧米で下記のような危険運転をすると犯罪に巻き込まれる可能性があり、あおり運転するドライバーは見ません。

 

  • 強引に感じられる割り込み、
  • むやみにクラクション鳴らす、
  • 車を左右に振って威嚇(いかく)する、
  • 急に止まって後方車を威嚇する

 

上記は相手を威嚇(いかく)する行為であると同時に、そんなバカげた行為をするドライバーは飲酒かドラッグしている人間しかいません。

 

アメリカ人は拳銃保有含め犯罪に巻き込まれるリスクを良く知っているので、バカげた運転行為はほとんどしません。

 

もしそんな違法運転で相手を威嚇すれば、ダッシュボードにある拳銃で撃たれるかもしれないからです。

 

従って万が一のトラブルでは絶対に車の外に出ようとしません。

 

そんなことをすれば、危険が危ない、死ぬかもしれないからです。

 

日本では銃や刃物規制もあるので安心して!?あおり運転がまかり通っている様に感じます。

 

そんな日本であおられない様にするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

読み時間2分です。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

排気管が2本や4本ある外車は強い

あおられない車は排気管数が多い外車です。

 

中型車でも大型車でも効果は同じです。

 

外車なら新車や中古はもちろん、何色でも関係ありません。

 

そんな外車を意図的に飛ばすのでも乱暴に走るのでもありません。

 

あなたはタダ普通に運転する、それだけです

 

それだけで私はあおられた経験が一切ありません。

 

ちなみに私は普通のルックスです。

 

しかし、あおり運転被害に合わないためだけの中古外車購入はあり得ませんね!?

 

次はあおり運転の原因と対処方法をお伝えしていきます。

あおり運転の原因と対処方法

相手の車テリトリー(縄張り)に入りこんだ、割り込んだことが原因であおり運転トラブルが発生します。

 

もちろん、アナタにはそんな縄張りが見えるはずもありません。

 

現実として、これらケースで人は縄張りを感じています。

 

  • 適正な車間距離の認識が違う(前の車に接近し過ぎる運転)
  • 適正な走行スピードが違う
  • 相手が強引な割り込みと感じるか感じないか
  • ブレーキングポイントが早いか遅いか

 

ドライバー毎に違う縄張りを刺激しないためには、これらを徹底してください。

 

他車と同調した車間距離を維持する、

流れに沿った走行スピードを保つ、

割り込みタイミンに注意する、

適正と思えるブレーキングポイント、

 

上記ルールを守りながら運転すれば「あおり運転される」それは起こりません。

 

もし上記の運転をムズカシイと感じるのであれば、それは違うと考えます。

 

理由は多くのドライバーが普通に行っている運転方法だからです。

 

もしムズカシイ部分があるとすれば「割り込みのタイミング」、それ位しかありません。

 

ヒドイ渋滞なら一台ずつ順番に割り込めますが、ユルユル流れている渋滞であれば割り込みタイミングを考える&見切る技量が必要になります。

 

見切りできないまま長く割り込めないでいるとクラクションが鳴らされる、あおり運転される可能性にもつながります。

 

そんなリスクがある割込み、そうお考えください。

世界共通な車割込み方法とは

世界共通とは少しおげさなタイトルですが、割り込みではこうします。

 

  1. 割り込みたいとこの1台後ろにある車に接近する
  2. 割込みたい車ドライバーに視線を向ける(視線を必ず合わせる)
  3. 割り込むために車を少し進めた時点で片手を上げて挨拶する(日本だけの方法)
  4. 割り込む
  5. 割り込めたらウインカー挨拶数回(日本だけの方法)

 

これで完了しました。

 

たまに割込み拒否があっても、次の車にも同じことを繰り返すだけです。

車間距離と縄張り意識の関係

近い車間距離もあおり運転の原因となっている、それは間違いありません。

 

これもアメリカでの経験ですが、「先行車と自車の走行&停止では車間距離をシッカリ取る」、それが暗黙のルールでありました。

 

理由はこうです。

 

もしものトラブルでも、先行車との適正距離さえあれば脱出できる!

 

先行車と同調した走行スピード十分な走行車間距離停止車間距離があれば、相手の縄張り意識を刺激しない!

 

こう想像すればもっと分かるでしょう。

 

自分の後ろを走る車が速いスピードで追い上げてくる、

後ろにピッタリ着いて走ってくる、

信号待ちでも後ろに超ピッタリ着いている、

 

そんな経験すれば、後ろの車は何か意図があってそうしている、嫌がらせをしている、そう思ってしまうのではありませんか?

 

昔の友人にピッタリ接近&停止のキワドイ運転をする人がいて、周りからこう言われていました。

 

〇〇さん、そんな運転をしていたらいつか喧嘩を売られるよ、トラブルになるよ、です。

 

聞いたところ〇〇さんには、そんな意識は全くない、クセでそう運転してしまう、そんな返答を覚えています。

 

でも&しかし何気なく&クセでしている運転でもトラブルに発展する可能性は十分にある、そうご理解ください。

 

そんな運転こそ、危険が危ない、それです。

 

そんな何気ないクセからの運転でも、こんなマナーを使えば何も問題は起きません。

クラクションがトラブル最大原因

あおり運転最大原因はクラクションの鳴らし方、それと割り込みなど超接近運転もあります。

 

 

万が一の危険回避以外ではクラクションをむやみに鳴らさないようにして下さい。

 

クラクションを鳴らすにしても、まず鳴らし方の練習をして下さい。

 

アナタが意識していなくても、相手ドライバーを刺激するような鳴らし方になってしまうことがあるからです

 

ハンドル内のパッドのどこをどの位の力で押せばクラクションが鳴るか知って、音の強弱コントロールができるようにします。

 

たった5分ほどのクラクション練習だけで、あおり運転などトラブル回避につながる、そう考えて下さい。

 

クラクションをプーではなく、本当に軽いリズミカルなプップッ、可愛いプップなら誰も怒りはしません。

 

でも&しかし欧米の運転でクラクションやハザードランプ挨拶をするこは稀です。

 

特にアメリカ生活4年間ではクラクションやハザードランプを使った場面に遭遇したことがありません。

日本特有のクラクションとハザードランプ

日本だけで使われている「ありがとうのハザードランプ」そして「挨拶&ありがとうのクラクションぷっぷ」があります。

 

昔、成田にアメリカ人を迎えに行った際に、日本人はなんでハザードランプとクラクションを無闇に使うんだ、そう言われました。

 

アメリカ人からすれば万が一の危険を相手に伝える目的、危険回避でしか絶対に使わないからです。

 

この方法は日本だけであり、アジア各国、北米、欧州でも見たことがありません。
※海外駐在が多かった経験より。

 

特に欧米なら、ハザードランプは事故か緊急停止の時にだけ使う、そしてクラクションも万が一の危険回避目的でしか使いません。

 

そんな緊急時にだけ使うべきハザードランプとクラクションなら、最小限の使用頻度+音や光に注意しながら使う必要があります。

 

日本でのハザードランプは「ありがとう」なので問題なくても、クラクションには注意してください。

 

理由はこうです。

 

緊急時専用のクラクション、その音は相手を刺激しやすい=勘違いをさせやすい

 

そうなるからです。

 

くれぐれもクラクションのタイミングを考えながら優しくプップと使ってください。

おあり運転に免停や刑事事件の適用

警察はあまりに多いあおり運転トラブルを防ぐために「最長180日間の運転免許停止」、この規定の適用開始をしました。

 

この規定があれば、少しはあおり運転が減ると考えますが、それだけでは不十分です。

 

どうして不十分なのか?

 

それは日本人が生きる為のストレスをどんどん感じ貯め込んでいる、ストレスを貯め込まざるを得ない世相だからです。

 

そんな半分?切れた人達と争えば、大きな被害を受けるはアナタの方かもしれません。

 

だから刑事事件の適用も裁判されている2018年です。

 

万が一あおり運転をされた場合は、車を安全なところへ移動しドアロック確認した後に警察へ通報してください。

 

その方法しかありません!!!

 

絶対に車外へ出てはいけません、会話してはいけません、絶対にです!

 

車の窓は合わせ強化ガラスなので、素手や簡単な棒叩きくらいでは割れません。

 

実際のトラブル現場も見ても、強化ガラスは棒くらいでは割れない、それは確認済です。

 

アナタは安全な車内で110番してください、絶対に窓を開けて相手と話してはいけません。

あおり運転のまとめ

あおり運転被害を受ける原因の多くは、アナタと相手の縄張り意識の違いです。

 

そんな意識違いを表現するのにパッシング、クラクションを使用するからです。

 

アナタは車の流れに沿った運転だけに注力し、不必要なクラクションやパッシングしなければトラブルの半分以上は解決されます。

 

もっと効果的なのは中古の大型外車ですが、誰もが買える訳ではありません。

 

ちなみに、私が愛車を軽N-WGNに変更してからの問題は、ノロノロ渋滞の列になかなか割り込ませてもらえなかった、それだけです。

 

私が心がけているのは必ず相手の目を見るようにして合図をすること、そしてハザードランプのお礼も欠かしていません。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

買う前にローン審査ができることを知っていますか?

低金利ローンは審査時間が長いこともあって、急に用意することが難しい場合がありますよね。

 

そのため、すぐに借り入れが出来る融資となればディーラーローンや残クレになりますが、これらは金利や総支払い金額が高くなることから、できれば避けたい借入先です。

 

ただ、これはもう昔の話で今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、何ヶ月も長い期間、審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

もしあなたが今後車を買う予定がある場合には、事前に仮審査を通しておくことで、いざというときに高い金利のローンで損をすることを防げるでしょう。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

「審査に時間を取られたくない方」や「高い金利を払いたくない方」は、いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】