「貧乏で車が買えない」、このお題は過去に経験済なので目をつぶっても書けます。

 

20歳半ばの経験ですが、2018年にも必ず役立つ内容である、そう確信しています。

 

忙しいアナタの時間を2分だけ頂戴します。

貧乏でも車ローンは組める

お金がないからローンも組めない、そう思っていませんか?

 

確かに無職ならそうですが、アルバイトや派遣などで定期収入があればローンを組めます。

 

それも1年ほど勤務していれば銀行マイカーローンが可能です。

 

理由は日本人の約40%以上は非正規労働者(派遣社員、契約社員、アルバイト、パートなど)だからです。

 

2017年の日本労働人口は6500万人なので、40%とは2600万人が非正規労働者となります。

 

もし銀行が2600万人にもなる人達にお金を貸せないのなら、ビジネスが成立しません、つぶれます。

 

そんな時でも中古車屋さんのローンだけは使わない様にしてください。

 

もし使わざるを得ない場合は2つだけと考えます。

中古屋ローンを使う前に必ず確認すること

アナタにお金がないのなら、いくら借りやすくても中古車屋さんのローン(信販クレジット)は借りないで下さい。

 

中古車さんローンを使えばもっと貧乏になるからです。

 

そんな中古車ローン(信販クレジット)を使う前に2つの方法を試してください。

 

1つは10万円、20万円などを貯めて現金で車購入すれば、中古車屋ローン金利10%や11%払う必要がありません。

 

中古車店ローンはもったいなさ過ぎます、暴利です。

 

2つ目は何かしら仕事に従事して半年や1年経っていれば、銀行マイカーローンを使える可能性があることです。

 

理由は超不景気で、銀行(特に地方銀行)の融資先である中小企業需要が激減し、一般ユーザーへもっと強くお金を貸したいと考えているからです。

 

融資基準もとても緩和されました(2018年も貸出競争からどんどん融資基準が緩和され続けています)。

 

緩和してでも貸し出しを増やさないとつぶれる、だから地方銀行はそうしています。

 

その場合も銀行へ出向くのでは時間のムダになります。

 

従って5秒ネット診断などを使えばYESかNOがその場で判明します。

 

そんな5秒診断なら何カ所への銀行に繰り返しトライしても全く問題ありません。

 

銀行によって融資の審査基準が違うので、あそこはダメでも、ここはOKなどよくあるのはネットにも載っています。

 

⇒まずは地方銀行の5秒診断を確認する[利用無料]

 

数秒で終わった仮審査の結果はどうでしたか?

銀行マイカーローンの成功させる方法

もし地方銀行の5秒診断の結果が×でも気にする必要は全くありません。

 

前項でお伝えした通り地方銀行は死にそうなので、融資基準を緩和してでも全国からの融資申し込みを受ける覚悟で頑張っています。

 

そんな地方銀行数は北から南まで全国で約106あります。※一部は合併予定もあるので実数が減るかもしれません。

 

106行のどこもが超必死に個人融資先を求めている=銀行間の融資顧客獲得競争が激化しています。

 

獲得競争で勝つにはこれらがあります。

 

  • 他行より良い条件で融資する
  • 良い条件には低い金利、
  • 早い審査時間、
  • 融資基準(条件)を下げる

 

ポイントは融資基準を下げるであり、それが意味するモノと優先順位は各106行でバラバラと考えます。

 

例えばこれら優先順位です。

 

  • 職種をあまり問わない、
  • 勤務期間をあまり問わない、
  • 他にある借入金額や件数をあまり問わない

 

等もっとあるでしょう。

 

中には現在無職でも、次の就職先が決まっている、それだけで融資可能と判断にする地方銀行さえあります。

 

つまり昔とは大きく融資の審査基準が変わってきている、基準が下げられているのは間違いありません。

 

特に地方銀行は、そうすることで生き残りを模索しています。

 

アナタが完全無職やブラックで無いかぎり、片っ端からトライしてください。

 

それが最小金利負担で車を購入することにつながります。

 

⇒地方銀行マイカーローン:金利を確認する

 

次は融資から少し話がズレますが、車購入を決定する前に知って頂きたことをお伝えします。

車は絶対にあった方がイイ

今の生活が大変でも、査定ゼロの車は廃車屋から安く譲ってもらう、10万円〜20万円保証付の車を中古車店から買う、それさえ可能なら車を保有してください。

 

車さえ持っていれば、格好さえ気にしなければ、どんな天候でも、数十キロ離れた仕事へも通えるので、24時間「働くクルマぁあー」、として生活の道具として頑張ってくれるでしょう。

 

車種は軽自動車ワゴンなら荷物が沢山積めて税金&維持費も安く便利に何にでも使えます。

 

それが難しい場合は古い普通車セダンでも構いませんが、税金や維持費は軽の1.5倍から2倍は覚悟してください。

 

個人的なおススメは軽の商用&乗用ともスズキのエブリイワゴンかエブリイです。※関連記事参照

 

理由は新車&中古でも安くて、完全に「働くクルマぁあーー」だからです。

 

とても広い荷室には大量荷物を積めたり、車イスだって乗せられる、そんな奴です。

 

もし住まいがなくなっても、一週間から数か月なら190㎝ほどの軽ワゴン荷室で寝れます。※真冬は使えません。

 

アナタは想像でしか車をイメージしていないと考えます。

 

車価格、税金含めた維持費、デザイン、使い勝手の多くをネットカタログからリアルイメージに変換してください。

 

そうすれば、あっ俺は私はこんな車が欲しかったんだ、それが判明するでしょう。

 

⇒気になる車がどの価格帯にあるのか確認する

カーシェアやレンタカーで分かること

もしお金に少し余裕があればカーシェアやレンタカーを使いながら、本当に欲しいと思える車を選んでください。

 

そこで選んだのと同じ中古車をお店で探せば後悔しません。

 

ただしレンタカーは高いので、コスト的に一番安いカーシェアで試行錯誤!?してください。

 

そんな思考錯誤の中で一番してはいけないのは、知り合いから車を借りることでです。

 

万が一の事故で車所有者が任意保険に加入していなければ補償も何もできません。

 

それどろこか交通刑務所の可能性さえある、そうお考えください。

 

これからの人生に必要な車選びの段階で、アナタも車所有者も大き過ぎる犠牲を払うことにもなりかねません。

 

そのためにも有料で保険完備のカーシェアかレンタカーを借りる、そうしてください!

 

次は車の選び方をアドバイスします。

世間体で車を選ぶ無意味さ

ご近所が新車に乗っている、高級車に乗っている、3年おきに車を買え代えている。

 

だ・か・ら軽中古車なんか、軽商用車なんかに恥ずかしくて乗れないですか?

 

個人的な話を挟んでしまいますが、私は世間体で車を選んだことはありません、保有した15台中の1台もです。

 

予算内で買える車、本当に好きな車、いやしてくれる車、役に立つ車だけを15台ほど乗り継ぎました。※1台はもらいました。

 

その真実を言えば、大好きな車に乗りたいから頑張った、頑張ったから大好きな車達に乗れた、この単純理論しかありませんでした。

 

結果的に、どの車も故障知らずで(事故はありました)シッカリ走り続け、ガンバって楽しませてくれたので、支払った車コストの多くをペイできました。

 

もしアナタの今が貧しいのなら、無料や10万円前後の働くクルマを所有することから始めて下さい。

 

ローンで見栄えの良い車を買うなんてあり得ません(個人的見解です)。

 

でも&しかし、どんな中古車でも車検の残存期間は最低でも1年以上なければダメです。

 

1年間ほど通勤や自営に車が使えれば、車検更新費用ねん出も可能と考えるからです。

 

中古軽であっても、毎年5月には軽自動車税10,800円、商用の軽でも5,000円納付となります。

 

それが2年に1回の車検となれば、最低でも8万円、修理あれば15万円にもなるからです。

 

まずは安い車を選び、所有しようとする車コストをペイできるであろう自分計画を立ててください。

安く購入した車に車検が来たら

中古で安く購入した車に車検がきたら、選択肢は2つです。

 

  1. 新たに1年程度の車検がある安い中古車に乗りかえる
  2. 車検費用見積もりが安ければ(車購入に比較して)車検を通す

 

2つのどちらを選択するかの判断基準はこうです。

 

  • 車の調子が良いか悪いか
  • 車装備に不満があるかないか
  • 車の使用目的が変わり乗りかえる必要性
  • 重い荷物を積んで超距離を走るのでパワー&燃費改善が必要など

 

ここでも選ぶべきは安くて良く走る車であり、車デザインや細かな傷など気にしてはダメです。

 

じゃあ、いつまでボロイ車に乗らなくてはならないのかですか?

 

その答えは次を読んでください!

車は高級なのにカップヌードル

車は道具でもあり、楽しむものでもあります。

 

それなのに、3年や4年ごとに新車や見栄えの良い中古車に乗りかえるのなら「車貧乏」「車ローン貧乏」、それらになってしまうでしょう。

 

車はあくまでも有効&便利に使う、用途&役立ち度の範囲内で買える車を選ぶ、ローンを組んでも負担にならない車をゲットしてください。

 

絶対に自身の生活を削ってまで、カップヌードルやモヤシ炒めだけ食べながら高額なローン支払いはしないでください。

 

もし冷凍チャーハンや冷凍ソバ+卵が食べれても、5年以上での長期ローンはだめです。

 

理由は人間の生活パターンで3年や4年は想定範囲でも、5年先は誰にも読めないからです。

 

そう考えれば、5年やそれ以上でのローン車購入はリスクになる可能性があります。

 

じゃあ住宅ローン35年のリスクはどうなのかですが、現在はどこも住宅ローン支払に苦しんでいます。

 

私の住むマンションに回覧があって、マンション管理費を支払えていないご家庭が〇〇軒あります、そう書かれた回覧が1年以上も続いています。

 

その回覧をご覧になる家庭はご主人はとても苦しまれている、そう考えます・・・

 

話を戻します。

 

今のアナタを手助けしてくれる車は中古の軽、一定期間有効に使えてペイする車しかない、そうお考えください。

 

そんな中古車を使いまくり、使い倒しペイさせた後でならミニバンでもレクサスでも好きにしてください。

 

もし個人売買やヤフオクで車購入できれば20%やそれ以上も安く買えます。

 

でも&しかし個人売買の最大リスクは車保証がない、保証する義務がありません。

 

万が一にでも個人からトラブル車&事故車を購入すれば、支払ったお金の全ては無価値になるしかありません。

 

無価値になるどころか、万が一の事故ではアウトになりかねません。

 

⇒もしものトラブルで助かる長期保証付の車を確認する

 

次はお金持ちでも安い車しか買わない人の話です。

お金持ちの車選びは中古車

昔にお会いした、経済界で(当時)有名な方からのコメントです。

 

私「お車はベンツ〇〇〇ですが、乗り心地はどうですか?」

有名な方「乗り心地はイイけど、車は道具だから中古車しか買わないよ」

私「中古なのは驚きました。いつ頃から中古に乗ることにされたんですか?」

有名な方「昔から、若い時から数年落ちの中古車を安く買っているんだよ」

 

その会話には本当に驚きました。

 

財界で有名なスーパーリッチな方なのに;

 

「車は数年で必ず半額ほどに値下がる、だから中古車しか選ばない、それで十分」

 

そのような価値感を持っていることにとても驚きました。

 

愛すべき車である以前に道具である、そう教えて頂けた良い経験でした。

 

やはり!?カップヌードルを食べながらレクサスはダメなのが分かりました。

 

次は貧乏の意味をアメリカで実感したお話です。

日本の貧乏はあまり貧乏じゃない

日本で生きて行くのはとても大変です。

 

生活苦や貧乏は比較することではありませんが、こんな話をお聞き下さい。

 

北米の西海岸、カリフォルニア州ロス・アンゼルスは今も大昔もメキシコからの不法移民が大勢し押し寄せています。

 

理由は国境の川を渡れば、経済で全米1位か2位のカリフォルニア州だから。

 

メキシコは貧しく仕事が無い、川を渡ればお金持ちが沢山いるカリフォルニア州。

 

アメリカの大阪??であるロス・アンゼルスなら仕事がある稼げる。

 

そんな彼ら彼女らは家財を持たず、着の身着のままで不法に越境。

 

昔に越境した知り合い頼りの人達や頼りになる人がいなくても独り越境。

 

英語も話せず、身振り手振りでヒッチハイクや歩き廻ってやっと見つけた仕事は不法で超安い賃金。

 

しばらく右往左往しながらも仲間ができ、人の車に乗せてもらいながら仕事場へ通う。

 

電車なくてもバスはありますが、不便過ぎて危険で使えません※昔の利用者は語る

 

そして幸運にもオンボロ車を買えるお金がなんとか貯まったら、エンジン全開!

 

キツイ仕事、家から遠い仕事、人がやりたくない&ヤバイ仕事などしながらお金を貯めていきます。

 

まあ、テキーラとギャンブル好きな国民性もあって散財もあります。

 

日本人より200%以上ノリが良い人種でなので誰かさんはブラックジャックやポーカーで勝たせてもらいました、とさ・・・。

 

そんな境遇のメキシコ人は差別される、バカにされる、安い賃金で社会保障がなくても、みんな必死に頑張っていたと記憶してます。

 

生きるエネルギーは日本人より強く大きいのがメキシコ人。

 

それは生きるか死ぬかの2つに1つの選択肢しかない人生だったからでした。

 

以上です。

どうしても必要な任意保険加入

任意保険は少し高額でも車両保険さえ同時加入しなければなんとかなると考えます。

 

車は便利な道具でも、万が一の事故も想定しなくてはなりません。

 

車運転に必要な自賠責保険だけでは事故の裁判費用で終わってしまうほど少額補償しかしてくれません。※事故の裁判費用で数千万円など普通です。

 

任意保険なら事故相手に限らず(医者と弁護士は例外)無制限補償なので安心して運転できます。

 

また話が北米になりますが、北米の自動車保険は全て有限補償なので万が一の時は怖いとしか言えません。

 

北米でレンタカーする時には全部保証の保険に加入しますが、特殊な事故では全てをカバーしてくれません。

 

多くの日本人観光客はそれを知らずに!?危ない運転を慣れない道でしています。※現地で何回もそんな運転を見ました。

 

「あっ、オイオイここは右側通行の国だぞ!?」などなど・・・。

 

つまり、日本の任意保険なら99%の事故賠償がカバーされて安心です。

 

任意保険加入をお願いします。※保険屋の回し者ではありません、悪しからず。

 

そんな車という道具があれば何ができるかアドバイスします。

車のお役立ち度がスゴイ

自分の経験も踏まえに思いついたままに書きます。

 

  1. 24時間どこへでも移動できる
  2. どんな天候でも自宅から目的地へ行ける
  3. 駐車場から目的地まで行けるので移動するのが苦にならない
  4. 公共交通機関を使う移動より車移動の方が疲れない
  5. 車があれば半自営業などアルバイトがいつでも待っている!?
  6. 荷物を沢山積める
  7. 趣味のロードバイク2台積める(軽ワゴン)
  8. ワゴンなら荷台で休める&寝れる
  9. 車の中で独りヘッドセット無しで音楽を大音量で聴ける
  10. 本を静かに読める
  11. PC作業が静かな車内でできる(補助電源必要)
  12. 部屋に入る前に車内でコーヒー飲んで気持ちを落ち着ける
  13. 音楽を聞きながらお酒をユックリ飲める(コーヒーも可!?)
  14. 住む場所が無くなったら数日間程度は車で何とかなる
  15. 夜の公園まで走らせて、ぼおっとしている
  16. 車内なら大声で叫んでも問題ない!?
  17. 営業電話も大声でOK

 

もっと使い道あるでしょうがこの辺で。

 

車という道具を手にしたらできるだけ使い倒してください。

 

仕事でもプライベートでも何にもで使ってペイさせてください、そうしなければ車購入の意味がありません。

貧乏で車が買えないまとめ

貧乏でもお金持ちでも、その時々の自分に役立ってくれる、それも少ないコストで使える車がベストである、そうお考え頂けませんか?

 

そんな説教じみた話をする自分ですが、若い頃に弟からもらったホンダがあまりにも古くみすぼらしかったので、家から離れた駐車場を借りていました。※自然の艶消し塗装だったので・・・

 

人に会う時も車を見られない様にしたことは何回もありました。

 

そんな古くてカッコ良くない!?車はほとんど故障もせずに助けてくれた、そのことはシッカリ記憶に残っています。

 

車の見かけがどうこうより、ガンバって働いていくれる車がとても大切なんです。

 

最後に少しだけ変な話をしますが、車に乗る度にこう話しかけてください。

 

「今日も故障しないで走ってくれよ、俺も事故に遭わない安全運転するからさ!」

 

実際そうしていたら、そう頑張り続けてくれた車には感謝するしかありませんでした。

 

アナタもそんな働き者の車と出会えることを願います。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

⇒関連記事「お金が無い!中古車購入費用はどこから持ってくるの?」

⇒関連記事「中古エブリイワゴンがとっても乗りやすい理由」

⇒関連記事「自動車ローン申請が通らない:アルバイトがローンを組む方法」

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】