家庭の電源はAC100ボルト(交流)、車はDC12ボルト(直流)なので普通のコンセントは使えません。

 

そうなら、カー用品店でDC/AC変換アダプターを1000円で買ったとしても作動しない場合もあります。

 

しかし、車の大容量バッテリーをカンタンに使えたら、災害時はもちろん、普段のキャンプ、車中でのPC作業の大きな助けになることは間違いありません。

 

始めから家庭用電源ACコンセントが装備されている車なら完璧ですが、その理由で車を買い替えることは不可能です。

 

では何をどうすれば良いのか1分でお伝えします。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

車から電源をもらう方法は3つ

1つ目は車のシガーソケットに差し込んで電力をくみ取るDC/AC変換アダプターを利用する。

 

2つ目は一般家庭用AC100ボルト用コンセントが装備された車を利用する。

 

3つ目は予備電源(ポータブル電源)をいつも車に積んでおく。

 

では、それら3つある方法のメリットとデメリットを順次に確認します。

シガーソケットは問題あり

DC/AC変換アダプターの問題もありますが、最大の問題はイグニッションONにするかエンジン始動しなければ電気は使えません。

 

それをすると、騒音や燃料がどんどん減り続ける問題が必ず発生します。

 

もし災害時であれば、移動目的の燃料確保が最優先になるので、車内で家電やPC利用、スマホ充電も自由にはできない、そう考えます。

AC100装備のハイブリッドカー

AC100ワットを装備するHV(ハイブリッドカー)なら家電利用もアダプター無しでカンタンです。

 

AC100ワットのコンセント採用する主要車種をご覧ください。

AC100ワット・1500ワットコンセント採用車種

メーカー 車種
トヨタ プリウス
プリウスα
SAI
シエンタHV
ハリアーHV
アフファードHV
ヴェルファイアHV
エスティマHV
レクサス HS250h
CT200h
NX300h

 

上記のHVではアイドリングが発電の条件になってしまいます。

 

アイドリングは燃料消費につながるので災害時に多用することはできません。

 

ではアイドリングなしでも使える車は何か?

EVとPHVならアイドリング不要

EV(電気自動車)とPHV(プラグイン・ハイブリッド)の電気供給はアイドリングの必要がありません。

 

EVやPHV(PHEV)車種はこれらです。

メーカー 車種
トヨタ プリウスPHV
三菱 アウトランダ―PHEV
日産 リーフEV
VW ゴルフ GTE
VW パサート GTE

※ベンツやBMW,ポルシェのEVは一般的でないと判断し記載していません。
※PHV=プラグイン・ハイブリット車 / PHEV=プラグイン・ハイブリッド電気自動車

 

EVもPHV(PHEV)も車種が少なく、万が一の災害で使える車は多くありません。

 

そうであれば、何をどうすれば良いのでしょうか?

小型の予備電源を用意する

愛車のN-WGNで遠い場所へロードバイクを積んで走る時に強い見方が予備電源(ポータブル電源)です。

 

軽自動車はどうしても小型バッテーのみであり、余計な電気利用での負担を掛けたくありません。

 

予備電源の用途は夜間ライト、PC用やスマートフォン充電、コーヒーメーカー、調理用電熱器、何にでも使えます。

 

私の予備電源サイズはノートパソコン程の面積で高さは20㎝もありません。

 

重さも4キロ位なので便利なのは絶対です。

 

まだ冬場の電気毛布は試していませんが、使えます。

車のACコンセントまとめ

現状の車で家電利用に困らない順番は ;

 

1位 EVやPHV(PHEV)

2位 HVのAC100コンセント付

3位 ガソリン(ディーゼル)にDC/ACアダプター装着

 

そして一番安上がりは(数万円〜5万円)、予備電源を常時満充電で車に積んでおくことです。

 

予備電源の答えなら始めから教えろ、そうもう聞こえます。

 

しかしアナタが保有している車種で何がどうできるのかを先に知って頂きたかったので、この説明順にしました。

 

いつも最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】