中古車を初めて選ぶ時は高いリスクがあります。

 

理由は車のデザインや内外装の良い悪いの判断はついても中身のことは分からないからです。

 

中古車店の値付けは年式や中身に関係なく、ボディにキズが無い&キレイな内外装、「だからこの値段にする」そんな値付けが実際にあります。

 

⇒関連記事「初めての車を中古車にすればゼッッタイ損しない!」

 

もしアナタの車選びに知識を持っている人を見つけられれば、そのお得度と安心感はお金に変えられません。

 

私の経験も含めてアドバイスします。

中古車購入のサポートサービスとは

中古車を購入する際に、アナタと一緒に同行し内外装チェック、ボンネット開けてチェック、そして走行チェックをするのが購入サポートサービスです。

 

そんなの聞いたことが無い、そう聞こえて来ますがアメリカでのお話だからです。

 

アメリカの中古車市場は日本の数十倍以上あり、留学生や転勤族などが初めての中古車購入に使っていたサービス。

 

同サービスの料金は販売価格の5%から10%だったと記憶をしています。

 

ちなみに、私のアメリカ車1台目は自分で選び大失敗し約3,000ドルが廃車に・・・

 

2台目は日本でメカニックしていた人に同行してもらい、性能の良いイエローとブラックの車をゲットできました。

 

こんなサービスが日本でもあれば少しは楽な中古車選びになるんですが、ありません。

 

同サービスがなければ車に詳しい人を探すしかありません。

 

そして探せば以外に見つかるものなんです。

知り合いの知り合いは車に詳しい人

中古車選びに自信がなければ、知り合いや友人達に車メカニックや知識のある人がいないか聞いて下さい。

 

そして聞いてもらった人達にも誰かいないとたずねると、大体1人か2人は見つかるモノです。

 

それでも見つかれなければオートショップに出向き、スタッフにそれとなく聞けば候補者が見つかります。

 

料金は交渉次第ですが、中古車購入サポートを依頼する人には故障やトラブルの責任は一切ないので、そう認識ください。

 

ただし、無料でサポートをしてもらうのはダメです。

 

理由は、そんな無料な人ほど責任感や知識に乏しい場合いが多いからです(個人的に経験済)。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

車選びをプロに任せる中古車オークション

中古車オークションに業者と同行しての車売買はダメです。

 

理由は2つしかありません。

 

  • オークションで車落札ができなくても、1回の参加費や手数料等で約10万円前後を支払う必要がある
  • 1回の中古車オークションでの落札成功率(売買とも)は50%以下である

 

たしかに中古オークションは車業者同士が売却したり仕入れをする場なので、車を安く買えたとしてもオークション参加の手間とお金がかかり過ぎる、そのリスクがあるとお考えください。

中古車購入でプロを同席させるのまとめ

どんなモノにも定価や価格があります。

 

それが生活用品や雑貨であれば、高額ではないので定価のまま購入します。

 

しかし、車は家に次いでの高額商品、それが中古になれば誰も本当の価値が分かりません。

 

さらに、車検がある車でも中身チェックや試乗をしないと本当に安全なのか、故障が少ない良い車かどうかは分かりません。

 

プロが見れば、中古車の年式や走行距離はもちろん、整備手帳の修理履歴から車の健康状態が分かり、車検証からはどこで誰がどう使っていた車なのか、理想的なワンオーナーだったのかどうか、もっと多くが判明します。

 

そんな情報を元にボンネットを開けてマシンやオイルチェック、さらに試乗をすれば良い車かどうかの判断が可能になる。

 

それがお金を払ってもプロを同行させる意味です!

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】